行き先を見失ったカーナビ以下の心境。


こんばんは、KGYです。

本日はとても楽しい時間を過ごしました。

なんとも濃く、そして自分自身を見つめ直すいい機会

そして、新たな一歩を踏み出す勇気をもらった、いい時間でした。

心地よい時間をありがとうございました!

毎度の事ながら、本当に勉強になります。

Sponsored Link

ミャンマーに来て10ヶ月

少しばかり、今 考えている事について

頭の整理を含めて書きたいと思います。

私は「成功したい!」と漠然と考えています。

結構強く、心の奥底で「成功したい」と考えています。

しかしながら、

「では、あなたにとっての成功とは何ですか?」

という質問には、答えられません。

まったく明確化されていません。

ただ「じっとしていてはいけない」と感覚的に感じ

「動き続ける」というパターンを選択してきました。

そうこうするうちに、導かれてミャンマーに来ました。

ミャンマーに来た事自体は、決して間違ってなかった。

その事は、現時点では断言できます。

しかし、成功のイメージはないのです。

大きなビジョンも描けていないのです。

行き先を見失ったカーナビ以下

今の状況を表現すると、上記のようなものです。

痛い言葉ですが「中途半端」です。

ドライブのようにただ景色を楽しむでもなく

目的地に向かうでもなく

じっとしていたくない、と、ただ走らせている感じ。

過去 と 現在

しかも、たちの悪い事に

過ぎ去った景色にばかり、心を奪われて

目の前に広がる景色すら眺められていない。

あーさっき見たラベンダー畑キレイだったなぁ、と

思いながら、コスモス畑をスルーしていたり、

ひまわり畑をスルーしていたりするようなもんです。笑

行けるか行けないか、ギリギリのタイミングの信号を

そのまま突っ切り、今のは大丈夫だったかな?と、

ひたすら思い悩んでいるようなもんです。。

常に、少し前の過去を振り返り続けています。

よって、今を楽しむとか、今を生きるとかいう要素は皆無。。

これが今の現状、という感じ。

さて、次は何をしようか?

本来であれば、これをドンドン考えていけばいいのです。

なのに、どうも私のパターンとしては、

「なぜ、おれって今 ここに来たんだっけ?」とか

「ここにきた理由ってなんだったんだろう?」みたいな

ちょっと前の過去を振り返り続けてしまいます。

これは、一言でいえば、

「決めてない」ことにより、発生しています。

自らの意志で「◯◯へ行くんだ!」と、決めて動いていれば

「◯◯へ着いたぞー!」となります。

しかし、どこへ行くともわからず今を楽しむ事もなく

ただ動いて、結果として ◯◯に着いた となると、

この時の気分はどうでしょうか?

高揚感や達成感はあるでしょうか?

おそらく、あっても薄い達成感でしょう。

これ本当の現状だと思っています。

「決める事」

これが最大のポイントとなります。

今、目の前にチャンスを頂いています。

それに対して、なんとなく決める事を恐れて

静観している自分がいます。

「(やったとして)失敗したら、どうなるだろう?」

という感じに、やってもいないのに、ありもしない

不安や恐怖の幻想を思い描き、悩んで行動せずにいます。

せっかくいい流れが来ているのに、乗り切れず

乗るチャンスを逃しかけていました。

それに気付かせていただきました。

今は、GO のタイミング。

DSC 1130

思い切って、恐れを抱えながら 前に進みます!

今、目の前の事にしっかりとコミットして

前に進んでいきます。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です