1月4日、ミャンマー独立記念日の歴史を調べてみた。キーワードは、イギリス、日本、アウンサン将軍。


ミャンマーは

1月4日が独立記念日で祝日。

こちらが、独立記念塔です。

C IMG 20170520 175404

ふと、気になって

ちょっとばかり

ミャンマー独立の歴史を調べてみました。

キーワードは

イギリス、日本、アウンサン将軍。

10秒で知る、ミャンマー独立の歴史

ミャンマーは

「ビルマ連邦」として

1948年1月4日

イギリスから独立を宣言。

1948年なので

第2次世界大戦後。

60年超のイギリスの支配から

完全独立を果たしました。

独立時の英語名称は Union of Burma。

日本語でいえば ビルマ連邦。

2018年は

独立70年目の節目。

これが、超ザックリ

独立記念日の歴史です。

その裏には

日本、アウンサン将軍、イギリス

が登場してきます。

もう少し詳しく見ていきましょう。

詳しいミャンマー独立の歴史

ミャンマー(当時 ビルマ)は

1824年から1885年まで

60年以上続いた、3度の英緬戦争の後

1886年から(1948年まで)

イギリス領インドに併合され

その統治下に置かれていました。

独立前の 10年は

バタバタと動きがあったものの

それまでの60年近く

ずーっと、イギリス領でした。

独立の1948年から遡る事11年。

1937年4月1日

長く続いたイギリス領インドからの

独立を果たし

イギリス連邦内の自治領へ。

バー・モウ氏が初代首相に就任。

しかし、完全な独立ではなく

あくまでもイギリス連邦内。

第2次世界大戦にも巻き込まれます。

1942年、日本軍がミャンマーに進軍。

建国の父として国民から愛され

反英派 アウンサン将軍が率いる

ビルマ独立義勇軍は日本軍に力を貸し

共にイギリス軍を駆逐。

1943年、日本の支援を受けて

バー・モウ氏を国家元首とした

ビルマ国が建国されました。

実際には、主権は日本にあり

完全独立ではなかったとか。

しかし、

イギリスからは独立。

しかし、1944年

インパール作戦失敗など

日本の敗色が濃厚であると見るや

アウンサン将軍は

イギリス側に鞍替え。

1944年8月の独立1周年の日には

「(日本軍による)ビルマ独立はまやかしだ」と発言。

その後、1945年3月には

ビルマ国政府に対して

クーデターを起こし

イギリス側に寝返り

日本に勝利したものの

イギリスは独立を許さず

再び、ビルマは再びイギリス領に

しかしその後も、アウンサン将軍は

完全独立を目指して活動を続けます。

そして、1947年1月27日

英国首相クレメント・アトリーと

「1年以内の完全独立を約束する

 アウンサン=アトリー協定」に調印。

その後、アウンサン将軍は

少数民族のリーダー達と

ビルマ独立に向けた連携・協力を促す

「パンロン合意」締結を果たします。

また、完全独立に向け

イギリスとの交渉にも臨んでいました。

しかし、悲劇は起きます。

独立まで半年に迫った

1947年7月19日。

6人の閣僚仲間と共に

32歳の若さで暗殺されてしまいます。

暗殺犯は、政敵であった

ウー・ソオ一味とする説が濃厚ながら

イギリス政府が黒幕との説もあります。

※なお、ウーソオ氏は
政府に逮捕され 1948年に死刑。

独立したミャンマーを見ることなく

アウンサン将軍は、死亡。

その後、アウンサン将軍が

取り付けた約束に従い、

1948年1月4日

ミャンマーは

ビルマ連邦として独立を果たします。

初代大統領はサオシュエタイ氏。

初代首相はヌー氏。

他の英国植民とは異なり

イギリス連邦には属さない形で独立。

※コモンウェルスではない

こうして

ミャンマーは完全独立を果たしたのです。

独立に歴史あり。坂本龍馬と重なる。

そんな独立の記念日が

1948年1月4日。

それ以来、

ミャンマーでは1月4日が

独立記念日として

祝日になっています。

調べていればいるほど

色んな事が気になってしまいました。

現在、ミャンマーの国家顧問を務める

アウンサンスーチー氏の父である

アウンサン将軍の歴史にも

ちょっとばかり触れました。

独立に向けて

活動したアウンサン将軍の存在。

60年近くに及んだ

イギリスの支配から脱却に

少なからぬ影響を与えた日本の存在。

なんだか、色んな事を思いました。

今となっては

亡くなってしまった

アウンサン将軍が、

どんな想いで

イギリスに寝返ったのか、も

わかりません。

当時の色んな空気が影響していたのでしょう。

それにしても

32歳の若さで国造りに動き回り

完全独立を大きく後押し。

とんでもないものです。

そして32歳で暗殺。

ふと

坂本龍馬と重なる部分を感じました。

坂本龍馬は 享年31歳

大政奉還成立の1ヶ月前

近江屋事件で暗殺されている。

若くして活躍するも

成果を見届けられず

30代前半で暗殺。

見事に重なります。

なんとも不思議な感覚を覚えました。

ミャンマーにいながら

なんとなく「独立記念日」とか

「祝日だ」とか言うてました。

しかし、こうして歴史を見ると

色々と気になる事が出てきました。

ちゃんと、知っていこう。

そして情報発信をしていこう。

もし間違いがあったら

ご指摘いただければ、幸いです。

こちらは

マハバンドゥーラ公園の独立記念塔。

C IMG 20170520 175404

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です