ヤンゴンで便利な配車アプリ Grab、利用時の重要な注意点+ドライバーのボーナスがどうなっているのか。


Grabに乗る人へ。

私は、ヤンゴンで配車アプリGrabの

コアユーザーです。

めっちゃ使ってます。

先日、乗ったタクシーで

色々と、ヒアリングしたので

その辺りをまとめてみます。

重要な注意点も書いてます。

【重要】Grab利用時の注意点

超重要なことですが

Grabアプリのタクシー運転手側は

「ピックアップポイントはわかる」けど

「目的地はわからない」状態

で、お客さんを拾いに来ます。

「◯◯行くのに、なんでこっちまで来るねん。」

そんなケースもありますよね。

でも、それは目的地を知らないから

判断できません。

ピックアップポイントまで向かうのみ。

それしかできません。

電話が掛かってきて

運転手「どこ行くんだ?」

乗客「アプリ見ろよ!」

みたいな やりとり を

したことも ありますが

「行き先を知らない」のです。

考えてみると、、、

目的地がわかったら拾わない

そんな判断をしそうです。

連休前の

アウンミンガラーバスターミナル行き

とか

泣きそうになる乗車依頼は

拒否りたくなりますもんね。

それを基本、させないために

「目的地は表示されない」

これは、超重要なことなので

しっかりと覚えておきましょう。

あと、電話が掛かってくるのも

おそらく、ですが

GPSが狂ってる事があるから

だと、思われます。

あとは

目的によってはキャンセルってことも。

先日も、サンチャウンで拾って

近くにいるって表示されてたのに

電話で話したら

「今、マヤンゴンにいる(車で30分弱)」

と、言われました。

たまに GPS エラーもあるので気をつけましょう。

あ、あと

高くなる時間帯もあるので要注意。

私の感覚的には

平日の9時前後 と 18時前後。

だいたい 15分も待てば、落ち着きますが 。

最近のGrabドライバー事情

今のヤンゴンの配車サービス需要は

Grab一強体制になりつつありますが

「今のGrab事情はどうなっているのか?」

お伝えしようと思います。

先日乗った車の運転手は

「今日から使いはじめたぜ!」

と口にする、お兄ちゃん。

アプリの使い方がわかっていない。。。

それくらい教育しようぜ。。

って感じですよね、、

乗車したのに、乗車ボタンも押さない。

降りても、対応の仕方がわからない。

なんか、そんな感じだったので

少しだけレクチャーをしていたら

次のお客さんがやって来て

「ファイト!」

と、送り出して終了。

続々とドライバー増やしてるようです。

教育はユルユルっぽいですね。。

プロモとか運転手ボーナスとか

また別のドライバーからヒアリング。

乗ったのは、金曜日の朝 10時。

月曜〜木曜の4日間で

28回お客さんを乗せた

と、言っていました。

1日平均 7回ですね。

私が乗ったのは

金曜日の朝10時。

なんと、本日6人目だ、と。

10時で6人目とはすごい。。

1日の動きをヒアリング。

彼は朝6時15分から始動。

1,ミャウタゴンの自宅から
バズンダウンにある市場まで

2,バズンダウンの市場から
タケタのキャピタルマートまで

3,タケタのキャピタルマートから
ヤンキンのゴールデンシティーまで

4,ヤンキンのゴールデンシティーから
レーダンのセインゲンハーまで

5,レーダンのセインゲンハーから
サンチャウンのミニゴンまで

6,サンチャウンのミニゴンから
セドナホテル近くまで。(←これ私)

てな感じだそうです。

朝10時の段階で、6組目。

前日までが

1日に7組だったことを思えば

なかなかのハイペースですね。

ちなみに

ユーザーにはプロモーションがあり

(プロモをまとめたブログはこちら

割引が適用されますが

ドライバーのボーナスは

月〜日の1週間が一区切り。

その期間中の

乗車回数に応じて支給。

30回 18,000ks (600ks/回)
40回 28,000ks (700ks/回)
50回 45,000ks (900ks/回)

(2018年2月中旬調べ)

まぁまぁ角度のついたボーナス。

ドライバーさん的には

「50回は相当キツイ」そうです。

ちなみに

ドライバーからGrabへの

上納金は 15% 支払い、だそうです。

5,000ksなら 750ks。

4,000ksなら 600ks。

3,000ksなら 450ks。

週に 30回乗せれば

1乗車あたり 600ksのボーナスなので

1乗車 平均 4,000ksで 相殺。

が、たぶん

もっと単価は低いでしょう。

私はいつも 2,000-2,500ksで

乗ることが多いですしね。

ちなみに多くのドライバーは

タクシーをオーナーから借り受けています。

彼の場合は、

ガソリン+車 で

1日 25,000ksを支払っている

との事。

んー成り立つのでしょうか。

私にはよくわかりません。。。

大事なことなので繰り返しますが

Grabドライバーは

ピックアップポイントに向かう時

目的地を知らない状態でやって来ます。

あと、たまに

日本語で表記されてて

読めない時もあるので

優しくしてあげてください。笑

ミャンマーにおけるGrab。

色々考えさせる事が多いなぁ。

以前に書いた記事はこちら。

Grab乗車中の電話の耳を傾けながら思った「Grabがミャンマーの良さの1つ“人の絆”を破壊する。」
Grab に乗っていたら ドライバーに電話が掛かってきて 聞き耳を立てていたら、、、 なんだか ちょっと 切なくなり ...

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です