「ブラックリスト」を散らつかされたけど、次ミャンマー入れるかな。。。


過去にミャンマーに住んでた方で

FRC(外国人登録証)を発行した人に聞きたいです。
・FRCは、観光ビザでも提出が必要

・5回FRCなしで出入りしたらブラックリスト

とかとか、、、

これらの “ルール” って本当なんですか?

はじめて言われて驚きました。

Sponsored Link

イミグレで足止め。。

今回、出国直前に

イミグレで足止めされました。

忘れ物をしてダウンタウンを

飛行機出発の2時間前に出発。

焦っていたけど39分で空港着。

やっぱ渋滞緩和したのかな?

念願の新空港でした。

DSC 3915

なんとか少し余裕が生まれて

ヤンゴンにも こいつが来た!

と思いながら

DSC 3930

写真なんかも撮りながら

搭乗口に向かいました。

で、出国しようとした時の事です。

「FRC(外国人登録証)を出せ。」

と。

超・焦りました。

「えっ?!必要なの?」

そこから

あれこれモメ(?)つつ

かれこれやりとりをして

無事に「出国は」できました。

でも次に入国できるだろうか。

ちょっと不安です。。。

最後の感じだと

多分大丈夫だろうけど。。

どういうことかというと

私は今回、観光eVISAで入国しました。

2015年12月に前いた会社を退職した後にも

3度ほど出国をしています。

それまでにFRC(外国人登録証)の提出を

求められた事はありませんでした。

ミャンマーに住む外国人は必ず登録し

FRCという書類の発行を受けて

出国時には必ず提出しなければいけない

大切な書類です。

※もちろん、観光ベースの方は不要。

退社後、これまでの出国歴

1回目

2016年1月初旬ミャンマー出国。ブルネイ等へ。
出国時に、FRCを提出。

1月中旬 ミャンマーへ戻る。
(ビジネスビザ切れた後、別VISAでミャンマーへ)
FRCは取りに行かず。

2回目

1月末 ミャンマー出国、チェンマイへ。

2月8日 ミャンマーへ戻る。

3回目

2月17日 ミャンマー出国。日本へ。

3月半ば ミャンマーへ入国。

4回目

3月半ば 3日滞在後ミャンマー出国。日本へ。

そして今回の8月10日 ミャンマー入国。

5回目

8月14日 ミャンマー出国。タイへ。

これまでも数度

ビジネスビザは切れてたので

FRC(外国人登録証)なしで

出入りしていました。

当然、ビザは観光ビザや

別会社発行のアライバルビザ。

で、

これまでの出国では

1度も引っ掛かってなかった

何も言われたことなかったんですが

今回、いきなり

「FRC(外国人登録証)を出して。」

と、言われました。

え、持ってないけど。
てか必要なの??

だって、そもそも観光ビザで入国してて
FRCは不要と認識してて取りに行ってない。

これまで数回出入りしたけど、
なんも言われてなかったから知らなかった。

と、お伝えしました。

そこから、問答開始〜。

合計でかれこれ30分くらい。。。

はじめは

「外国人は、常にミャンマーのFRCのルールに
従わなければならない。
だからこれからは必ずイミグレ・オフィスに
取りに行きなさい。今回はいいけど。」

と、言われて

「オッケー。
ところで、これまではオッケーで
今回は必要なのってなんでなの?」

と聞いてみました。

これが失敗のはじまり、だった。

イミグレが混み出したので

一旦、別の場所に行って話すことに。

超まとめると

「1度でもFRC発行したならば
ビザがどんな種類であっても
本来は、出国時にFRCが必要である。
これがイミグレのルールであり
全員が“ルール”に従わなければならない。」

とのこと。

で、私としてわからなかったのが

「なぜ、今回いきなり?
これまでの出国では言われてないけど?」

そう尋ねると

「前回とは人が違ったから!!」

と、超強気で答えられる。

言い切られる。

いやいやいやいやいやいや。。。

確かに、過去に係員がスルーした事は

20回近くあった出国で2度だけありました。

それが偶然、重なったのか?

