【ミャンマーニュース#009】バガンを訪れる外国人観光客が減少


KGYのミャンマー現地人脈を活用した

ミャンマー語勉強中の、とある日本人による

ミャンマー新聞翻訳、不定期掲載シリーズ、第9弾。

Sponsored Link

【ミャンマーニュース#009】バガンを訪れる外国人観光客が減少

ミャンマーを訪れる外国人観光客は年々増加を続けているが、

バガンを観光する外国人が昨年より減っていると

文化省考古・国立博物館局のテインルィン副局長が

明らかにした。

IMG_2649.JPG

昨年の観光シーズンは1日に約2,000人が訪れていたが、

現在はその半分ほどに減少。

ミャンマーで総選挙が開催されたことのほか、

それぞれの国の経済状況なども関連しているとみられる。

同副局長は

「バガンを訪れる外国人観光客は、

年々少しづつ減少している。

特にフランス人が減った。

フランスの経済状況の影響があると思う。

バガンの特産品である漆器の販売店や職人は

厳しい状況になっている。

今後の収入は輸出に頼ることになるだろう」

と話した。

現在、外国人のバガンの入域料は1人20ドルだが、

11月1日 から 2万5,000チャットに変更されている。

バガン考古博物館の入館料は5,000チャットで変わらない。

(12月23日分 The Voice)

www.thevoicemyanmar.com

入域料、またも値上げ

2013年6月に、それまでのUS$10からUS$15に値上げ。

2015年1月より再度、US$20に値上げ。

からの、今回  2万 5,000KSへの変更。

チャット・ベースでいえば、実質値下げか?

(※2015年 12/26 現在 1ドル=約1,300KSのため)

なんだか、バガンが慌ただしい。

コロコロ料金を変えるのって

なんだか悪影響な気もするが、

どういうもんなんだろうか。

急速な 開国 の影響もあって

周囲が慌ただしいのはあるだろう。

外貨を獲得したい、というのもあったのかも。

しかし今はインフレが心配で

国内の通貨を流通させたいニーズも強い。

そういう背景なのだろうか?

それにしても

ビザ代 50USD+バガン入域料 20USD

これだけで70USD

しかも宿泊費も安くない、ときている。

そうなると、訪問者が減るのもやむなし?

なんて思ってしまったりもする。

フランスの経済状況の影響という言葉の通り

そもそも「訪問する人の事情」

当然あるだろう。

それでも、年々少しずつ減っている

というのはなんとも寂しい。

本当にいいところなだけに。

ぜひミャンマーお越しくださいませ!

ミャンマー遊びに来るなら今のうちです。

バガンが世界遺産になる前に。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.