ヤンゴンの工事現場。驚愕の「足」と「足場」と「おっちゃん」と。


工事現場の足場が恐い。

そんな様子を写真でお伝えしましょう。

ヤンゴンの工事現場はすごいです。

何がって、足場が特にすごい。

まずはパテイン

こちらは、パテインですが状況は同じ。

ヤンゴンではなく、もっと田舎のエリアです。

遠くから見ると、こんな感じの工事現場。

DSC 9791

もう少し近寄ると

DSC 9792

足場が「木」であることがわかるかと。

実際にどんな感じで作業しているのか

それを見てみましょう。

DSC 9807

DSC 9809

こんな危険な感じに出来上がってます。笑

しかも、このお兄ちゃん

裸足。。

ヘルメットはいいけど、

裸足ってどうなのさ。

パテインは、ヤンゴンよりも随分 西の方。

いわば、中心地ではありません。

ヤンゴンの工事現場は?

よって、中心地はどうなのか、を見てみます。

最近 オープンしたKFCも

やっぱり ですな。

IMG 9629

でも一部、こんな鉄っぽい 足場も!

DSC 9080

しかし、やっぱり中心は竹。笑

DSC 8915

シュエダゴン パゴダの改修時も

竹。

IMG 7391

まぁこれはこれで趣があっていい感じですが。笑

でも、これがヤンゴンの工事現場の実態です。笑

一番、直近はこちら。

IMG 9949

スーレーシャングリラホテル目の前の工事現場です。

おっちゃんが

足元はサンダル。

足場は木。

ヘルメットなし。

悠々と電話。笑

安全管理とかあってないようなものかと。。。

工事現場を見て感じる事。

こうしたものも、

街の成長とともに変わっていくことでしょう。

最近は、チラホラと長靴を履いて

工事している現場も見るようになりました。

安全靴には及ばないですが、

サンダル とか 裸足 よりは相当マシ。

色んな物が国際水準にキャッチアップしていくでしょう。

すべての工事現場の足場が

鉄に変わる日はいつ頃でしょうか?

なんて事を 工事現場を見ながら

思いを巡らせています。

現場には外資系企業のプロジェクトなんかも

増えてきていますし、

建築基準法なんかも変わっていくだろうし。

なんだかんだで2-3年も立たずして

色んなものが国際水準に

追いついていくんじゃなかろうか。

(その道のプロじゃないので予想レベル。)

そんな気がしております。

田舎は、さらにもう少し掛かるかと

思われますが、まずはヤンゴンから。

進化していくヤンゴン。

色んな側面でそれが感じられて

楽しいもんです!

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です