19回目のバンコク訪問に想う。ミャンマーはポテンシャルの国!安定性や確実性を求める人は違う国へ。


安定性や確実性を求める人や企業は

ミャンマーに来るのはやめた方がいい。

ポテンシャルを感じて攻めたい人や企業

ぜひとも来たら良いと思う。

それが、今のミャンマーの立ち位置。

安定・確実を狙うなら

ベトナムでしょう。

今のタイミングでは。

ポテンシャルはミャンマー。

だから、私はミャンマーにいるのです。

Sponsored Link

少なくとも19回目のタイ渡航

バンコクに来ています。

これで何度目でしょうか。

よくわからないくらい

バンコクには来ています。

そう思って

パスポートを開いて

数えてみたら

19回分

スタンプがありました。

IMG 20170914 141251

一部ではありますが

こんな感じに。

経由地として立ち寄ったケースや

一時入国したケースも

何度かありますので

そういったものもあわせた数

にはなりますが、

それでも19回は多い。

自分でもビックリ!

これまで3年でのバンコク滞在は

ほとんどが1週間未満の短期滞在。

それが、ここ2回は

1週間程度の滞在と長め。

内容としても

セミナー講師、銀行・企業訪問を含めて

情報交換の機会が多くあり

刺激的な滞在になっています。

今回は、

京都銀行さんにお声掛け頂き

セミナーでお話をさせて貰いました。

IMG 20170913 144709

ミャンマーに興味はあるけど

なかなか情報を得られない。

そんなお客様にお集まり頂き

情報をお伝えさせて頂きました。

ご参加いただきました皆様

本当に、ありがとうございました。

セミナーだと

ドンピシャな情報がお伝えできず

なかなか不完全燃焼な部分も

ありましたが、、、

そしてそして

銀行訪問ですが、

前回に続いて今回も

いくつか訪問をさせて頂きました。

経済ミッションで

日本から世耕弘成経済産業大臣が

タイに訪問中で

それに同行するカタチで

日本企業関係者 500名以上が来ているとか。

そんな期間にあたったため

銀行さんの顧客企業が

タイに来ていたりして

銀行さんもバッタバタだとか。

とはいえ、そんな中でも

事前にアポを取らせて頂き

いくつかの銀行さんと

お話する機会を頂きました。

そんな話を自分なりに咀嚼して

ちょっと語らせてもらいます。

タイプラスワン 筆頭候補は?

私は今、ミャンマーに住んでいます。

飛び回ってますが、

基本はミャンマーです。

かれこれ3年半ほど経ちます。

なぜミャンマーなのか?

色んな方にそう尋ねられ

その答えは

色々と語って来ましたが

最近、腹落ちしてるのは

「ミャンマーには、ポテンシャルを感じるから」

この一言に尽きます。

日本からすると

「東南アジア」の中で

タイ、ベトナム、ミャンマー

カンボジア、ラオス 等の

違いがあまりわからない

そんな声も聞きます。

興味が薄ければ

そうなるでしょう。

ちなみに違いでいえば

人口で見ても

ベトナム 9300万

タイ 6900万

ミャンマー5200万

カンボジア 1600万

ラオス700万

と、その差は明らかです。

「消費者市場を狙え!」

そんなビジネスを考えたら

ミャンマーとカンボジアの間には

大きな隔たりがあることが

わかるでしょう。

また発展の具合も様々。

例えば経済指標としてわかりやすい

2016年 GDPで見れば

タイ 5,899

ベトナム 2,173

ラオス 1,925

ミャンマー 1,269

カンボジア 1,229

(※全て USD IMFデータ参照)

ここも差は歴然。

タイが圧倒的に抜けてて

そこを追いかける構造。

感覚的には

ベトナムは、もっともっと

先を行ってる気もしますが

ホーチミンしか

行った事ないので

地方まであわせると

こんな数字感なのかも。

タイの次はベトナム。

これがおおよその流れ。

タイにある銀行の顧客が

次の展開先を考える際

進出先候補の筆頭はベトナム

だそうです。

主流はそちら。

どう考えてもそうです。

インフラ整備状況。

大手企業の進出状況。

人口規模。

色々考慮しても

単純に

製造業を中心とした

「タイプラスワン」は

ベトナムに軍配があがります。

でも

本当にそうなのか?

本当に

ベトナムでいいのか?

と、考えて欲しいわけです。

今、主流がベトナム。

てことは

ある意味では

もう遅い

のかも、と

疑ってみて欲しいのです。

タイへの進出に出遅れて

後塵を拝した企業。

今からベトナム行っても

きっとまた

後塵を拝する事になるでしょう。

私はそう思っています。

そんなのは面白くない。

そう考える人や企業は

ミャンマーなり

カンボジアなり

ラオスなり

更に先を見ているのです。

タイからの進出でいえば

ラオスの利点は大きいです。

言語がほぼ同じらしく

タイ語が通じる。

この利点は大きいでしょう。

よって

タイから進出するなら

ラオスは魅力的。

確かに人口は少ないけれど

数百人程度の向上なら

耐えられでしょう。

では、ミャンマーは?

分野によっては「狙い目」。

なんせ

ミャンマーにはないものが多い。

ここがポイント。

競合が少ない、とも言えます。

「◯◯がないから」

「△△ができたら」

「☓☓が、☓☓になったら」

そんな部分だらけ。

「交通インフラが整備されたら」

「停電がなくなったら」

「家賃が下がったら」

とか、そんな声も聞きます。

だからこそチャンス

なのです。

だって

他も同じことを考えているから。

他も同じような理由で

進出に躊躇しているから。

だからこそ

あなたが、今、来る意味があるのです。

1年後、5年後に

環境が整えば、他が来ます。

その時では

大企業の資本力に飲み込まれます。

大勢の中の一部、になります。

他が来る前に

シェアを奪っておく。

ここが、ポイントなのです。

今のうちに

他に先んじて来るからこそ

意味があるのです。

とはいえ

ずっと赤字で運営し続ける。

そんなわけにはいきません。

ビジネスであるからには

収益化が見込めないと

いけません。

「3年は赤字で耐える」

そんなスタンスで

3年前に来た会社もあります。

現在は、

さらに攻めに転じています。

2年前に進出して

1年で撤退した会社もあります。

だから

正解はありません。

タイミングの妙もあります。

マーケットに

パシッとハマるケースもあれば

思ったほど

うまくハマらないケースもあります。

やってみないとわかりません。笑

でも

やらないことには

何も起きません。

「考えてはいるんだけどね。」

と、言っている間に

どんどんチャンスが

遠ざかっているかもしれません。

何かを決めて

何か行動してみる。

そこから

すべてがはじまります。

進出に向けて

具体的な情報収集を開始する。

進出に向けて

まずは一度行ってみる。

そうした行動を起こしてみると

縁があれば

スルスルスルッと

物事は流れていきます。

縁がなければ

どっかで滞ります。笑

そういうもんです。

良い悪いではなく

そういうものです。

それが世の常です。

でも

「やろう」と思って

何もしないままいたら

何も起きません。

これは間違いありません。

だから

「やろう」と思ったら

具体的な行動を起こしてみる。

これが大切。

ミャンマーでなんかやってみたい。

そんな ところからでもいい

と思うんです。

まずは見てみよう。

そんなところからで。

その一歩から

すべてがはじまるのです。

ミャンマーは

「ポテンシャル」好きには

たまらない国です。

安定や確実性を求める人や企業

きっとミャンマーはやめた方がいい。

でも、そうじゃない人は

早く来たほうがいい。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です