7歳以下の子供の ミャンマー観光アライバルVISA(eVISA)は無料ですか?


11月に追記したeVISA関係のネタ。

ミャンマー・イービザ(観光アライバルビザ)ネタ。

ミャンマー eVISA(eビザ)①「留意点(日本語にて)」

ミャンマー eVISA(eビザ)②「カンタン!申込の3ステップ」

ミャンマーeVISA(eビザ)③ 実態はいかに?状況確認方法とは?

Sponsored Link

先日、ミャンマーのeVISAについて

ご質問をいただきました。

確かに、なかなかわかりにくい内容だったので

つまずく方も多そうです。

私は、一度 勘違いした結論を出しかけました。。

こちらでご紹介させていただきます。

質問内容

観光ビザ(アライバル)でのミャンマー旅行を計画しています。

1歳の子どももビザは別に申請するのでしょうか?
その場合は子どもも50ドルかかるということですか?

それとも7才以下の子どもの情報の欄に記入すれば大丈夫なのでしょうか?

昔のアライバルビザは子どもは無料とかかれているのを見たのですが、
今はアライバルはできないですよね?

結論

回答は「個別申請が必要」「50USDかかる」です。

旅行という事で、観光ビザのアライバルビザ(evisa)という前提です。

eVISAであれば1歳の子供であってもビザ申請 及び 50USDも必要なようです。

日本のパスポートの場合では

7歳以下であっても個別にパスポートを保持せざるを得ません。

よって、ミャンマーの観光ビザのアライバルである

evisaでは 申請・50USD 共に必要なようです。

調べてみて

早速 ググってみました。

日本語では当然 あまりないので

「child visa myanmar」というキーワードで。

検証1 イミグレHP

すると

「Ministry of immigration〜」というHPが

ヒットしました。いわば、政府関係HP。

スクリーンショット 2015 01 31 6 39 44

こんな記載があります。

スクリーンショット 2015 01 31 6 40 26

「両親と同行する7歳以下の子供」「無料」

というキーワードが見えます。

「親子関係を証明する資料があれば、パスポートが別でも」

と。

しかし、これは

「どのarrival visa(アライバルビザ)」か

定かではありません。

もう少し調べてみます。

検証2 eVISA申請画面

eVISAの申請画面です。

Children Information の欄があります。

スクリーンショット 2015 01 31 6 50 07

7歳以下の子供は、フォームに記入すればいい。

そう書かれていますが、じゃあビザ代は?

というのは、わかりません。

検証1 と 検証2 を組み合わせ

「フォームに記入」

「親子関係を証明する資料があれば」

「7歳以下の子どもは無料」

言いたくなりますが、根拠なし。

ここで読むのやめないでください!

もう少し、踏ん張ってみました。

答えがありました。

検証3 eVIISA HP FAQ

なんとmyanmar(ミャンマー)の

eVISA(イービザ)HP(http://evisa.moip.gov.mm/index.aspx)に

FAQ の コーナーができてました。

http://evisa.moip.gov.mm/faq.aspx

画面上部にボタンがあります。

スクリーンショット 2015 01 31 6 32 42

開いてみると、こんなにたくさん!

超・使えますね!

スクリーンショット 2015 01 31 6 33 08

そして、下の方に、、、

ありました!

スクリーンショット 2015 01 31 6 33 30

————————————————————————————————————-
【33. Do children under 7 years holding their own passports require to make a separate eVisa application?】
(7歳以下の子供で自分のパスポートがある場合は、evisa申し込みは別途必要ですか?)

Yes. Children under age of 7 holding their own passports are require to apply eVisa separately and pay USD 50 for the eVisa.
(はい、7歳以下でも自分のパスポートがあれば、別途申し込みと50USDが必要です。)

If your child is under 7 and is listed in parent/guardian passport and accompanying the trip, please fill up the minor information included in eVisa application form.
(7歳以下で、親のパスポートに併記されてる場合で、一緒に旅をする場合は、evisa申し込み時の情報欄に記載ください。)

————————————————————————————————————-

日本では、現在 0歳であっても海外に行くには

パスポートを個別発行しないといけないようで、

親のパスポートへの併記というのはできないようです。

(平成 7年10月以前は、パスポートを取らずとも、

親のパスポートに併記ということができたようです!)

よって後半の

「If your child is under 7 and is listed in~」という部分は

日本のパスポートでは適用できません。

つまり、7歳以下であっても

個別にパスポートを保持せざるを得ない日本の場合、

ミャンマーの観光ビザのアライバルである

evisaでは 申請・50USD 共に必要そうです。

これはevisaの話ですが、

おそらく大使館での事前申請による観光ビザであっても、

パスポートとビザが紐づく関係を考えると、

子供であってもビザは必要ではないか、と思います。

とりわけ、ビジネスのアライバルビザだと

「なんで子どもの同行が必要なんですか?」という

そもそもの理由で引っ掛かるかと。

確かな回答ではないかもしれませんので、

ミャンマー大使館に聞くのが、一番かもしれませんが、

わかる範囲での回答をさせていただきました。

ご参考になれば幸いです。

少し出費がかさんでしまうので、嫌になるかもしれませんが

ミャンマーはとてもいい国ですので、

ぜひミャンマー旅行の実現をされ、楽しんでいただければと思います!

11月に追記したeVISA関係のネタ。あわせてご覧ください。

ミャンマー eVISA(eビザ)①「留意点(日本語にて)」

ミャンマー eVISA(eビザ)②「カンタン!申込の3ステップ」

ミャンマーeVISA(eビザ)③ 実態はいかに?状況確認方法とは?

ご質問をお寄せいただき、ありがとうございます!

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメント

  1. ふっちー より:

    以前、NGOの亜香里さんのプログへのコメント欄に、生まれたばかりの赤ちゃんなのにビザが無くて出国時、罰金200$近く取られたと有りましたので、KGYさんの今回のプログの通りでしょう。
    (http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-580.html)
    それにしても、KGYさん、プログ読者からの質問に対して、こんなに詳細に調査して回答されるのですね。
    その対応が、凄い!!

    • melt-myself より:

      ふっちーさん
      ありがとうございます!そうなんですね。。。
      情報連携ありがとうございます!

      いやー私の性格もあり、ついつい気になって調べてしまいました。
      とはいえ、ベースはネットサーフィンなのですが。。。苦笑
      何か気になる点があれば、ぜひ聞いてください。私の勉強にもなりますので!

      いつもコメントありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です