ドローン熱 再沸騰で、DJI製品を比較。やっぱり買いたいのは Mavic Airだな。軽さと品質のバランスが抜群だ。


室内でドローン、コソ練の日々です。

少しずつ、安定して飛ばせるようになってきて

欲が出てきました。

そろそろ、いいドローン 欲しいな、と。

で、真剣に 検討中で

買うならば、

やっぱり Mavic Air で決まりだな。

大空に羽ばたきたい!

小さなドローンを買って

ほぼ毎日、室内練習として

ドローンを飛ばしてます。

だいぶ

うまくなってきました。

はじめが下手すぎた。

って説もありますが、

墜落させまくってたのが嘘のように

ここんとこは

安定して飛ばせるように。

電池寿命が縮まってるせいも

否定はできませんが

電池が切れるまで

飛ばし続けられるようになりました。

とはいえ、練習中の身で

あっち行って、こっち行って

みたいな

スムーズな動きは無理。

まだまだ努力が必要。

それでも

少しずつ慣れてきたので

欲も出てきています。笑

最近は、色んなサイトを見て

「いかに上達するか?」

とか、考えてるわけです。

そして

狭い部屋で飛ばすだけでなく

大空に羽ばたきたい!!

と、なってるわけです。

しかし、ですよ。

大空に羽ばたけるほどの

ドローンは持ってません。

今、持ってるやつは

長くても5分しか飛びません。

だから、外にはきつい。

となると、、、

新しいのを買う!

それしかないわけです。

DJI ドローン比較

個人的に

めちゃくちゃ参考にしてるのが

DRONE WALKER さん

https://drone-aerial-corps.com/

幾つかドローン関係のサイトあるけど

このサイトが個人的には No.1

トイドローンの選び方

から

最新ドローン比較

まで

幅広く情報が網羅されてます。

トイドローンを選ぶ際には

思いっ切り参考にさせて貰いました。

最近では

どのドローンがいいのか?

ネタは超参考になってます。

そんな中で

最も 気になってるのが、こいつ。

Mavic Air です。

折り畳み可能 かつ コンパクトな

Mavic Pro の更にコンパクト版。

しかし、比較すると

ちょっと機能不足感も否めない。

機体との通信方式が

Pro と比べると

ちょっとばかり劣るかも、とか。

また軽いだけに

風にもちょっと弱そう、とか。

比較対象の1つ

Mavic Pro は 生で見て

実際に飛ばして感動しました。

しかし、撮影範囲が狭め。(広角でない)

そして、ちょっと重め。

値段も気持ち高い。

Spark を選べば

安くて軽いけど

性能的に難あり。

軽いだけに

より風には弱い

画素数も低い。

Phantomを選べば

機能は最高だけれど

大きくて重い。

そして 値段も高い。

てな具合に、言い出せば

メリットもデメリットも。

そんな中で

どれを選ぶのが最適か?

と、思考を巡らすわけである。

Phantomは携行性の関係上

現時点では却下だ。

やっぱり Mavic Airだな

【値段】

Pro 129,800 > Air 104,000 >> Spark 65,800

【カメラ性能】

Pro > Air >> Spark

【飛行時間・機体性能】

Pro 27分 > Air 21分 > Spark 16分

※価格とそのまま比例。

【軽さ・持ち運びやすさ】

Spark 300g > Air 430g >> Pro 734g

ざっくりこんな感じだ。

あとは

バランスと優先順位の問題だ。

一番、性能の良いものを買う。

となれば、Proになる。

一番、軽いものを買う。

となれば、Sparkだ。

性能とバランスで選べば

Airが比較的良さそうだ。

個人的には

軽さ と 画像の美しさ から

やっぱり Air かな。

フライト時間の短さも

正直、気になるところだが

15分くらいは飛ぶだろうから

それくらいあれば、問題なし。

バッテリーを買い足して

3本もあれば大丈夫だろう。

となると

この コンボ かな。

ミャンマーでも一応

売られていて

日本円的には

12万円弱らしい。

あとは、再度 規制とかも調べて

捕まったりとか

落とされたりしないようにしないと。

それにしても

ドローン熱、再沸騰中 なう。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です