「集まりが悪いので開始時間を遅らせます。」この運営って、参加者軽視してますよね?


集まりが悪いので開始を5分ほど遅らせます。

こんなアナウンスってセミナーでよくある。

この運営は、時間通り来てる多くの人に失礼。

参加者を軽視してることになり兼ねない。

そんな事を学んだ、30分だけ強行参加した

アフリカセミナーでのお話。

文句を言うわけじゃなく、戒めとして。

Sponsored Link

「アフリカ」に導かれ。

本日、とある

アフリカ関連のセミナーに参加。。

DSC01147

先日、高校生バックパッカー吉野氏に

刺激を受けて「アフリカ」という

キーワードに導かれ、強行参加してみた。

セミナー開始は18時半。

元々19時半から予定が入っていたため

30分だけの参加でも価値はあるはず!

と、判断し参加に踏み切った。

20時30分終了だったので計2時間。

全体の4分の1聞ければ何か得られるはず

と判断して参加してみた!

頭で判断してたら絶対に行かないが

腹(心)で行こう!と思えて行ってみた。

開始遅れからの〜

が、一言でいえば

超・残念な結果に終わった。。

まずは

「集まりが悪いから」という理由で

7分くらい遅らせて開始

これでKGY持ち時間30分は23分に。

開始時間を遅らせた事との

因果関係があるのかはわからないが

登壇者3人のうちの1人は遅刻。

そのためなのか、元からの予定なのか

1人の自己紹介では

過去の番組動画を流して5分以上。。

その後、途中で駆けつけた方が

「7時と勘違いしてました。笑」

と、話して自己紹介スタート。

(私は一切、笑えず。)

登壇者3人の

自己紹介が終わり切らないうちに

7時を回ってしまった。

そして、会場を後にすることになった。

自己紹介を聞くためだけに

お金を払ったみたいなもんだ。

ほんとはもっともっと聞きたかったのに。。

2時間のうちの30分だから

何かを得られるだろう、と思った

判断が甘かった。

セミナーってそういうもんだよな。

2時間みっちり参加する人のためのものだよな。

と、いうのはわかりつつも

どうも煮え切らない気持ちがあった。。

開始時間は守るべし。

自分に置き換えて考えてみる

「開始時間を遅らせる」って事を

運営側だとやってしまいがちだが、

その事に対して

イライラを覚えることもある。

この事を今回、はじめて学んだ。

セミナーの開始時間は

告知されてるんだから

遅れてる人が悪いわけだ。

しかも、本来であれば

セミナーの時間は

2時間なら2時間で

コンテンツが準備されている。(はず)

遅れている人を5分待つ事で

本来だったら、スピーカーが

10分で伝える予定だった内容を

5分に縮めて伝える事もある。

この縮めた5分のせいで

理解が深まらない。

なんて事も起こりうるのだ。

遅れた人にあわせるのって

時間通りに来てる人に失礼だし、

きっちりスタートしなきゃな、と

反省も交えて感じた次第。

たまに遅れてきた人のために

再度自己紹介する、とかある。

当然、コンパとか場面にはよるけど(笑)

ちゃんと時間守ってる人に失礼だな、と

そんな視点も持たなきゃいかんな、と。

ただ集まりが悪いから、と

開始時間を遅らせるのはよくないな、と。

そんな事を感じた次第である。

言ってしまえば

参加者の集まりを待つのは

時間通りにきちんと集まった

「参加者を軽視してる」のと一緒。

今後、運営する側になったら

気をつけないといけないな。

開始時間も守らないと。

はじめにヤマを。

現在、

ライティングを学んでいるが

「今の読者はせっかち」

という話を何度も耳にする。

せっかちだから

早いタイミングでヤマ場

をつくる必要がある。

という話をしていた。

そして「読後感」のため

後半にも再度きっちりと

ヤマを持ってくる事が必要だ。

とある方の言葉を借りれば

「フィナーレ感」も必要。

そんな話が頭にあったからこそ

なんだかセミナーの運営は

非常に残念に感じた。

自己紹介だけで4分の1が過ぎる。

これってどうなんだろう?

貴重な全体時間の4分の1なのだ。

「人となり」を理解をすることで

セミナー全体が深まる。

そのために必要、というのもあるだろう。

その後のセミナー本体の内容は知らない。

もし自分が話し手になるならば

しっかりはじめにひとネタ入れる。

そして、最後にも満足してもらう。

ここを意識しないとな、と

参加してみて感じた。

自己紹介だけ、どころか

全員の自己紹介すら聞けず

会場を後にするとは、、、

自己紹介途中で会場を後にしたから

主催者は混乱してたかも。笑

だが、客観的に見て、

スタートはちょっと酷かったかな。

途中で抜けるっていう

これまでにあまり経験した事のない

参加の仕方をしてみたからこそ

見えた、新たな視点であった。

4分の1とか中途半端にしか

出られないなら出るな

って事を学んだともいえる。笑

自分が運営する側になった時に

気をつけなきゃいけない視点を

勉強できた、いい機会となった。

ただ、そこに行ったおかげで

存在すら知らなかった

「セーラームーン展」

を見ることができた!笑

DSC01138

セーラームーンのコンテとか

超・すごかった!

これは次回に。笑

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です