書くことの難しさと、アウトプットの最適な練習方法はアウトプット。


最近、「書くこと」について考える機会があった。

あるスタッフが一生懸命、書いている。

そして、頭を悩ませている。

書くこと、は、難しいのである。

そりゃそうだ。

Sponsored Link

書くということ。

書く事は、表現する事である。

インプットではなく、アウトプットである。

どれが答えとかはない。

ただ、アウトプットが求められる。

たくさん話を聞いて

なるほどな、と思う事は難しくない。

頭にインプットすることも出来る。

それをアウトプットする。

これが意外と難しいらしい。

と、傍から見てて感じた。

書くことに慣れる

私は、ほぼ毎日 書いている。

DSC 2103

※こちらはシンガポールで書いている、の絵。

いつの間にか

書く事への苦手意識は消えている。

むしろ「好き」くらいになっている。

議事録を書く。

感想を書く。

想いを書く。

インタビュー記事を書く。

(あ、滞ってる。。)

とか、書くことは嫌いじゃない。

また書くスピードも

若干ながら早くなっている(はず。)

書いているスタッフと話していて気付きがあった。

書くには、語彙が必要。

書くには、表現力が必要。

書くには、アウトプットする力が必要。

社会人には、アウトプットが求められる。

このスタッフが以前に言っていた

極めて重要なキーワードを思い出した。

「仕事には、インプットではなくて

アウトプットが求められるんですね。」

といった主旨の言葉であった。

この言葉を耳にして、なるほど!

と感じた。

学生までは、インプットしてれば

ほぼほぼオッケーだった。

テストというアウトプットの場はある。

しかし、インプットしたことの披露の場だ。

ところが、社会人になると

「アウトプット」が求められる。

資料作成

議事録作成

プレゼンテーション

営業

提案 等々。

それは

知っていることだけを伝える。

そういうものではない。

当然、そのためには

インプットも必要。

前提となる基礎知識は必要だ。

そうした基礎知識と経験を

組み合わせたアウトプットや

少しひねりを加えたアウトプットや

重ね技のアウトプットなど

味付けたアウトプットが求められる。

確かに、インプットだけではないのだ。

アウトプットが必要なのだ。

オリジナリティのあるアウトプットが。

そのためには

良質の文書を読んで、インプットすることも必要だ。

個人的には、上阪さんの本が読みやすくて大好きです。

少し前のこの本もまたよかった。

こうして読むことでインプットを増やす。

これも大事なことである。

しかし、一番の近道はやっぱり

アウトプットの練習を地道に、続ける事。

それがブログなんだろうなぁ。

色んな人に伝えているが、、、

ふと思ったが

語学も一緒なんだろうな。

語学を、今 また再開している。

ミャンマー人スタッフとやりとりを

ミャンマー語だけでやる。

忘れかけていたここに立ち返ろう。

ベースはある。(と、信じているw)

ミャンマー語で喧嘩できるようになろうw

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です