タイで広く流通する偶数紙幣「20バーツ」が多くの人の意思決定に影響を与えている、との仮説。


バンコクでのちょっとした気付き。

あることに、ふとした瞬間に

気付きました、KGYです。

それは バンコクで広く流通する

20バーツの存在。

日本ではコケた(?)偶数紙幣。

この存在が

一般大衆の意思決定に影響

及ぼしているような気がします。

Sponsored Link

20バーツ札の存在

タイのお札は

1,000バーツ/500バーツ/100バーツ/50バーツ/20バーツ

5種類あります。

私の知る限りでは

この20バーツ札が最小の紙幣です。

DSC03531

あとは、硬貨もあります。

10バーツ、5バーツ、1バーツってな感じに。

で、この20バーツが

消費行動の大きな鍵を握る、と。

そう感じたわけです。

どういったことか、というと

ふと コンビニで

小銭をつくろう と、思って

1,000バーツを取り出して

レジ横の棚を見たところ

ほとんどの商品が

20バーツ以下。

てか

20バーツジャスト。

になっていたのです。

例えば

その時に手にした

HALLS

IMG 20170708 101450

こちらが20バーツ。

日本円でいえば

だいたい60円。

きっとお菓子メーカーは

20バーツで利益が出るよう

内容量の調整をして

製造しているのかと。

20バーツサイズに

合わせたのでしょう。

だって

紙幣1枚で買えて

小銭も発生しないから。

ポッキリ価格のありがたみ

一時期

消費税アップのタイミングだかで

ペットボトルが微妙に小さくなったり

いつぞやか、には

チロルチョコが大きくなって

ちょっと値段が上がったりしました。

なんとなーく

買う時の抵抗感が薄まります。

これが、例えば

22バーツだったとしたら

20バーツ札+硬貨

となり、面倒です。

100バーツ札で支払ったら

78バーツのお釣り。

紙幣と小銭のお釣りになります。

これって

なんとなく面倒です。

が、20バーツであれば

100バーツ紙幣で払っても

20バーツ紙幣4枚のお釣り。

なんだか抵抗感が薄い。

これって

マーケティングやる上では

基本なのかもしれません。

日本でも

500円のものを

「ワンコイン」

と、言ってみたり

「100円均一」

が流行ってみたりと

「ちょうど」

であることを

うまく利用した

経営戦略が存在します。

「その国ならでは」の価格設定

があるのか、と。

なんだかんだで

お釣りがないと気楽です。

だからこそ

ヤンゴンでタクシーに乗ると

1,500ks

とか

2,000ks

とか

「500ks刻み」

たまに 2,200ks とか

言うてみますが

200ks札があるから

成り立つのです。

サイカーも同じです。

サイカーは基本的に500ks。

500ks札があるから

ポッキリ価格でいけます。

これが

200ksとかでも

お札はあるのでいけますが

それでは商売は成り立たない

のではないか、と。

日本では「980円」とか

なんとなく

桁が上がらないように

数字をいじることも多いですが

ポッキリ価格が

意外といいのかも、と思ったり。

ヤンゴンの価格設定を考える

ヤンゴンにある紙幣は

50ks/100ks/200ks/500ks

1,000ks/5,000ks/10,000ks

の7種類です。

それ以上に細かい札はないし

硬貨もありません。。。

50ksのお釣りがなくて、

代わりにティッシュを貰うこともw

モノにはよりますが、

値段を考える際には

この

紙幣の区切りを意識したら

意外といいのかも、と

思ったりした次第。

国によって

微妙に紙幣や硬貨の

区切りは違うもの。

日本では

2000年7月19日

ミレニアムをきっかけとして

2,000円札が発行されましたが

あまり普及しませんでした。

我が家には、10枚くらい

ストックがありますがw

他の国でも

20ドル紙幣があったりします。

ミャンマーでは

偶数は 200ksくらい。

他は日本と同じような

1と5の倍数です。

となると

値段設定も考える必要あり。

なんてことを

ふと、バンコクで

20バーツ札を使いつつ

考えた次第です。

心理学的にどんな効果があるのか

まではちょっと

把握できていませんが。

支払う側の感覚として

色々考えるべきことが

ありそうだな、と

そんな事を思った次第。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です