【2017/3/15時点】ミャンマービザ新価格。料金大幅値上げ、しかし便利さは向上。


ミャンマーのビザいきなり変わりました。

ルールも少しですが、値段が。

これまで24,000円だったビザが

いきなり 60,000円を超えた。

なんていう事態が起こってまして

皆さんが困ってる様子です。

ビザ情報ではサイト上

かなりいい位置にいますので、

やはりビザ情報はまとめておかないと。

で、今一度、まとめてみようと思います。

結論から言えば、

70日に1度出国ルールが消えた。

ってとこが最大のポイントかと。

個人的には、今回の変更には賛成です。

そりゃ安いほうがいいのは間違いないですが。。

Sponsored Link

こちらが参考にした

ミャンマーイミグレの英語版のサイトです。

http://www.mip.gov.mm/portfolio/types-of-visa-fees-and-duration/

既に新情報に書き換わってます。

ミャンマーVISA価格

観光ビザ(Tourist Visa)

screenshot-2016-12-06-at-07-19-47

滞在期間  ビザ料金

28日   40ドル

オンラインビザの場合:50ドル

商用ビザ(Business Visa)

screenshot-2016-12-06-at-07-20-21

滞在期間     ビザ料金

シングル(70日)  50ドル

マルチ(3ヶ月)  200ドル

マルチ(6ヶ月)  400ドル

マルチ(1年間)  600ドル

オンラインビザ(シングルのみ)の場合:70ドル

ソーシャルビザ(Social Visa)

screenshot-2016-12-06-at-07-20-39

シングル(70日) 50ドル

マルチ(3ヶ月) 150ドル

マルチ(6ヶ月) 300ドル

マルチ(1年間) 450ドル

教育ビザ(Education Visa)

screenshot-2016-12-06-at-07-21-09

シングル(90日)  50ドル

マルチ(3ヶ月)  200ドル

マルチ(6ヶ月)  400ドル

マルチ(1年間)  600ドル

一覧でまとめるとこんな感じです。

他のビザについても記載されてますので

詳細は下記サイトよりご確認ください。

http://www.mip.gov.mm/portfolio/types-of-visa-fees-and-duration/

ここまではただのコピペです。

縦のものを横にした以下の仕事。

何が変わるのか?

当然、料金は上がりました。

各国の大使館からの申請でも同様です。

在日本ミャンマー大使館のサイトにぶら下がってる資料は

日本円表記ではありますが、基本は同じ。

PDF資料としてこんなのがあります。

本サイトはこちら

screenshot-2016-12-06-at-07-49-24

だから、日本への嫌がらせでもなく

世界共通の変更です。

運用がどこまで変わってるかは不明。

元々は書類とか減らすよ、とか

あったので、その辺の

運用面はどうなってるかはわかりません。

で、注目すべき文言はここです。

– Do not need to exit after staying (70) days.

私の拙い英語力で理解する限り

70日の滞在後、出国の必要はありません。

ですよね。

ここ、めちゃくちゃ大きいと思いますけど。

今までのビジネスビザだと

マルチの半年であろうと1年であろうと

70日に1回、出国しないと行けなかった。

それを超えたら1日3ドルの罰金。

そんな不思議なルールがありました。

厳密には、

ステイパーミット(滞在許可)取得済の方は

そのルールは不適用でしたけれどね。

それはさておき、多くの方が

マルチビザを取得していたので

70日に1回、どこかに出国していました。

「次はどこ行こうかなー」なんて言いながら。

タイだとか、日本だとか

色々な場所に行ってました。

多くの方が、

往復航空券100ドル以下の時もあるし

楽しいから遊びついでに タイ!

って感じでしたがね。

ビザラン、という言い方もあります。

これまでのマルチビザは

ビザの有効期限が6ヶ月あるにも関わらず

70日に1回、ビザのために

海外に出る必要があったのです。

しかし、今回のは

よーく見るとこの記載。

– Do not need to exit after staying (70) days.

70日の滞在後、出国の必要はありません。

海外にわざわざ出る必要がなくなったのです。

70日ルール撤廃の影響は?

70日に1回出国する、となれば

3ヶ月ビザでも、90日ですから

70日を超えるので1回は出国が必要でした。

もしくは罰金でやり過ごすか。。

20日 x 3ドル=60ドル、、、んー。

では改めて影響度を

ちょっと計算してみます。

今回のマルチビザは3ヶ月200ドル。

タイ往復航空券 100ドル。

ホテル滞在費・移動費 50ドル。

食事や遊びなんか 100ドル。

合計 250ドル。

マルチビザ3ヶ月が、200ドルなので

マルチビザ取得の方が合計で安くなります。

これが1年(365日)で計算すると

70日に1回出国だと5回は出る必要があります。

5回 x250ドル=1,250ドル。

今回の1年マルチビザは、600ドル。

さて、どっちがいいんでしょうかね?

お金を考えれば新ビザが断然お得です。

ミャンマー政府的にも

ただ海外に逃げてたお金が

国で回るようになるだろうし

私個人的には、変更に賛成です。

愚かな変更、とか言うてる人もいますが

ミャンマー政府の財政的にも

住んでる外国人の財政的にも

いいんじゃないか、と思います。

わざわざミャンマーから

ビザのためだけに出たくない人からすると

非常にお金も、時間も無駄でした。

無駄に

いちいち海外に出るために

航空券と宿を手配して、、、

空港まで行って、、、

という時間が掛かってました。

これらは、全部カットできます。

遊びたい人はまた別ですが。。

旅のワクワクがあることは百も承知です。

ただし

お金で時間を買う 発想から行けば

圧倒的に、マルチビザ取得がお得です。

なんせ

– Do not need to exit after staying (70) days.

70日の滞在後、出国の必要はありません。

となっていますからね。

そりゃビザランに乗じて、海外に遊びに行きたい!

と思っている人からしたら痛いです。

でも、それはそれで行けばいいのです。

行く権利はあるわけで。

日本から行くよりは時間もお金も掛からないし。

そこは主体性を持って行えばいいのです。

ただ会社から渡航費用が出なくなる、とか

色々あるかもしれませんが、、、苦笑

そこは今のうちに

うまく会社と交渉しておきましょう。

「ヤンゴンはストレスが溜まるので、、、」

「今年から国内の健康診断ではじまった

ストレスチェックを考えると、、、」

「日々の積立形式の方が、、、」

とか何とか、そこはうまく。笑

とりあえず、ビザが切り替わるよって話。

にしても、

「12月2日に変わったからね」

っていう通知はどうかと思う。笑

事前告知一切なし。
ミャンマー、男前です。

そして、以前からずーっとですが

何よりも不明なのは

オンラインビザの方が料金が高い。

というこの謎。

圧倒的に工数の減る

オンラインビザなはずなのに

なぜそちらの方が高いのか。

人件費が安いミャンマー事情なのか?

何はともあれ

ビザルール

2016年12月2日から変わってます。

既にはじまっているので

新しいビザがどういう表記になっているのか

気になるところです。

おそらく今回の目玉であろう

70日ルールの撤廃のところ。

本当に

70日に1回の出国ルールは消えているのか?

ここが一番気になるところです。

HPにはそう書いてあるけれど、

運用は追いついてない。

それがミャンマーあるあるですからね。。。

(参考)今回の記事元のHP

政府イミグレHP ビザの期間と料金一覧

(英語版はこちら

(ミャンマー語版はこちら

2017年のミャンマーのビザ方針

(ミャンマー語版のみ こちら

2017年のビザ方針は、ミャンマー語勉強がてら

しっかりと読んでみようと思います。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.