【リアル募集】旅ブロガー・ユーチューバーとメディア関係者で、ミャンマーの魅力を発信してくれる方を募集中!


みんがらーばーかみゃー。

ミャンマーから こんにちは、KGYです。

今、ちょっと 人探しをしています。

ミャンマーに旅に来たい人、いませんか?

インフルエンサー & メディア

の方を各3組 ずつ 探しております。

紹介とかも、ガンガン受け付けます。

※あまりにも問い合わせが増えた場合

 返信が遅れる場合があります。

 また 採用の可能性がある方のみに返信 

 とさせて頂く可能性がありますこと

 ご容赦ください。

インフルエンサーとメディアの方を探してます。

どんな人、かと 言いますと

ミャンマー観光の魅力を発信いただける

1,旅 関連のインフルエンサー
ブロガー、インスタグラマー、ユーチューバー

※各地 で 最低 1〜2記事・投稿できる方

2,メディア関係の方

  スポンサーも同時に募集中です。

1・2 いずれも、3組ほど、探しています。

影響力は大きければ、大きいほど。

もう少し詳細にお伝えさせていただきます。

【金銭的な条件】

非常に申し訳ないのですが

報酬・謝礼は、お支払いできません。

しかしながら

・日本からの往復航空券

・ミャンマー国内 滞在費

・ミャンマー国内 交通費

・ミャンマー国内 食費

などは、全額 ミャンマー側が負担します。

【投等に関する条件】

▼投稿数は、
 イベント中 と 各観光地で 最低 1〜2 記事の投稿を想定。

およそ 10日間 で イベント+4箇所 だと 最低 5投稿+α

▼投稿媒体は、

 主に ブログ がメインターゲットではありますが、
インスタ、ツイッター、ユーチューブ など日本の流行りも重視。

(他 インフルエンサー、メディアとのバランスでも判断します。)

今のところ、特に厳しい条件はありませんが、

「モラルの範囲」 で対応いただきたく感じています。

媒体については、各種 ご提案いただければ幸いです。

【選定のための条件】

今も幾つかのインフルエンサーの方からご連絡頂いていますが、

最終的な選定は、私でなく、ミャンマー側ですが、、、

重要なのは、

1,今回の ミャンマー観光 と 運営媒体の相性。

ミャンマーの旅、観光がメインの企画ですので
インタビューメディア とかは ちょっと違うし
ドキュメンタリー作家、ジャーナリストも違うかと。

2,影響力の大きさ

・ブログの場合、最低でも 10万PV 弱でしょうか。
(当ブログ が 月 4〜5万 PVで、一時 9万超なので)

・インスタ や ツイッターの場合は
ちょっとわからないけど、万 近く は欲しいかな、と。
(欲張ってすみません。。)

3,他の インフルエンサーさんとのバランス。

・例えば、ユーチューバーさんばかり 3人より
ブロガー + ユーチューバー + インフルエンサー とか。

・男性 3人よりも
若手 女子、リッチ旅 女子、おっちゃん旅 とか。

総合的に勘案して、忖度して

ミャンマー側が決める形になろうかと思います。

私も、もちろん、口出しはしますが、、、

よって、体験としては、素敵なものを提供できるはずです。

つまり

無料でミャンマーに招待するので

あなたの影響力をお借りして

ミャンマーの魅力を発信してほしい!

ってな企画です。

主催は、とある民間団体。(信頼できます。)

2回目であり、大型スポンサーも集まりはじめてます。

旅好きのインフルエンサーにとっては

そこそこ魅力的なイベントかと。

企画内容をもう少し詳細に語ると

ASEAN + 3 (日本、韓国、中国) から

旅インフルエンサーとメディアを招き、

各人の影響力をお借りして

ミャンマーの魅力を各国に伝えていただく!

そんな企画に貢献して頂ける方いませんか?

ってことです。

いれば、お問い合わせください。

※ あわせて 自身のブログ や SNS アカウント PV数 などの

 情報をご連携いただければ、幸いです。

 すべての方をお招きできない点も予めご容赦ください。

どんな人を探しているのか?

