【問題です】この道具は、何をするための道具でしょうか? 知らなかったのって、ワタシダケ?


いきなりですが、問題です。

さて、この道具は

何に使う道具でしょうか?

私ははじめて見たのですが

知ってる方っているんでしょうか?

今日は、のんびり。

朝、水回りのトラブル対応。

その後、洗濯をして

若干、雨に怯えつつ

洗濯物を干して東京珈琲へ。

東京珈琲では

読書したり

ブログ書いたり

書き物したり

マスターと喋ったり。

比較的、のんびり。

超ゆったりと過ごしました。

たまーには

平日に、のんびりする

なんてのも、いいかな、と。

意図的に

こうした日を設けていこう。

さて、これは何でしょう?

今日、1番の驚きが、これ。

何だか、わかりますか?

ある道具です。

この バネ を巻いた的なやーつ。

先端には、不思議なハンドルが。

何のためのハンドルでしょうか?

おそらく「道具」だというのは

わかるかと思いますが、、

そもそも、何のための道具

なのでしょうか?

これでわかりますか?

ここで、わかった人は マジ 凄すぎ。

ヒント(使い方と使用場面)。

使い方!

これは今、丸めてあるので

まずは 伸ばします。

1.5メートル位の長さの

ほぼ直線に伸ばせます。

当然、バネっぽいので

クネクネと曲がりますが。

いざ、使う時には

伸ばした上で

このハンドルを回します。

すると、、、

なんということでしょう!

って結果がやってきます。

わかりますかね?

では、ほぼ答えいきますよ?

使用場面は、、、

こちら

わかりますかね?

使用場所は、お風呂場。

どうも排水口が

詰まってしまったようで

なかなか水が流れず

砂とかゴミが入り口に滞留。。。

頑張って

水を流そうとしても

流れないのです。

完全なる

水回りのトラブル。

排水口問題。

で、これの解決に

さっきのアイツ、登場です。

あいつの先端を

この排水口の中に

グイグイと押し込んでいきます。

いけるところまで押し込む。

1.5mくらいでしょうか。

ほぼそれが飲み込まれます。

で、伸ばしきったところで

ハンドルをグリグリ回します。

そして、引っ張り上げると、、、

バネ状の金属の先には

黒い 固まりが、、、

あ、

髪の毛の束だ!

それを引っ剥がして

再度、穴の中に

グイグイと押し込み

またハンドルをグリグリ回す。

そして、引っ張り上げ。

またも 髪の毛の束が、、、

これを 合計で 5度ほど繰り返し。

すると、

なんということでしょう。

排水口に

水がドンドン吸い込まれていきます。

見事!

もうわかりますよね?

排水口の掃除をするための

不思議な道具なのでした。

詰まっていた髪の毛を取り除いた事で

排水口の詰まりが解消され

排水機能復活!

てなわけです。

ちなみに

オーナーさん一家が対応してくれ

料金は不要でした。素晴らしい!

それにしても

あんなシンプルなつくりの

ちょっとした機能の道具で

こうも見事に

課題が解決されるとは、、、

本当になかなか奥深い国ですね、

ミャンマーって。

てことで正解は

排水口に詰まった

髪の毛やゴミを取り除く道具!

でした。

アマゾンにもありました。笑

知らなかったのは、ワタシダケ??

これ、見たことある方って

いるんでしょうか。。。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です