さよならブータン、全員で現地衣装を身にまとい、さよならパーティー。


さようなら、ブータン。

一人旅の土地を離れる寂しさとは違う。

そうか、この寂しさは

土地を離れる寂しさではなくて

メンバーと離れる寂しさなのか。

そう、感じつつ最後のパーティー。

Sponsored Link

さよならパーティー

はやいものでブータンの旅も

5日目が終わろうとしている。

夜はさよならパーティーである。

このメンバーでの最後の晩餐である。

せっかくなので、

現地で買った 「ゴ」 を着る事に。

というか、このためだけに買った。

それ以外の使い道は考えられない。笑

「ゴ」の着方はまた難しい。

日本の着物のそれ、よりも

少しばかりこだわりがある。

後ろから見た時に

入る 線の形がポイントなのだ。

DSC02756

それを着せ替え人形のようになって

やってもらった。笑

さすが、プロ!

なんだかそれっぽく仕上がった。

DSC02753

そして、

男性陣(+α)全員がゴを来てパシャリ。

14067801 1072906882745392 7396753325250159021 o

なんだか嬉しい。

ブータンにいる感がたまらない。

そして、女性陣の中には

「キラ」を買ってない人もいたようだが

ホテルの方が貸してくれて

結果的にみんな「キラ」を着てパーティーへ。

女性の「キラ」はとても華やかな色合いで

見ていて気分が明るくなる。

男性は全員「ゴ」、女性は全員「キラ」

なんともブータンの伝統を感じられる

さよならパーティー。

14054467 1072907622745318 5403836541040846236 o

食事には、関さんとプブさんの配慮で

ブータン・マツタケがはじめに振る舞われた。

DSC02748

マツタケ、うまい!

香りもやっぱりマツタケだ。

DSC02768

ブータン風の味付けのマツタケも登場。

DSC02771

バター焼き+唐辛子。笑

こちらの方が美味しかったかも。

そして、いつものバイキング形式で

ブータンの食事をいただく。

このブータン料理も最後かと思うと

かなり寂しさを感じる。

とうがらし の入った エマダチ は

さすがにブータン以外では食べないだろう。

そう考えると、なんとも寂しい。

あれこれとブータンの思い出を語りつつ

それとなくバカ話をしつつ

ブータンの夜は更けていった。

ずっとその時間が続くような

でも最後なんだなぁ、と

どこかで感じつつ

なんだか不思議な感じの時間。

3時間ほど「会」が続いてクローズ。

最高に楽しい旅行だったなぁと

噛み締めながら 会 の 場に参加していた。

最後のプブさんからの挨拶。

DSC02777

こうして さよならパーティーも幕を閉じた。

本当にこの1週間は楽しかった。

参加者1人1人のおかげ、である。

そして企画者の関さん と ガイドのプブさん

さらにはドライバーのタンディンさんへの

感謝は計り知れない。

夜のパロの町を散策

パーティーを終え名残惜しさもあり

せっかくなので、夜のブータン散策をしよう、と

同室のサットさんと着替えてから町に出てみた。

夜のパロの町。

DSC02780

犬が吠えまくってる 怖いゾーンを避けて

町を散策。

DSC02785

夜10時過ぎでも車がそこそこ走る。

やはりここは都会なんだなぁ、と

先日の星空の景色を思い出しながら感じる。

とはいえ、ここはブータン。

グルッと回ってみたが

基本的に、お店はどこも閉まっている。

お土産屋さんもレストランも

どこもかしこも開いていない。

しかし、ATMは24時間稼働。なんかすごい。

DSC02783

深夜に改装中のお店も。

DSC02782

グルッと一周 町を歩いてホテルに戻る。

すると、ちょうど

「これから外に行きたい。」

という2人と遭遇。

なら、もう一周行きますか!

と、お出掛け。さらに声を掛けて

結局5人で外出。

怪しげなお店が開いているっぽい。

DSC02786

地下にある「噂のディスコ」か?

と、思いつつ中に入ってみると

なんか ダンサーが踊ってる。

可愛いわけでもなく

体型が整っているわけでもなく、、、

なんか 踊っている。

IMG 20160826 233117 HHT

それを眺めたり、携帯を眺めたり

微妙なテンションで

色んな人がそこでお酒を飲んでいる。

なんとも不思議な空間であった。

入場料は無料。

飲み物買うなら払ってね

って感じのスタイル。

結局 立ち見だけで帰る。

そして、また町をグルッと回って

円形劇場っぽいのを見つつ

DSC02789

城のように輝くゾンを眺めつつ

DSC02791

ホテルに戻る。

これで本当にブータンの町とも

お別れなのかな、と思うと

また寂しさがこみ上げてくる。

1人旅で町を離れる時とはまた違う

寂しさがそこにはある。

ツアーでほぼ1週間 毎日いたメンバーと

別れるのはなんだか少し感慨深い。

土地を離れることより

メンバーと離れる事が寂しいのだ、と

ようやく認識できたような気がした。

そんな事を思いながら、眠りについた。

いやー本当に明日が正真正銘の最終日。

濃いツアーであった。

そう思いながら、ベッドで眠りにつく。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です