ミャンマーの不動産サイトを、いくつか検索したが、私のニーズ的には痒いところに届かなかった。


ミャンマーで不動産探し中。

シェアになりそうな予感が濃厚です。

ウェブサイトをいくつか比較してたら

なかなか、な感じでした。

日本語で検索できるサイトを見てると

明確に戦略があるんだな、と感じ、

日本のサイトの素晴らしさに気付きます。

引っ越しが迫ってきている。

引っ越し時期が迫ってきています。

なんだかんだで5月も20日を過ぎて

あと10日ほどで5月も終わります。

つまり

あと10日ほどで引っ越さないと。

って思っていたら

色んな方が声を掛けてくれてます。

「まだ家探してますか?空きますよ。」

とか

「こんな案件どうです?」

とか

「シェアでよければ、一度、、、」

とか

「とりあえず1ヶ月凌ぐだけなら」

とか

そんな感じで紹介してくれます。

250ドルでとりあえず1ヶ月住める。

そんな案件が1件。

200ドルで2ヶ月住める案件が1件。

300ドルのシェアハウスが1件。

70ドルで5人シェア(笑)が1件。

400ドルでかなりいい家(?)が1件。

30万チャット(250ドルちょい)が1件。

値段は未定だけど1軒屋シェアが1件。

などなど。

他にもお声掛け頂いてますが、

なんとも、ありがたい限りです。

こうして見てみると

かなり 空きが あるんですかね?

てか、安い物件も増えてるんですかね。

と、見えてしまいますが、、、

実態はどうなのでしょうか?

手数料はどこでも1ヶ月分が基本だから。

いい物件を選ぼうと思えば

それなりの金額を払う必要があります。

でも、そこそこでよければ

そこそこの金額で見つかるようで。

昨日見てきた「一軒家物件」は

かなーり年季が入っていて

間取り的に使いにくいけど

3階建てで、月 120万ks

駐車場(?)もあり

そして場所はなかなかいい場所。

だったりしました。

ヤンゴンで家を契約することを考えると

シェアハウス物件を除いては

基本的に、1ヶ月分の家賃相当額

手数料として支払う必要があります。

それは日系の不動産紹介会社でも

ミャンマー人エージェントでも一緒。

1ヶ月分が必要です。

となれば、、、

いざ自分が住むのであれば

安心して頼れる人にお願いしたい。

そう、考えたくなります。

「素性のわからない人と戦う」

そんなストレスは避けたいもの。

なんだかんだで

オーナーとは揉めた(?)経験ばかりw

であるからこそ

うまくそのリスクを回避したい、と

そう思うばかりであります。

不動産情報サイト比較

ちなみに

ちょこちょこっと

Webでも情報を探してますが

なんとも見にくいサイトが少ない。

パッと見た感じですが

3サイトが情報量は多い。

house.com.mm

スクリーンショット 2017 05 24 12 35 06

http://www.house.com.mm/

1番情報量が多く、写真も多い。

探しやすそうな印象のサイト。

さすが ロケットインターネット社。

iMyanmar House.com

スクリーンショット 2017 05 24 12 34 40

http://www.imyanmarhouse.com/en/

ローカル会社っぽい。情報量は多いが

写真はやけに少ないので、残念。

日本語で見えるサイト。

個人的に No.1 はこちら です。

MOOM

http://www.moom-estate.com/ja

日本語で見えて

最も幅広い情報があるのがこちらかな。

珍しく間取り図もあるのでありがたい。

人を知っているので

そういった意味でのオススメはこちら。

ミャンマー不動産コンサルティング

http://www.myanmarhousing.net/

ミャンマーで不動産に強い方というと

浮かぶのはこの方でしょうか。

その他

ちょっと高額案件が目立つが

役立つ人には役立つであろうサイト。

ターゲットが明確に違うのでしょう。

レオパレス21

http://leopalace21mm.com/apartment/

Myanmar Housing

http://www.myanmar-housing.com/index-jp.php

STARTS

https://kaigai.starts.co.jp/myanmar

ミャンマー不動産

http://www.stasiacapital-myanmar.com/

さすがの1物件辺りの情報量ですが

私の求める価格帯とは合わず、残念。

明確なターゲティング戦略であり

正しいやり方だとは思います。

比較的、見やすいサイトでは

高い値段の物件がメインです。

ちなみに、サイトが使いづらい理由は

賃金が低めの物件を見ようとしても

・物件の写真はほとんどない。

・部屋数とかも不明。

・間取りはわからない。

これは、かなり多い事例。

それに加えて

タウンシップは Sanchaung と

書かれているのに

地図を押したらヤンゴン郊外だったり

住所が 道路名まで記載されてるのに

地図上では、ミニゴンの交差点ど真ん中に

設定されていたり。笑

なんてケースが散見されます。

ここはなんか、、、

もうちょいありそうな気がします。

もうちょっとうまく

なんとかならんのかいな。

と、思わずにいられません。

日本語で見られるサイトは

しっかり作り込まれてますが、

それ以外のサイトを見ていると

とりあえずつくってあるけれど

中身がスッカスカって感じです。

まぁ案件が多過ぎるんですかね。

よって

なかなか使えないサイト

となってしまっています。

まぁプラットフォームがあるだけ有り難い。

とは思うんですがね。

てか、こうしたサイトを見てると

日本のサイトって

本当によくできてるなー、と

そう思わずにはいられません。

あらゆる条件で探すことができます。

探すことができるってことは

つまり、それだけの情報が

しっかり入力されてるわけです。

にしても、いい家

見つけないとな~、そろそろ。

なんだかんだで

誰かの家にお世話になるパターンかな。

あと1週間で決めないと。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です