ミャンマー入国には査証(VISA・ビザ)が必要。概要編


本日は朝から打ち合わせ2本でした。

久々に会えて楽しかったです!勉強になりました。

やっぱり人に会って情報交換をする、というのは

なんとも楽しいモノです!つくづく感じます。

Sponsored Link

前回、前々回とヤンゴン(ミャンマー)行きについて

具体的に考えるヒントを提供させて頂きました。

直行便 と 経由便の話。

そうそう、その前に必要な事を。

ミャンマーは査証(VISA)が必要

ミャンマー入国にはVISAが必要です!

これ、めちゃくちゃ大事ですね、はい。

VISAがないと、本当に入れませんから。

よって、空港で飛行機に乗せてもらえません。

マレーシア航空でミャンマー入りする際は、

ミャンマーVISAについて知らなかったのか

係員の方が、バタバタと慌てていました。

「これで入国できるんですか?」なんて

聞かれました。笑

VISAは3種類

1、観光VISA  28日滞在可能

2、商用VISA  70日(10週間)滞在可能

3、入国VISA  28日(4週間)滞在可能

この3種類があります。

詳細は、こちらをご参照ください。

http://www.myanmar-embassy-tokyo.net/visainfo/Japanese-Visainfo.htm

商用VISAのみ、アライバルが認められています。

立派なカウンターがありますが、商用のみ対応です。

IMG 3312

しかしアライバルでもいくつか必要書類があります。

手ぶらで入国はできません!

いずれにせよ、入国前に準備が必要です。

これを忘れると、飛行機に乗れません。

本当に大変な事になります。。

よって、本当にご注意くださいませ。

次回は、ちょっと細かくVISA情報を整理します。

とはいえ、書いてある情報を簡単に説明する程度に

なるかもしれませんが。

VISAが必要という不便さ

多くのアジアの国がVISA不要で入国できる中、

VISAが必要というのはなかなかだるいです。。

正直、かなり不便です。

しかも、VISA発効は、郵送だと3週間かかる、とか

書かれていて、おいおい、と思います。

しかーし!!

だからこそ行く価値がある、とも言えます。

むしろそう捉えて、訪問した事がある人が少ないうちに

ミャンマー・ヤンゴンに遊びにお越しください。

たくさん人が行ってからでは、面白くない、と

感じる人は今のうちにどうぞ!

あと2ヶ月くらいしたらミャンマーも気候が安定し

観光シーズンに突入する予定です。

いい季節にぜひお越し下さい!

さて次回はVISA発効の詳細を紹介します。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です