てか、それで通るのに“ルール”と

言い切る意味が、、、

更には、そのルールに従え、と。。

私は純粋に知りたかっただけなのに

「コンプレイン か?」

的な対応をされました。

別の場所に移動して

対応は男前の男性スタッフに変わった。

※なんとか ZA なんとか(名前長め) さん

「知り合いのミャンマー人に電話せよ」

と指示される。

で、申し訳ないと思いつつ電話。

若干、事情をお伝えし、話してもらうと

「FRCをイミグレ・オフィスに取りに行って
 空港までFRCを送るように手配せよ。」

と、伝えている。

手間を掛けて申し訳ないなぁ。。。

と、思いつつ、電話で謝り依頼する。

すると「もう1度、電話で話したい。」

男性職員が私に言ってくる。

で、また電話をする。

その後、再度 内容を確認すると

「今 20ドル払えば、
イミグレ行かなくてもいい」

と、伝えてきた、とのこと。

なぜ、ここに来て20ドル?
何のための20ドル?

ってもう完全に意味不明。

しかも、1度言ってた事を

誰の確認を取るわけでもなく変えて

いきなり罰金20ドル払え、って。。

そう思った私は、おかしい、と訴える。

「さっき言ってた対応法が急に変わって
20ドルの罰金?意味がわからない。
イミグレ・オフィス行かなくていいの?」

そう伝えると

「行かなくてよくするための罰金だ。」

そう答える。

「なぜ、今さら?さっき言うてなかったやん?」

と伝えると、質問への直接の回答ではなく

「5回FRCなしで出入りしたら
ブラックリストに入るぞ。
3回やってるからあと2回。
罰金払えば、逃れられる。
だから罰金を払え、と。」

そんな重要なこと

さっき言ってなかったじゃん。

それにこれまでも言われてないし。

まったく意味がわからない。

「これまでに3回出国したけど
それまでに言われた事がない。
そんなに5回ルールは厳しいのか?」

「ルールはルールだ。」

「てかそもそも、会話の中で
5回ルール自体が初登場だし
罰金もいきなり湧いてきた話。
すみません、理解できません。」

そう伝えると彼は
小さい声ながら強いトーンで

「ブラックリストだぞ?
すべてのビザが発行拒否されるぞ?」

と、来る。それは困る。

「それはわかった。
でもさっき言ってたような
知り合いにイミグレ・オフィスへ行って
空港にFRC送ってもらう方法じゃダメなの?
なんで20ドルの罰金なの?」

そう聞くと、男はキレ気味に

「本当はFRCがないと出国できないんだぞ?」

と、来る。

そうこうしていたら、また女性が戻ってきた。

「なんでこれまでにない情報があれこれと
振ってくるんだい?結局どうしたらいいの?」

そう尋ねると

「なら1階に降りてイミグレのボスと話すか?」

と来る。そんな時間はない。

既に30分近く足止めされてて焦ってるし。

よく考えたら、彼女は20ドルの話は知らない。

「さすがに飛行機乗れないのは辛い。
どうしたらいいかね?」

とさらに尋ねると。

「本来はFRCがないと出国できない。
でも今回は特別に出国させる。次回の入国時には
必ずFRCを取りにオフィスに行きなさい。」

そう答えが返ってきたので。

「これからミャンマー入国したら
VISAの種類が観光でもビジネスでも
FRCをイミグレオフィスに取りに行って
出国時にはそれを届けなけりゃいけない。
そういう理解で正しいのか?」

と尋ねると

「次回、必ずイミグレオフィスで
FRCをピックアップしてこい。
細かい事はそこで聞いてくれ。

と言われました。

んーどこまでが本当で

本当にすべき対応が何なのかは

よーくわかりませんが、

次回ミャンマーに入国ができた暁には

必ずパンソーダンのイミグレ・オフィスを訪れ

事実確認をしてこようっと。

ブラックリストとか本当に怖いし

ルールを破るつもりはないので。

それに歯向かう気もありません。

ただ純粋に、“ルール”とやらを

把握しておきたいのです。今後のために。

過去にミャンマーに住んでて

FRC登録してた方は全員そうなんですか?

もしくはルール変更したんでしょうか?

私は把握しておりませんでした。。

もし同じような事を考えられている方は

お気を付けくださいませ。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です