なぜ私は、コソコソとPokemon GOをやってしまうのか。


日々、pokemon go に時間を費やしてます。

なんだかついついやってしまう。

でも電車内とかではやってることを

バレたくない。微妙な心理。笑

Sponsored Link

やってる事を隠したい。

でも、ついついやってしまう。

そこまでして、なぜやってしまうのか?

Screenshot 2016 07 24 19 34 35

マスコミがうまく煽った効果はあるかと。

「海外ですごい!」

的な記事がうまーく発表前に出てきて

気になる度が高まった。

そして、

小・中でポケモンをやった世代には

ドンピシャのこのタイミング。

みんながすごい勢いで食いつきました。

きっと発表当日とか土日には

皆さんのfacebookタイムラインでも

pokemon goの名前が踊ってたかと。

ついついやってしまう3つの理由

3つ のキーワードで整理します。

1、皆がやってるから

1人だけだったらきっとやりません。

友人だとか色んな人が

とりあえず、も含めてやってます。

よって気になってしまって

やってるかと思います。

みんながやってるから

仲間はずれになりたくなくて

なんて人もいるかもしれません。

この群集心理、一番強いかと。

2、成長していく。レベルアップする。

やり出してみると

「レベル5になれば、ジムで、、、」

と、すぐ手前の目標があります。

で、はじめは超 簡単にレベルがあがり

なら、とりあえずレベル5まで。

なんて感じになります。

で、やり出したら

・これを集めるまで。

・こいつが強くなるまで。

とかいってついついドツボに。

そして成長していくので

それがまた楽しくなります。

人は成長物語に惹かれます。

桃太郎も、金太郎も

神話の法則にある

ヒーロージャーニーに惹かれます。

だから、ついつい抜けられなくなる?

3、収集する楽しみ

2とも一部被りますが

やり出してみると

集める楽しみがあります。

私は知りませんが

昔から

キン肉マン消しゴムとか

Jリーグカードとか

ビックリマンチョコのシールとか

集める事に燃える人は多いです。

ついついやりはじめて

没頭してしまうのです。

みんなと情報交換したりして

なんだか悔しさだとかも重なり

競いたくなったりして

で、また楽しくなって、

情報交換して、、、

無限ループへ。

で、なんだかんだ抜けられない。

いつでもやめられるからこそ

「やめよう!」と何度も思いつつ

結局やってしまうのです。

やめよう、というよりは

「やめなきゃ」

って感じだから

やめられないような気もします。

きっと同じような人がいるはず。

でも、私はわかっています。

いつでも止められる、と。

簡単に止められます。

やめるも続けるも自由です。

選択は自由。

でも今は続けてます。

だからその自分を受け容れよう。

やりたい、という自分を。

ポケモンをちょっと懐かしみつつ

もうちょい、もうちょいって具合に。笑

それにしても

電池の消耗は激しい

よく画面重くてフリーズする

ロクな事はないのに

何とも止められない。。。

だから

今はやる。

そう決めて、楽しもう!

やめなきゃ、とか思うと

余計に とらわれてしまって

自分への嫌悪感にも繋がってしまう。

そうではなくて

「今は楽しむ。」

というところから、やろう。

そう決めたら

また何かが変わるかもしれない。笑

とりあえず

ついついやってしまうよね。。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です