2月12日、ミャンマーの「連邦の日」の歴史を調べてみた。キーワードは、パンロン協定、アウンサン将軍。


2月12日は連邦の日で

ミャンマーは祝日です。

何を祝った休日なのか

例のごとく調べてみました。

独立記念日については

以前に書いた通りですが

1月4日、ミャンマー独立記念日の歴史を調べてみた。キーワードは、イギリス、日本、アウンサン将軍。

この歴史と大いに関係しています。

やっぱりなかなか

ミャンマーの歴史も知らないものです。

Sponsored Link

毎年2月12日、連邦の日の歴史

毎年、2月12日が連邦の日です。

英語では Union day。

1947年2月12日

パンロン協定が署名・合意に至り

ビルマが統一国となった日なのです。

もう少し丁寧に説明しましょう。

1886年から

ミャンマー(当時 ビルマ)は

イギリスの統治下に置かれていました。

イギリスは ビルマ中部 と

地方部の少数民族グループを

区別して統治していました。

地方部は

面積では

ミャンマー全土の3分の2を占め

人口比率でも3割程度になります。

そこそこの規模なわけです。

第二次世界大戦の終結に伴い、

・暫定ビルマ政府トップのアウンサン将軍

・シャン州の代表者

・カチン・ヒルズの代表者

・チン・ヒルズの代表者

がビルマ国の未来を決定するため

パンロンで会談を行いました。

そして

1947年2月12日

パンロン協定は署名・合意に至りました。

協定の内容は

ビルマを統一し、イギリス政府から

ビルマ全土の独立を回復するよう要求

したものでした。

よって、パンロン協定は

ビルマ連邦 創設の基礎を形成するもの

となったのです。

この合意は

1948年1月の

独立国家 ビルマ創設に直結する

ミャンマー歴史上の鍵となる出来事

となりました。

このパンロン協定の合意に

尽力したアウンサン将軍は

1984年7月19日に

暗殺されたため

1948年1月4日の

ビルマ独立の瞬間を

見ることはできませんでした。

その後、ビルマは

1989年、軍事政権によって

「ミャンマー」へと改名されました。

連邦の日 関連のあれこれ

連邦の日には

ピー通り 沿いの

人民公園で祝賀式典

が開催されます。

連邦の日の5日前から

ユニオンフラッグの

中継リレーがはじまります。

市役所をスタートし

人民公園に到着するまで

45のタウンシップを巡るとか。

また連邦の日、前日から

首都ネピドーでは

伝統の民族舞踊コンサートなどが

開催されるそうです。

また、国民にとって連邦の日は

各民族の文化や歴史を学ぶ日でもあります。

学生達は、

数ヶ月前から連邦の日に向けて

愛国的な詩やエッセイを書く

といった取り組みもするんだとか。

また連邦の日、当日には

愛国的なスピーチも行われるそうです。

なんとも素敵な日ですね。

パンロン会議

パンロン会議 との 言葉は

ここ数年でも耳にします。

それは

アウンサン将軍の娘である

アウンサンスーチー国家顧問が

少数民族との和解協定

を結ぶべく奔走する中で

当時の コンセプトを参考に

「パンロン」の名前を

使っているから、です。

歴史的な出来事である

パンロン協定。

同じように

21世紀版 パンロン協定 が 締結され

ミャンマーの国と 少数民族の争い が

なくなり、平和が実現され

その平和をベースとした

経済発展が進んでいくことを

強く願うばかりです。

ミャンマーの歴史をこうして

改めて学ぶのも

やっぱりいいものです。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です