追い込めない型、と書いてみても違和感。どうも気分が乗らないと何もしたくないようでw


追い込み型、先行逃げ切り型とか

自分のパターン(型)をお持ちかと。

私は

追い込み型寄りではありますが

実は違うようでして。

どうも気分が乗らないとやらない型の血が

あまりにも強いようでw

気分が乗らない と やらない型

追い込まれると

追い込める人間。

よくいるかと思います。

てか

ほとんどがそうじゃないか、と。

そうじゃない人って

本当に少ない気が。

ペースを刻んできる方を

心の底から尊敬します。

ちゃんとペースを刻んで

進んで行ける方ってのは

本当にすごい、と思います。

私の理想は先行逃げ切りだけど

追い込み型 っぽいところも、、、苦笑

Kurofune at Japan Cup Dirt

私も、意識はするし

スケジュールは切るけど

やっぱり、最終的には

追い込まれないとやらない。

てか

乗らないとやらない。

そんな人間ですので、、、

自分との約束を守れない

とでも言いますか、、、

まぁ甘えてるわけです。

自分に、そして、世間に。

でも

裏切る勇気はないので

追い込んでなんとかする!

そんな感じです。笑

断る勇気 と 成長の罠

これって

ある意味では

断る勇気がないから

来ている事でも

あったりします。

はじめから

「無理ですから」

って、突っぱねて

自分の限界を

自分で認識して(決めて)

これ以上はやらない。

と、やれば

追い込まれることも

きっとないでしょう。

ただ

それでは成長も ほぼありません。

安全圏内しかいかないわけですから。

もちろん、コントロールは必要です。

できもしないのに

できます、できます、できます

と言い張って

結果的に待たせるだけ待たせて

何も出来ないまま周囲に迷惑掛ける

なんてことがあってはいけません。

もちろん、それはダメです。

自己管理は大切です。

でも、はじめから

なんとかする方法を考えず

「無理です。キャパ超えます。」

と、やっちゃうと

それ以上の成長は期待できません。

だから

追い込まれる位に色々詰める時期が

あってもいいんじゃないかな、と

そう思うわけです。

自分でペースをつくる

常に追い込まれ続けると

それはそれで

ストレスが溜まってしまうし

暴発したら大変です。

だから暴発しないよう

ストレス管理をすることも

大切なことであります。

ストレスをこじらせて

良からぬことを考えたりしたら

元も子もありませんからね。

でも

成長をしたい、と望むなら

自分で自分にプレッシャーを掛ける。

そういったことも

必要なんじゃないかなぁ

と、そう思った次第。

追い込まれないと、追い込めない。

であれば

自分で自分を追い込んで

追い込まれた状態に

自分を持っていくしかないのです。

つまりは

自分でペースをつくりあげる。

これですよ、これ。

例えば私は

来週半ばに一時帰国するため

ヤンゴンで残された時間には

限りがあるわけです。

だから

結果として自分を追い込んで

あれこれと 向き合うわけです。

これが

一時帰国の予定がなければ

まぁきっと

追い込むことなく

ウダウダしていたでしょう。

一時帰国の予定があるから

必死に動いたわけです。

だから、しんどいけれど

自分を追い込む仕組みがあると尚良い

わけですよね。

もっといえば

自分のペースを形成する仕組み

があると尚良いわけです。

自分で、自分のペースをつくる。

やっぱりこれが理想でしょう。

自分の人生、ですからね。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です