桑田佳祐氏の熱い言葉たち~「やっぱりただの歌詞じゃねえか、こんなもん」より~


桑田佳祐が好きだ。それを想った。

なぜだか、妙に惹かれるものがある。

そのことについては過去に記事も書いたことがある。

元旦だからこそド真剣に語る。「桑田佳祐」のようになりたい。

http://melt-myself.com/kuwata-keisuke-ni-naritai

Sponsored Link

生で、至近距離で

桑田佳祐さんを感じる機会をくれた

上田さんには感謝してもし切れない。

いつもいつも本当に

多くの支援をいただいている方の1人だ。

今度の日本帰国時にも、もちろんお会いする予定。

桑田佳祐さんの本を読んで。

で、桑田佳祐のお話。

やっぱり、ただの歌詞じゃねえか、こんなもん

この本を読んだ。

2014年の年末のカウントダウンライブに参加して

この人、超・格好いい!!

と、思って下記のようなブログを書いた。

元旦だからこそド真剣に語る。「桑田佳祐」のようになりたい。

http://melt-myself.com/kuwata-keisuke-ni-naritai

ちょっと感情任せな部分もあり、

荒削りな文章だが、なんだか想いがそのまま

詰まっている感じがするし、嘘じゃない。

で、その時に ネット上で文章を探して

桑田佳祐がなぜに格好いいのか?!

なんてことを探していた。

で、本も読もう、と思い

存在は知っていたが、買うタイミングを逃し

今に至り、ようやく読み終えた。

(フットマッサージを受けながら。笑)

IMG_0667.jpg

その中で、痺れた言葉たち。

勝手にテーマつけます。笑

桑田佳祐の曲作り~若い頃~編

ほぼ曲が完成しかかったところで

サウンド全体の 受け皿 として、

そこに彩りを加えるために初めて考えるのが、

当時の僕にとっての歌詞だった。

よくやっていたのが、メロディに対して

文字数を埋めるため、比較的安易に

英単語を付け加えることだった。

このスタンスで名曲を創り上げていける。

この辺りがなんだか面白い。

こういうことをサラッと本に書ける素直さ

なんとも格好良く感じる。

飾らない言葉

って感じがなんだかいい。

そんな感じで適当に(?)

(とはいえ、考えてたんだろうが。)

曲に合わせて歌詞を書いていたようだが

その事を知らない方からは

「桑田は今までの日本語を壊してまで

 歌詞をロックのリズムに乗せた」

などど、当時の評論家さん達に

言ってもらったりもした。

なんてエピソードはさすが桑田さん。笑

飾らない言葉で勢いで書いたからこその良さ

みたいなものがあったのだろう。

初期の曲も、意図的に聞いてみたくなった。

こうした掴みの部分もさることながら

個人的には、後半部分がググっときた。

これからの桑田佳祐~がんの2年後に妻と話した事~

今やらないと後悔することはやっておいたほうがいい

今まで「面倒くさい」とか「それは無理だろう」と

諦めていたようなことも含めて

まだやったことのない新しい未知なことが、

沢山あり過ぎるのだ。

それを、世の中とのバランスなんて

全く気にしないでやってみるのもいい。

「世の中の常識」や「非常識」とされるもの、

一般的に「善」や「悪」とされるものに対しても

思考停止しないで、その事象を少しでも理解した上で、

自分の中の違和感を言語化したり、

意見を述べる勇気が必要だろう。

何はともあれ、今の自分にとって大切なことは、

「生真面目に生きる」ことではなくて、

むしろ体中の色々な「ネジを緩める」ことかもしれない。

社会がどうあれ、自分の夢が何であれ、

ある程度は時間的な余裕と心身の柔軟性を養おうと思っている。

この言葉達は非常に重い。

ご存じの方も多いかもしれないが

桑田佳祐氏は

2010年7月、食道がんが見つかった。

今や「がんの治療を終え、復活」している。

そうして一度「死に直面」した後に

出てきた言葉が上記の言葉たち。

ふと スティーブジョブズの

スタンフォード大学のスピーチが頭をよぎった。

http://stayfoolish.jp/stay-hungry-stay-foolish (By stayfoolish)

原さんと共に話したこと、という感じで

サラッと書かれているのだが、

そうした言葉を共有できる

原さんがいて、桑田佳祐がいる。

なんだか すごい世の中の奇跡を感じる。

死を感じた経験があるからこそ、

下記のような言葉が出たのかも。

「今やらないと後悔することはやっておいたほうがいい」

「世の中とのバランスなんて全く気にしないで」

「自分の中の違和感を言語化したり、意見を述べる勇気が必要」

「大切なことは、「生真面目に生きる」ことではなくて、
 むしろ体中の色々な「ネジを緩める」こと」

それぞれを抜き出しても1記事書けるくらいに深い。

よってランダムに記事にしていきます。

桑田佳祐への熱い想いを胸に抱きつつ。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です