アイディアを絞り出す際、オススメのノートは方眼よりも、より自由度の高い「じゆうちょう」


この真っ白いキャンバス〜に〜

あなたなら何を描きますか〜?

という唄、ご存知ですか?

さて、今回は私の愛用のノート(自由帳)の話。

DSC01158

Sponsored Link

私のノート遍歴。方眼編。

これまでビジネスシーンによって

色んなノートを使ってきました。

時には、横軸。

時には、方眼。

時には、自由帳。

サラリーマン時代

パワポの資料作成が多かったので

方眼はかなり愛用してました。

方眼で使いやすいのはこれ。

他のに比べて、書き心地抜群なんです。

先日、文房具店に行ったら

色んなサイズが揃っててビックリしました。

で、こんな方眼もあるんですけど

こちらは紙質が私には合わず。

万年筆書いたらめっちゃ滲んじゃうので

水性ペンとの相性が悪いような気が。

だから、前者のが圧倒的オススメ。

一時期、営業部隊のための

教育教材になる資料作成が

私のメイン業務だったので

色んな計画を立てるとか

ブレストとか

パワポ資料作成の下書き

とかいう場面では

圧倒的に方眼が使いやすかったんです。

線を引くとか、バランスを見る上では

方眼だと、イメージが掴みやすい。

しかも、書いたページを

ちぎって相手に渡せる。

このメリットも大きいのです。

というわけで、方眼を愛用してました。

どうやら、こんな本も出ているようで。

ちょっと中身が気になる。。

最近では、あの コクヨ も方眼出してます。

コクヨ キャンパスノートセミB5 5mm方眼罫40枚黒×5

方眼は方眼で使い勝手がいい。

これは間違いない事実。

アイディアを絞り出すには「じゆうちょう」

方眼は使い勝手いいんだけれど

整理する上にはいいんだけど、

アイディアを絞り出す上では

もっと自由度が欲しいな、と。

で、いま 行き着いてるのはコレ!

DSC01158

愛用の「妖怪ウォッチ自由帳」

現在、落ち着いたのは

この自由帳シリーズ。

表紙の愛くるしさもたまらん。

ちょっと前までは

ポケモンでした。

IMG 1294

私の自由帳 初号機

「ドラえもん」でした。

近所のスギ薬局で12月31日に購入。笑

そして、弐号機は「ジャポニカ」

色んな物事を考える際には

自由帳が使いやすいと思ってます。

理由は簡単

まっさら だから。

どうでしょ、この白さ。

DSC01159

この まっさら なところに書き込む感じ。

たまんないっす。

この真っ白い〜キャンバスに〜

あなたなら何を描きますか〜♪

っていう唄もありましたよね。

森山 直太朗さんの「太陽」って唄だとか。

久しぶりに聞いたら超 いい曲だ。

歌詞がいい!

ほんとこの歌詞の通りで

白紙だと、

色んな事を気にせず

書き込める気がするんですよね。

ナニモノにも とらわれず

って感じがするんですよね。

実際は、横軸と同じような

使い方をしてしまうとしても。

よろしければ

自由帳 トライしてみてください。

超オススメなので。

自由帳の選択も自由度高い。

先日、飯田橋歩いてて

五郎丸自由帳を見掛けて

自由帳ファンとしては

手に入れなければ!

と、思ってたんですが

なんかAmazonで「自由帳」って入れたら

五郎丸自由帳 <じゆうちょう> B5サイズ 白無地

[ノート]スター・ウォーズ学習帳(かくせい)白無地B5サイズ【4951850263991】

サンスター B5じゆうちょう ハピネスチャージプリキュア!5204250A

色んな選択肢がある。

これだけでも、楽しい!

というのは、さておき

本当 自由帳 ってすごい、いいんですよ。

まっさら 感 たまらんっすよ。

ぜひお試しあれ。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です