タイとの国境の町ミャワディ後編。国境エリア3箇所を見学。カジノ・密輸に、通関エリアに、開通待ちの第2友好橋に。


ミャワディ滞在の後編。

行った場所 6つはこちら。

1,国境の動きを観察。

2,川で国境を渡る。

3,オシャレカフェ。

4,カジノ+密輸現場。

5,第2友好橋

6,トレードゾーン

今回は、後半の3つ!

国境の町、ミャワディらしさ、を

覗いてきました。

カジノ+密輸(?)現場 潜入

入り口は、こんな感じ。

入り口近くのバイタクの運転手に

「カジノどこ?」

って聞いたら、

「あの門の向こうやで。」

「入り口はバイクに乗らず、押して歩くように。」

と、アドバイスを受ける。

見ていると、

みんな、入り口でバイクを降りて

押して歩いて入場している。

距離的には、5メートルとか。

謎ルール。

これは、出口だけど、こんな感じ。

入り口には

まぁまぁ迫力ある車。

「国境警備」ですからね。

なんか、国境感すごい。

そして、この奥に潜入!

んー、たぶん、川の向こうはタイ。

めっちゃモノが入って来てるっぽい。笑

たぶん、こういうのが

密輸現場なんだろうなぁ。

この施設エリア内には

ミャワディホテル。

なんだかクオリティは高そう。

高級感があって

ミャンマーらしくない雰囲気。

全体に、すんごいオシャレなエリア。

バーみたいなところへ。

思いっきり、密輸現場も見える。笑

そして、脇には、、カジノ?

Jackpot Club とは、わかりやすい名前。

どうやらバーツベースらしい。

そして、いざ 中へ突入!

雰囲気は、ほぼゲームセンター。

なんとも、安っぽいカジノ、、、

中に入ってみると

見たことない「魚獲り(?)ゲーム」に

(アーケードゲーム系)

みんなが熱中してました。

シンガポールとかマカオの

本場のカジノ とは、まったく違う雰囲気。

てか、施設が全然、違う。

ただのゲーセンっぽかった。

でも、明らかにカジノでした。

さすが、THE・無法地帯。

チラッとカジノを見学した後は

第2友好橋へ。

タイ〜ミャンマー第2友好橋の今

看板に ミャンマー語数字の 2 が

書いてあります。

ここが分岐点らしい。

タイとミャンマーを結ぶ新たな橋。

今の橋の少し北側です。

今、架かっている 友好橋 を

グレードアップする橋らしい。

なんか、すごい道を走る。

雨でぬかるみまくってます。

看板が新しい!

そして、少しばかり進むと

道が整いはじめてます。

ただ、まだ開通はしてないようです。

だいぶ、できてるところは出来てて

看板と、この施設は完成済?

どんな感じなのか、動画でどうぞ!

第2友好橋の手前の施設までの道です。

建設中の施設に到着!

国境管理用の施設らしいです。

この正面から後ろを振り返ると

道が出来てるのがわかります。

かなり平らで、道は走りやすかったです。

どうやら、ここが

新たな物流拠点になりそう。

そして、ガンガン工事してます。

かなり広いエリアです。

その隣ではゲートっぽいものも。

ここにいたお兄さんに聞く。

KGY「友好橋ってどこ?」

兄ちゃん「向こうの道を行けば、行けるよ。」

KGY「見に行けるの?」

兄ちゃん「入れるで!」

てなわけで、教えてもらった道へ。

左右、どちらからでも

ぐるーっと回り込んで行けます。

私は、右側からぐるーっと。

かなり、道はできてます。

まっすぐで走りやすい道。

そして、施設がある左手は

かなーり、広い事がわかる。

そして、ちょっと走ると

橋が見えてきた!

てか、もう橋は完全に架かってます。

この橋でタイに行けそうです。

そして、橋の下には

なんだか、施設も。

ミャンマーとタイの国旗

なんだか 印象的です。

橋自体は、完全にできてました。

あとは、手前の施設や道路の完成待ちのようで。

それにしても、全体の作りを見ると

かな〜り綺麗な施設で

ミャンマーっぽくない。笑

さすが、国境エリアです!

第2友好橋を存分に堪能したので

次は、トレードゾーンへ。

ミャワディトレードゾーンに潜入

場所は、少し中心地から離れます。

この先で、通関をやるっぽい。

この近くには 日本通運のオフィスも。

輸入 と 輸出 に道路の左右で分かれてます。

まずは、 輸入のエリアへ。

中に入ってみると、、、

トラックがたっくさん。

ミャンマーナンバーばかり。

ここでは、荷物の積み替えをしてました。

エリア内には、

不思議なナンバーの車も幾つか。

仮登録ナンバーらしい。

こんなのも。

トレーラー??

なんでしょうかね。

こちら側は、トラックだらけ、でした。

逆側の輸出側に行ってみると

なんだか 車だらけ。

そして、例のあの表示が!

JICA が 支援した MACCS。

電子通関システム。

6月から ミャワディでも稼動が開始したので

看板が掲げられていました。

その後、ホテルへの戻り際には

ちょっとだけ倉庫エリアも見学。

タイナンバーのトラックが

倉庫に 停まって荷物を降ろしてました。

飲み物だったり、セメント(?)だったり

なんか、たくさん 倉庫がありました。

逆側には行かなかったけれど

なんかトラックの出入りが

圧倒的に多かった方面の看板。

EDEN GROUP なんですね。

国境の町 らしく

ガンガン トラックが動いてました。

カジノに密輸に、と

なんだか裏もたくさんあるけれど

それも国境の町らしい。

あの川幅だったら

そりゃ、そうなるよね。

って言いたくなる感じ。笑

そして 第2友好橋とその近辺開発には

タイの本気性を感じましたし

ここから国が変わっていくのかも?

と、感じずにはいられませんでした。

あの橋の近くの施設が

ガンガン動き出したら

更に活発化するんでしょうかね。

なんて事を感じながら

ミャワディ見学はおしまい!

その後、ホテルに戻り

荷物を持って、ミャンマー出国へ。

ミャンマーのミャワディから

タイのメーソートへ。

正式な出国です、遂に。

このために、ここ、来ましたからね。

さてさて、出国は

簡単にできるのか?

楽しみです。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です