ミャンマーでの休日の過ごし方(予定)


どうもおはようございます、KGYです。

お休みの日で少し気が緩み、寝坊しました。

そしてのんびりし過ぎています、ここから挽回!

Sponsored Link

休日の過ごし方

正直、ここがまだまだ定まってません。

何をしたらいだろう? と。

そこで、色々考えています。

基本的な選択肢は

ヤンゴン脱出。笑

これが一番の方向性です。

具体的には

1、アジアの各国へ出掛ける

2、ミャンマー国内に出掛ける

この辺りを考えています。

1、アジア各国へ出掛ける

具体的には、

マレーシア、シンガポール、タイ

ベトナム、ラオス、カンボジア、インド

といったような国々。

先日はシンガポールに行きました。

そして夢のような景色を見てきました。

DSC 9601

よって、まだまだ行きたいところ。

便の接続と時間帯さえよければ

土日の休みで行けそうです。

最高なのは、金曜の夜発。日曜の夕方戻り。

でもなかなかそんないい便はありません。

もしくはあっても高いです。

しかし、ちょっと我慢すれば往復200ドル以内

行けるところもいくつか、あります。

ただ、実際にはアクセスが悪かったり

時間帯が悪かったりで

ミャンマーから、という前提だと

うまく行ける国はまだまだ限られます。

そう考えると

シンガポール、タイはうらやましいです。

それでも行けるところはあるので、

アジア各国に足を運びたいと思います。

2、ミャンマー国内旅行

これについては、かなり行けそうです。

7州7管区の制覇が目標。

8月に行ったバガン。国内旅行の経験はこれだけ。。

DSC 5106

この時に乗ったバスは非常に心地もよく

ベースは、夜行バスかな、といった感じ。

高くても、片道 2,000円以内で行けそうです。

ただ、片道8時間以上もザラにあるので

ちょっと体力と根性が必要な予感です。笑

行きも帰りも夜行バスは正直、しんどい。

でも、行ってみたいところ。

パターン1

金曜の夜に出発して、土曜日に1日観光。

そして、土曜の夜行バスで戻ってくる。

パターン2

金曜の夜に出発して、土・日の2日観光。

日曜の夜行バスで戻ってくる。

リスクは、身体への負担と

バスの遅れで出社できません。。

みたいなことがないか、どうか?

ここ、悩ましいところです。

パターン3

アクセスの良さが前提ですが

行きは夜行バスで、1日半くらい観光。

帰りは飛行機で帰ってくる、なんていう手も。

これが現実かもしれないな、と思ってます。

多少お金を払ってでも、

リスク回避をすべきかな、と。

あとは、日帰りで行けるところも

いくつかあるようなので、

そんなところを目指してみても

面白いかな、なんて思っています。

今は、隔週 土曜日が出勤。

月に4回土日があるとしたら

土日休みになるのは 月に2回。

その土日の片方はアジアのどこか。

片方はミャンマー国内のどこか。

なんてのが理想だと考えています。

そうすれば、

今年中でも、残された あと9ヶ月で

9回の海外と9箇所の国内

楽しめる予定です。

まずは日帰りでも行ってみる。

ここからスタートしようと思います。

思い立ったが吉日。

来週は、日本からの友人と共に

チャーティーヨ観光の予定

その翌週も休みの予定なので、

マンダレー辺りに行ってみようかと。

ミャンマーを語るなら、

ヤンゴン以外も知っておかないと。

という想いです。

さてこの日曜日、ゆっくり考えごとしよ。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.