「それって誰のニーズ?」現実のニーズ?思考のニーズ?そこにきちんと気付いて選択する。


エネルギー補充!

今日は、いつも日本に帰国したら

お話しさせていただく方との

個別セッション。

毎回、毎回、毎回、毎回

本当にエネルギーを頂いてます!

タイミングの巡り合わせも含めて

会えたことに感謝です。

Sponsored Link

そのニーズは、どんなニーズ?

今日のテーマは

「ニーズ」に気付く。

ってところ。

そのニーズって

・現実のニーズ?

・思考のニーズ?

・魂のニーズ?

ってところに

いかに気付けるか、と。

All you need is love 194916 640

「ニーズ」って

ワードが登場して

パッと浮かんだのが

他者からのニーズでした。

「他者からのニーズ」は

単なるきっかけ・サインで、

「魂のニーズ」とは全くの別物。

他者からニーズが発生したら

それは、ただのきっかけ。

応えるかどうかは

自分で判断すればいいのです。

ニーズと向き合う

その時には

現実ニーズと思考ニーズと

魂ニーズがごちゃ混ぜになりがち。

だからこそ

しっかりニーズと向き合うのが大切。

その上で

他者からのニーズと

自分の魂のニーズが

結果的に一致していれば

それがベストなのです。

他者に求められるから

って形で対応していたら

・求められるカタチに

・求められる条件で

・求められる値段で

対応しなきゃいけなくなります。

そんなの、イヤですよね。

だってそれって

究極いえば、

依頼主は

・最高の品質のものを

・超特急スピードで

・ミスすることなく

・無料で

提供してもらうことを望みます。

でも、そんなん

無理でしょ。

バカじゃないのって話。

魂的にも

思考的にも

現実的にも

ありえない。

てか、そんなニーズ

受けたくない。

ただの無茶振り。

でもそれに対して

できる範囲で無理して

受けたりして

疲弊しちゃうわけです。

だから長く続かない。

いつか破綻するのです。

内なるニーズに気付く

外からのニーズありきで

対応すると

そうなっちゃいがち。

ではなくて

「これが自分のスタンスです。」

ときちんと伝えた上で

「お願いします。」

と、言われたら対応する。

「内側の魂のニーズ」

に基づいて対応する。

魂のニーズと

合致しないなら

断ればいいよねって話。

できるかできないか、で

いいわけですよ。

例えば

「思考のニーズ」っていうと

これまでお世話になったし、、、

とかそういう類のもの。

「現実のニーズ」は

お金がもらえるし、、、

とかいう類のもの。

思考ニーズとか現実ニーズから入ると

心のバランスも崩れがち。

世の中の多くのものが

こっちの世界でしょうけど。。

でも、そうではなくて

「魂のニーズ」に

自ら気付いた上

自ら選択する。

「これが、自分なんです!」

といった上で

対応できるものだけ

対応すればいいんだよな、と。

ニーズに無理に応えようとか

そういうのいらんのやな、と。

サービス業体質、卒業します!

ってことです。

さ、自分の方向性を

しっかりと定めよ!

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です