ミャンマーで買うことを決めたスマホは「One Plus 3T」比較対象は「Le Pro 3」と・・・


2択まで絞りました。

携帯購入のお話です。

せっかくミャンマーにいるんだから

日本では買えない携帯を。

そう考えて選択して

ようやく絞りました!きっと。。

Sponsored Link

ミャンマーで携帯買い替え検討中

最近、携帯の電池消耗が

一段と激しくなってきたので

そろそろ買い換えようと思っています。

ここはミャンマーです。

買うなら、もちろん

日本では買いにくい携帯。

というわけで

調べてたんですが

ようやく決定しました。

最後の候補に残った2つを

ご紹介します。

別にいらんかもですが、、

今、買うことを決心しているのが

One Plus 3T

スクリーンショット 2017 01 27 17 00 24

そして

ギリギリまで迷ったのが

Le Eco Le Pro 3

スクリーンショット 2017 01 27 17 00 56

この2つで迷いました。

いずれも中国の携帯です。

日本では

輸入品しか買えません。

そりゃ携帯としては

iPhoneが素晴らしいです。

それはわかっています。

しかし、しかしですよ。

やはりiPhoneは高い。

Androidの方が安いし

携帯はなんだかんだで

消耗品的なところもあるし

ってわけで

前回、機種変更で

Xiaomi redmi note2にし

今に至るわけです。

そして

そのXiaomiが

電池が弱ってきたのです。

がっつり使い始めてからは

半年くらいだと思うんだけれど

電池が1日持たないのです。。

これはもうどうしようもないので

新しいスマホを買うことにしました。

携帯選びのポイント4つ。

候補は2つ。

携帯選びのポイントは4つ。

・性能が高いこと。

・値段がそれほど高く無いこと。

・電池の持ちがいいこと。

・軽いこと。

この条件で探しました。

1番大切なのは、性能の高さ。

色々な評価基準がありますが

個人的によく見てたのは

ANTUTU benchmark

http://www.antutu.com/en/ranking/rank1.htm

改めてサイトを見てみたら

選んだ2つはトップ4入りしてました。

さすがトップは飛び抜けてiPhone

スクリーンショット 2017 01 27 17 08 54

現在、準備中のXiaomiの新製品が

Total Score 20万超えと噂もあります。

あ、Mi6 2月か。狙い目かもな。。

http://juggly.cn/archives/214647.html

戻ります。

Xiaomi mi5sもよかったんですが

なんだか手にフィットしなかったので

それは却下しました。

性能的には

選んだ2つは大差なし。

現存スマホの3位と4位ですから。

次は値段

HPを見ると

One Plus 3T 439USD

Le Eco Le Pro 3  399USD

One Plus 3Tが、40USD高い。

ミャンマーでの値段を見ると

One Plus 3Tは55万MMK

現在、1USD が 1,355MMKくらい。

よって406USD程度の計算。

そう考えると値段の差はほぼなし。

次は電池を比較してみます。

One Plus 3T 3,400 mAh

Le Eco Le Pro 3  4,070 mAh

電池としては

Le Eco Le Pro 3に軍配。

では重さは?

One Plus 3T 158g

Le Eco Le Pro 3  177g

その差は19g

大した差はないように感じます。

ただ

これって地味に気になります。

先日、Xiaomi 5 と 5sを

触ってみたですが

その差は16gらしいのですが

どうも気になってしまいました。

やはり重いな、と。

よって軽さではOne Plus 3T。

まとめると

性能 One Plus 3T

値段 Le Eco Le Pro 3

電池 Le Eco Le Pro 3

軽さ One Plus 3T

まさかのトントンの結果。

しかし値段はミャンマーでは

ほぼ同じ値段で買えます。

ポイントは、電池か軽さです。

軽さを取ります!

というわけで

One Plus 3T

を買うことに決めました。

ミャンマーで買えるのか?!

が、ここからが問題。

スクリーンショット 2017 01 27 17 23 16

ミャンマーで携帯を買う上で

参考にしているのがこのサイト。

Win Mobile社

One Plus 3Tが

最近、輸入したとの情報があり

連絡してみましたが

既に売り切れた、とのこと。

チャイニーズニューイヤーだから

それが終わるまでは輸入できないと思う。

と、回答されました。

確かに。そりゃそうだ。

ミャンマーの携帯は

結構、中国からの輸入が多いのです。

これから

チャイニーズニューイヤーなので

しばらくは動かないようです。

ミャンマー自体では

それほど

チャイニーズニューイヤーの影響を

モロに受けることは少ないのですが

んー地味に影響がある。

カウンターパートナーが中華系だと

休みに入るので仕事が進まない。

そうお話しされていた方もいましたが

まさか自分にも影響があるとは。

にしても

ミャンマーにいる人が

One Plus 3Tの携帯を

買っている事実にビビる。

たぶん日本でも

そんなに多くの人が知らないと

思うんだけどなー。

いつか、必ず買います!

でもひょっとしたら

Xiaomi の Mi6買ってるかも。笑

そっちの方が安ければ

そっちになるんだろうなー。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です