すべての源は「意図」。コニカミノルタマンの泣ける動画「大嫌いな上司」を見て再認識した意図。


昨日も書いた「意図」という話と結びつく

素晴らしい、感動の動画を、ふと思い出したのでシェア。

コニカミノルタマン という動画のお話。

あの「KINICA MINOLTA」の提供する動画。

スクリーンショット 2015 10 10 7 16 16

ただ見ても泣ける動画ですが、

意図を持ってみると深く見えます。

Sponsored Link

動画をご覧ください。8分50秒

コニカミノルタマンⅢ 大嫌いな上司 / コニカミノルタ

はじめのスタートからドキッとします。

「小学生ででもできる。」

「文句があるなら、辞めれば?」

ここからはじまる。

で、踏ん張るんです。

2分20秒前後から切り替わります。

「あたし・・・」

というところから。

心が切り替わったのは、他から見える。

それを見て周囲の評価も変わる。

なんとなくやってた仕事を

マインドセットが変わって

自分の仕事に変わっていく。

そして、チャンスも得られる。

そんな感じの

よくあるサクセスストーリー

って感じです。

で、最後に 急展開があります。

そこがグッときます。

6分40秒くらいのところ。

ぜひぜひ、見てみてください。

意図を強く持つ。

最近、考えてたことと重なった。

この動画は、一種のサクセスストーリー。

つくられたものでしかない。

しかし、それでもグッと刺さった。

「意図」の存在がそこに見えた。

どこを目指すのか?

という「意図」が明確になり

意識が変わり、

行動が変わる。

ただなんとなくやっていた事に

「ジブンゴト」として取り組む。

この変化がわかりやすく表現されている。

さすがにつくられたものなので

かなり「意図的」な見せ方ではあるが

少なからず、こうした瞬間は

色んな人の人生の傍らにあるかと思う。

「意図」を持って仕事をする。

「意図」を持って物事に取り組む。

何をするにも

「意図」があるのとないのとでは

大きく変わるように感じた。

色んな人が色んな表現をしてます。

夢に日付けを、これも広くは意図。

神田昌典さんのこちらなんかも近いかも?

引き寄せの法則でおなじみの

ザ・シークレットなんかもそうでしょう。

すべて いかに意図を持つか という話なのだとか。

目標や目的 なんてのも「意図」。

夢を具体的に、というのも「意図」。

引き寄せるのも「意図」してるからこそ。

何かに取り組むにあたって重要な

「意図」

もしあまり意識していなければ

ぜひとも「意図」を意識してみてください。

といいつつ、私が一番やらなきゃ。笑

意図なく、なんとなくココニイル。笑

今一度

・なぜ海外・アジアに出たのか?

・なぜミャンマーにいるのか?

・なぜ日本生命を辞めたのか?

・なぜ地元を離れているのか?

といった当時の「意図」も考えつつ

それよりも、

これからの「意図」を考えていこう。

・どこに向かっていくのか?

・どう一着になるのか?

を。笑

昨日の競馬に続いて

感動的な動画を見て

つながった瞬間でありました。

意図って

意識しないと見えません。

ぜひ意識的に

「意図」を考えてみてくださいませ。

ぜひぜひ「意図」を意識しつつ

再度、動画をご覧ください。8分50秒

コニカミノルタマンⅢ 大嫌いな上司 / コニカミノルタ

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です