あなたは「時差」をどう考えますか?「時差を味方に」つける発想で広がりは無限大。


おはようございます、KGYです。

最近、ちょっとSkypeネタが続いてます。

Skypeトーク、知らない方でも

積極的にお待ちしておりますので

ご遠慮なく連絡くださいませ!

先月は

ブログの月間 PV数が初の 5万件 突破。

ありがとうございます!

ブログでも時差を意識して更新せんといかんのだが、、、

Sponsored Link

時差を味方につける。

DSC 4042

よくホテルにある、時計の表示。

時差がよくわかるやつです。

そんな時差の考え方について

昨日の飲み会の場で教わったお話。

あまりにも強烈な印象が残ったので

ここに記しておこうと思う。

詳細は書けないが

時差を味方につける

この考え方について

参考になる話を聞かせて頂いた。

自分の考える(ていた)時差

色んな方とやりとりさせて頂いていて

Skypeをしていても感じる「時差」

シンガポールは1時間半。

カンボジアは1時間。

タイは30分。

ちなみに、

日本とミャンマーの時差は「2時間半」

「30分ってなんやねん」って

たまに言われますが、もっとすごい国も。

ネパールでは、

標準時との時差が+5:45

日本と3時間15分の時差。

もっと中途半端である。笑

一説に寄れば

近隣諸国への対抗意識から

ということだが、中途半端に感じる。

まぁネパールに言わせれば

世界の他の国が中途半端なのだろうが。笑

それはさておき時差のお話。

私は、ちょっと時差を楽しんでいる。

日本が22時でもヤンゴンは19時半。

Skypeをやるには丁度いい時もあるし

時差の確認が楽しかったりもする。

あなたは「時差」をどう捉えますか?

少し考えてもらいたいと思います。

「時差」邪魔なものと感じるのか。

「時差」をあえて味方にしよう!と考えるか。

時差ボケという言葉がある通り

国をまたぐと結構、時差が影響を及ぼす事も多い。

時差をどう捉えるのか?によって

随分、考えが異なってくるし

見えてくる世界が変わる。

それを今日、強く感じさせてもらった。

まさにパラダイム・シフトであった。

例えばミャンマーの場合

日本との時差が2時間半。

ミャンマーの9時は、日本の11時半。

ミャンマーでも日本でも9時〜17時が

営業時間と仮定すると、

日本が昼休みに入ろう、という時に

ミャンマーは業務を開始する。

ちょっとやりにくい印象を受ける。

17時、日本が営業を終える頃

ミャンマーは14時半。

※実際に17時には終わらないだろうが、、

まだ就業まで2時間半ある計算。

これをどう捉えるか?

である。

時差を少しでも埋めようと

日本側に合わせて

営業時間を前倒しする。

これもひとつのカタチであろう。

通勤ラッシュが避けられる等

メリットも多い。

ただ

あえてこの時差をビジネスに活かす

というのも、ひとつの手である。

例えば、私がよくやりとりしている

日本の裏側にいるブラジルの椎名さんとは

時差が相当大きい。

DSC 7813

仮に世界各国に拠点があり

まったく同じビジネスを手掛けるとしたら

24時間稼働の拠点の完成

である。

そう考えてみると面白い。

何かしらの事情があって日本での

時間制限があったりする場合とか。

夜に動いていることで稼げる業界とか。

時差を味方につける。

という発想を持つ事で

ビジネスチャンスの広がりは無限大。

なーんてことを教わったので

忘れないうちに、メモがてら。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です