どんどん部屋が汚くなる謎w モノが多く、置く場所を決めてないから、と過程して対策してみます。


どうしてだろうか。

部屋がドンドン汚くなる。

ここ、なんとかせねば。

ってことで、

マイルール、導入します。

1)床にモノを置かない。

2)1日3分、片付ける。

これだけ、1ヶ月続けてみます。

毎日、やったかどうか

書いていきます。

Sponsored Link

自分のスペース以外、無頓着

ちょっと前に

片付けたはずなのに

1週間もすると

なぜだかゴチャゴチャになる。

会社員時代には

机を比較的、キレイにしてたり

書類整理とかも

ガンガン資料を捨てたのもあり

「部屋キレイそう」とか

言われてましたが

全然、ダメです。

お掃除・片付けは

向いてません。

なぜかって、

ハッキリ言って

どうでもいいのです。

自分の生活スペース以外は。

さすがに

ゴキブリがたくさん、とか

そういうのはキツイですが

別に1匹とかなら

殺せばいいやん、くらい。

さすがに

昔、南京虫にやられた時は

滅入りましたがね。

でも、基本的には

それほどこだわりがなくて

ベッドの上でも

横になれるスペースさえあれば

あまり気にしなかったりw

これは大きな原因。

でも

いざキレイにしてみると

やっぱり キレイな方がいいやん!

ってなりますがね。

当たり前か、、、笑

でも、どうしても

その状態をキープする事が苦手

しばらくしたら、

また酷いことになるわけです。

これ、ちょっと変えたい。

なぜ部屋が汚くなるのか

てことで、

理由を考えてみます。

1,モノが多い。

これは、間違いありません。

単純にモノが多いと、

モノを収納するスペースが

不足します。

生活をしていると

本だったり

資料だったりが

徐々に増えます。

だからといって

収納用の棚を増やしたら

その分、なんとなく

小奇麗にはなるだろうけど

根本的な解決にはなりません。

片付いたように見えるだけで

いらないものが

その棚に眠るだけです。

いらなくて

使われないものが

ただタンスの肥やしになるだけです。

であれば、どうするか?

モノを減らす。

それしかありません。

この対応が間違いなく必要です。

モノを減らせば

間違いなく

部屋はスッキリします。

1つしかモノがなければ、

当たり前ですが

スッキリします。

1つもモノがなければ

超シンプルです。

モノを増やさない

モノを減らす。

これは超重要です。

そして

2,モノを置く場所が決まってない

これも、また1つの要因です。

単純にモノが多くて

置く場所がない問題もあります。

が、それと同時に

置く場所が決まってない問題。

場所が決まってないから

床に置いたり

とりあえず置ける場所に置きます。

それをやると

次、次、次と、床のスペースが

気付いたら埋め尽くされます。

C IMG 20171109 225110

で、こうなるw

置く場所を決めて

服は、ラックに片付ける。

本は、本棚に立てる。

地面にモノを置かない。

対策を講じてみます。

ほら、地面に置かないだけで

C IMG 20171110 004806

随分とスッキリします。

地面が

見えているか

見えていないか

これによる

印象の差が大きいです。

なんだか

地面が見えてる面積が多いと

スッキリします。

だから、意図的に

地面が見える状態をつくる。

これもまた重要です。

地面にモノを置くと

徐々に、地面が見えなくなり

地面が見えないから

まぁいっか、と積み重ね、

後戻りできなくなります。笑

そうならないためにも

置く場所を決めて

地面には置かないようにする。

これが重要なのかと。

よって

せっかくなので

プチ目標を掲げてみます。

地面にモノを置かないようにする。

そして

1日3分だけでいいから

部屋の片付けに時間を投じる。

これを続けてみたら

部屋掃除が嫌いで

片付けが苦手な私の部屋も

少しはキレイになるかも。

大掃除型ではなく

日々の掃除で部屋をキレイに。

コツコツは苦手だけど

チャレンジしてみます。

ついでに

この過程において

モノも、ガッツリ捨てる!

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です