ミャンマーで完全にハマってる「麻辣香鍋」がうまいんです!早速食べたくなってきた。。


私は、辛い物が得意ではない。

食べられなくはないんだけど

汗をめっちゃかくし

それほど得意ではない。

だって辛いし。

しかし、今ハマってるのは

辛い、アイツだ。

ハマった 麻辣香鍋

ミャンマーでは

鍋を頼もうとすると

店員さん「辛いのと甘いのどっち?」

と、だいたい聞かれて

KGY「甘いの!」

と、答えてきた。

ミャンマーの人達は

ことごとく辛いのを好むので

その神経が理解できなかった。

なのに、、、

最近、ミャンマーである料理に

完全にハマってしまった。

それが、これだ。

厳密には

ミャンマー料理ではなく

中華料理だ。

四川発祥らしい。

それが

麻辣香鍋(マーラーシャンゴン)

ってやつである。

そこそこ辛い。

頼み方はシンプルだ。

ヤンゴンによくある鍋と

同じようなスタイル。

・好きな野菜や具材を選ぶ。

・具材をボウルに取る。

・重さを量る。

 ※具材によって料金が違う。

・スープ か スープなし か選ぶ。

・辛さの具合い を選ぶ。

そうすれば、

調理してもらえば、出てくる。

This is it!

これは4月1日に食べたやつ。

やみつきになる 麻辣香鍋

はじめて食べたのは

3月14日頃。

その後、縁があって

3月23日から3日連続

食べてしまった。

辛いのは苦手なはずなのに。

すべての写真はないが、、

これが、3月24日の分。

@オーガニックスパイシー

汁なしバージョン。

辛さ抑えてもらったけど、超辛かった。

これが、3月25日の分。

@スパイシーハウス(たぶん)

ここのが抜群。安定。

4月1日の分がこれ

@スパイシーハウス

美味しいので何度も、ここ。

ミャンマーを離れる

直前のランチでも食べた。

4月8日の分がこれだ。

@スパイシーハウス

やっぱり安定の味だ。

はじめて食べてから

約1ヶ月のうちに6回ほど食べた。

辛いけど美味い。

やみつきになる味なのだ。

何度も、何度も食べてしまう。

そして

よく言っている店舗は

シティモール内にある

スパイシーハウスだが

ミャンマー人にも大人気である。

約40席ある店内スペースは

いつも混んでいる。

土日なんかは、特に顕著で

座る席がないほどに混んでいる。

確かに美味しいけれど

1人 1万チャット程度(約 800円)

そこそこの値段になるのに、である。

このお店でお客さんの動きを見てると

それなりの単価でもビジネスは成功する

と、思わせてくれる。

中華(四川)料理だが

完全に

ミャンマーでドハマリしている。

おそらく

ミャンマーに戻ったら

かなり早いタイミングで

食べに行くことになるだろう。笑

日本で 麻辣香鍋を食べるなら?

ちなみに

日本にも似たような料理を出す店は

数店舗あるらしい。

「麻辣香鍋 東京」とググると

出てくるのが下記の店舗達。

蒲田「麻辣香鍋」

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13110733/

名称そのまんまだ。

池袋「湯火功夫 麻辣湯」

https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132202/13162819/

恵比寿「中村 玄」

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13032271/

大久保「逸品香」

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13185716/

幾つかは、本当に今も

残ってるのかは、不明だが、、、

こうして見ると

日本でも幾つかのお店で食べられるらしい。

それでも

日本では食べた事がなかった。

それ以外の選択肢が多すぎて

あえて 「麻辣香鍋」へ。

とは、ならないから、だろうか。

ミャンマーは

選択肢が少ないので

ハマりやすいのかもしれない。

それでも、本当にうまいんです。

そして、今、そこら中に

店舗が増えています。

ショッピングモールは

だいたいどこにでもあります。

ホットポット(いわゆる鍋)も人気だが

それ以上の勢いで増えている気がします。

既に来てますが、、、

まだまだ来ると思います。

ぜひお試しあれ!

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です