とにかく、何はともあれ

まずは

ミャンマーに来て頂ける方

かつ 行きたい! って思ってる方。

超有名インフルエンサーとかも

可能性を探ってるんですが、

真正面からいけば

まず間違いなく お金の話になるでしょうし

そうなると、今回の案件は難易度 高し。

どうも 「1いいね ◯円」 とか

それなりの相場があるようですし。。

金銭的な魅力としては、

「無料でミャンマーに来ることができます。」

これしか、言えません。

でも、

お金を払わずして

ミャンマーに来ることができる

ってのは、

ネタ度として、かなりいいのでは?

とも

思っているわけです。

インフルエンサーにとっても

「絶対に 視聴数伸びるし」

「仕事の幅が広がるチャンスだし」

と。

とはいえ

拘束時間は長いですが。。

なんせ、なんだかんだ

ミャンマーって、まだレアだし。

そんなに知られてないし。

ほとんどの日本国民が

「ミャンマーには、一体何があるの?」

「てか、そもそも どんな国なの?」

って思ってたりするわけです。

だから

インフルエンサーの方にとっても

いいネタ提供の場 となる、かと。

これをきっかけに

ファンが増える可能性もあるでしょう。

そして

ミャンマーサイド としては

ミャンマーの魅力を発信

して頂ければ、

思いっきりありがたいわけです。

「報酬がないと行きません」

って方は無理ですけど、

無料ならミャンマーに行ってみたい!

ぜひ貢献させてください!

なんて

インフルエンサーがいれば

(いるのかなー。いないのかなー。)

ぜひとも

この機会にお越しください!

友人のインフルエンサーで

ミャンマー行きたい人いるかも!

なんて人がいたりしたら

ぜひ ご紹介いただければ幸いです。

お問い合わせください。

※ あわせて 自身のブログ や SNS アカウント PV数 などの

 情報をご連携いただければ、幸いです。

 すべての方をお招きできない点も予めご容赦ください。

また、同時に

海外旅行を活性化するメディアの方も

探しております。

例えば、

旅メディア運営してる。

東南アジア関連メディア運営してる。

なんて方もいらっしゃれば

ぜひ教えてくださいませ。

テレビ番組での配信や

Youtubeチャンネルでの配信。

自社メディアでの配信。

なんかを含めて

旅に興味のありそうな方々に

お届け出来るメディアの方。

もしくは

そうしたメディアで

配信できるルートを持った方も

ぜひぜひ、お待ちしています。

お問い合わせ はこちら。

※あわせて、メディアの概要を頂ければ幸いです。

 配信可能な媒体情報 や 読者数・視聴者数

 ターゲットなど。

なんだったら

私が取材して、写真撮影をして

記事を書いて情報を提供する。

なんて方法も、ありかな、と思ってます。

イベント全体 スケジュール

ちなみに 時期としては

12月 第1週 〜 第2週 約1週間を予定。

※日程の確定までしばしお待ちください。。

ヤンゴンのホテルで

レセプションイベントを開催。

その後、観光地を巡る

旅に出ていただきます。

期間は 約1週間で

・ヤンゴン市内

・バガン遺跡(世界3大仏教遺跡の1つ)

これに加えて、もう1箇所か2箇所

・インレー湖(湖のキレイな町)

・マンダレー(最後の王朝のあった町)

なんかの訪問を予定。

各地で 最低 1〜2本 何かしらの投稿

をしていただき

ミャンマーの魅力を発信してほしい!

というのが、大きな条件です。

ASEAN 各国 や 韓国・中国 からも

インフルエンサーを招く予定であり

彼らと交流ができるってのも

実は、超魅力的!

だと、思っております。

誰か、いい人いれば

ぜひとも お申込み & 紹介のほど

よろしくお願いします!

絶対、おもろい企画なので

面白い方に来てもらえるといいなぁ。

いれば、お問い合わせください!

※ あわせて 自身のブログ や SNS アカウント PV数 などの

 情報をご連携いただければ、幸いです。

 すべての方をお招きできない点も予めご容赦ください。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です