観光ビザ免除に救われつつ、バンコク・ドンムアン空港から、歩いて3分35秒で行けるホテルで印刷(プリント)


ミャンマーへの入国、以前はビザが必要でした。

が、2018年 10月 1日から

日本人・韓国人は観光ビザ 免除 運営が始まってます。

ビジネスビザ利用の自分には関係ない、と思ってましたが

まさかの この運営に救われました。

そして、ドンムアン空港近くでの  印刷(プリントアウト)も

経験したので、情報をまとめておきます。

日本人は観光ビザ 免除で時間稼ぎ。

今回のバンコク滞在中は

アポ2件ほど入れましたが

それ以外、特に何もせず。

食べたのも2食のみ。

安定の ココ壱カレー & ちゃんぽん。笑

基本、1日1食なので

1泊2日で2食。

ちょっと少なかったですが。

買い物は行ったものの

結果的に

「バンコクの方が高かった」ため

何を買うでもなく

何をするでもなく

時間を潰してしまいました。

出国時間が迫っていたので空港へ。

すぐに、空港カウンターへ。

飛行機出発まで1時間15分。

1時間前には

「カウンタークローズ」です。

そこで重要な事に気付きます。

あ、やば。

ビジネスビザの関係書類

一切 印刷してない。

そこそこ並んでるし、

このまま並んでも 時間ギリギリ。

書類を印刷して出直す余裕はなさそう。

その事実に気付き、青ざめる。

とりあえずクリアすべき課題を整理。

1,ビザ書類印刷

2,チェックイン

3,イミグレ通過

4,飛行機に乗る

本来は、

1,ビザ書類印刷

2,チェックイン

なのだが、切り札を思いつく。

「日本人は観光ビザ無料」

まさか ここで役立つとは。。

この裏技がうまく使えると

1,チェックイン

2,ビザ書類印刷

でも切り抜けられそうだ。

まず

航空会社のチェックインカウンターさえ

通り抜けられれば、時間稼ぎできる。

飛行機には乗れる状態が整う。

喫緊の課題は、

出発 1時間前までのチェックイン。

てことで、

「チェックインだけ終わらせよう」と

心に決める。

観光ビザ免除は免除ながら

「帰りの航空券が必要」説 もある。

焦って、日本やバンコクの空港で

チケットを買って対応した知り合いもいる。

運良く、その会話をした時に、対策は考案済。笑

帰りは、陸でタイに入る予定。
ミャワディーメーソートから。

そういえばいいだろう、と。

カウンターでは

受付「ビザフリー?」

と聞かれて

KGY「日本人と韓国人はビザ不要だよ。」

と伝えたところ

受付「何日の滞在?」

KGY「20日くらいかな」

この やりとりだけで、

サクッと通過。

帰りの航空券も尋ねられず。

第一関門突破。

とりあえず、時間稼ぎに成功。

ドンムアン空港内での印刷はホテル一択。

さて、次の関門だ。

ビザ書類をどこかで印刷して

飛行機に搭乗できれば、完璧だ。

最悪の場合、観光ビザで入国して

また30日後に出ればいいだけだ。

金はちょっと掛かるけど、、

そのケースだと

ビジネスビザで出入りしまくってる人が

無料の観光ビザで入国 は、できるのか?

と、コンテンツになるな、とも思いつつ。笑

とりあえず、

ビザ書類を印刷できる場所探し。

空港のインフォメーションカウンターで聞く。

返ってきた回答は

「空港直結の アマリホテルなら印刷可能。」

空港ターミナル直結のホテルがあるのだ。

今まで行ったことはないが、

それしかない らしいので、行くことに。

時間は 19時18分。飛行機出発は 20時 30分。

残された時間は 1時間 12分だ。

そこに向かうしかない。

空港から、入り口が目立つ。

C IMG 20181108 191811

エレベーターに乗り、(確か2階の)専用通路へ。

C IMG 20181108 191904

※ブレててすみません。

こんな感じの通路を歩く。

C IMG 20181108 193348

ちょっと長い。。

空港を出発して

3分半ほどでロビー到着。

C Screenshot 2018 11 08 19 36 54 737 com android deskclock

プリントアウト 1枚 20バーツ。高っ。

ホテルの受け付けに

KGY「プリントアウトしたい」と伝えると

受付の人「あの人についていって」と案内される。

手慣れた感じで

係の方が、連れていってくれる。

C IMG 20181108 192053

向かった先は、ビジネスセンター。

C IMG 20181108 192110

ホテルの中とかに、ありますよね?

ビジネスセンターってやつ。

あれです。

で、しばし待つと お姉さん登場。

テザリングでネットに繋ごうとするも

どうやら 容量オーバーで使えない。。苦笑

KGY「調子が悪い」

とお姉さんに伝えると

お姉さん「有料だけど、wifiあるよ」

KGY「幾ら?」

お姉さん「今回は、無料でいいわ。」

って。

優しい!

C IMG 20181108 192739

ネットに繋ぎ、書類をダウンロード。

※事前に書類は貰ってたので。

それを、USBキーに落として

指定されたパソコンで印刷。

C IMG 20181108 193140

ちなみに、

料金は、白黒で 1枚 20バーツ( ≒ 70円弱)

まぁまぁ激高である。苦笑

だが、背に腹は代えられない。

サクッと印刷はできた。

お姉さん「何枚印刷したの?」

と、聞かれ

正直に

KGY「6枚」と申告。

合計 120バーツ(約 413円)を支払う。

これで、無事に書類の印刷が完了。

時間は 19時 31分。空港を離れてから 13分。

飛行機出発まで1時間は切ってるが

無事に間に合いそうである。

御礼を伝えて、空港へと戻ると、

19時 36分に空港ロビーへ到着。

出発が 18分で、36分にロビー戻り。

つまり 18分ほどで

印刷して戻って来られた計算。

先に印刷に行ってたら

間に合わなかった計算になる。。

マジで観光ビザ無料化に救われた。

その後、出国手続き。

平日だったこともあり

めちゃくちゃ空いてて

サクッと通過できた。

LCCお馴染みの

安定の飛行機遅延こそあったが

無事に 飛行機に乗ることもできた。

そして、ヤンゴン国際空港でも

書類に不備はなく、サクッとビザ発行。

無事に、入国を果たすことができた。

伝えたいのは2つ。

1,ミャンマーの観光ビザ免除、最高!

まさか、こんなカタチで助けられるとは。笑

2,空港でプリントアウトしてない事に気付いたら

Amari Hotel行けば、印刷可能。

※1枚 20バーツと超 高いけど。

空港から 20分で 往復&プリントアウト可能。

超走れば、 10分くらいには縮まる可能性もあります。

てか、書類の事前印刷を

忘れなければいいだけですがね!

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です