ミャンマーで働きたい、弱電系エンジニアと編集経験者いませんか?漂流回避のススメ。


さて、今回は

ちょっとばかり挑戦投稿。

何がって、コア過ぎる。

刺さる人が少な過ぎる懸念。

でも、社会実験として

書いてみるわけです。

弱電系エンジニア 現場管理経験者

知り合いで何人か

人を探している方がいます。

依頼を受けて書いたわけでなく

どうなるかな、と反応を見たくて

この投稿をしています。

とりわけ、コアな2つを書きます。

2つあります。

1,弱電系エンジニア

2,雑誌の編集経験者

いずれも、勤務場所は

ミャンマー・ヤンゴンです。

1つ目とか

めちゃくちゃコア案件です。

日本にいても

なかなか出会わない職種かと。

「あ!おれ、知り合いに

 弱電系エンジニアいるよ!」

って話はほぼ聞いた事ない。。

知らないだけかな、、

弱電系エンジニア案件の

業務内容は

現場の施工管理がメイン。

よって経験者求む!

だそうです。

条件面としては

勤務地はミャンマーなので

英語はちょっと欲しい。

そのレベルは要相談。

ペラペラがベストだろうけど

まぁそんな人はいません。

ある程度 できれば、いいかと。

場合によっては

フィリピン・セブでの語学留学経由で

ミャンマー入りってのも

ありなのかも、と思ったり。

意外と、そのパターン多いので。

海外で働いてみたい!

ってエンジニア
(なかなかいないだろうけど)

にとっては

かなり面白い機会かと!

「英語ができない」

って人も

なんだかんだ

ちょっと慣れたら

なんとでも なったりするので

とりあえず、問い合わせください。

まぁ別に

お願いされてるわけでも

なんでもないんだけれど

こうして

自分のブログに書いて

引っ掛かるのか?

と、ちょっとした社会実験でもあります。

弱電系エンジニア x ミャンマー

興味ある方いれば

ご連絡いただければ、と思います。

そして、もう1つコア案件。

雑誌の編集経験者

これもヤンゴン勤務です。

ある、案件がありまして

プロの力を借りたい。

そんな想いであります。

餅は餅屋。

雑誌は雑誌屋。

そう思うわけです。

猫の手も借りたい

わけではなく

プロの手を借りたい

わけです。

もし、いればぜひに。

ちなみに、英語も必要です。

超ハイレベルとかでなくても

ある程度のレベルでは欲しい。

って感じでしょうか。

ライター経験者さんとか

編集経験者さんは

意外と身の回りに多いのですが

そこに

「ミャンマー」が加わったらどうなるか?

これもまた

一種の社会実験であります。

私のブログが

どれほど影響があるのか?

それを、見てみよう、と

そんな実験なのです。

もしいらっしゃれば

連絡いただければ幸いです。

問い合わせ

以前に

インターン募集!

と、書いてみたら

それ以来、知り合い経由含めて

問い合わせが4件ほどあり

2月 or 4月から1人来るのが確定。

9月頃に話したら

「行きます!」と、言うてて

12月に入ってから、話したら

気持ちはブレてませんでしたので。

だから、仕事をつくらないと。笑

さらにさらに

6月頃から1名。

その前にも1名来るかも。

なんて状況なわけです。

以前の投稿の中で

日本人を採用したい企業の

採用支援ができそうな勢いで

問い合わせが来たので

改めて、動いてみる次第です。

人材紹介に関しては

日系人材紹介会社が

何社もいるのですが

それでも

ミャンマーで働きたい人を探す

のは、簡単じゃないようです。

そりゃそうですよね。。。

日本で稼げてる人が

今の安定を捨てて

わざわざ不安定で

どうなるかわからない環境に

身を投じるなんて

正気の沙汰ではできません。

だからこそ

チャンスがある!

と、私は信じてますがね。

他にも、そう信じて

飛び込んで来た人が

たくさんいます。

世にいう 変わり者 が多め。笑

で、きっと

そういう人達は

何者かになるんだろうな、と

そんな事を思うわけです。

ミャンマー、来ませんか?

逆に伝えておきたいのは

人と同じ方に走ってて大丈夫?

って話。

嫌々、今の仕事してて大丈夫?

って話ですよ。

無責任ながら言いますけど

やっぱり自分を発揮できない

それはしんどいっすよ。

期待されるのは嬉しい。

信頼されるのも嬉しい。

やることがあるのは嬉しい。

依頼されるのも嬉しい。

オファーを受けるのも嬉しい。

でも、自分を殺してまで

それをやってていいんですか?

って話ですよ。

50歳超えて

自分の責任範囲が増えるまで

ずっと我慢し続けるとか

それ、本当にやりたいこと?

って反しですよ。

日本のサラリーマンの多くって

土日のために働いてますよね。。

(私も、そうでした。)

それって、

「本当に、それでいいの?」

って思ってしまうわけです。

いや、簡単じゃないですよ。

自分がやりたいことだけやる

なんてのは。

さらに、それで稼ごうと思ったら

一筋縄ではいきません。

それでも

そこに行こうとあがかないと

よほど運とか縁とか

恵まれない限りは

たどり着けないわけです。

でも

自分で意図を持って

「おれはこっちにいくんだ!」

と、言い続けていたら

そっちの方向にアンテナが張るし

情報も入ってくるし

なんやったら

周囲も声を掛けてくれたりします。

そういうもんです。

だから

やっぱり

自分の意志を持って

意図的に動くことって

人生において

不可欠だと思うのです。

自分の人生の舵を自分で握る。

そんな感じでしょうか。

そうでもしなければ

ただ波に押し流されて

どっかに漂流するだけです。

そうならないためには

自分を表現しないと、です。

私にとって

その1つが、このブログです。

この場で

思いっきり、自分を表現して

私は、このスタンスです。

興味ある方はぜひ。

嫌な方は結構です。

と、暗に伝えてるわけです。

その中で、結果として

スクリーニングされた方が

やってきてくれるわけです。

自分を伝える。

これ、やっていかないと

やりたくないことをやり続けて

歳だけ取ってしまいますよ。

気付きかけてる方で

あ、海外行きたいんだった!

と、思う方で

ミャンマーもいいな!

と、思ってしまう

奇遇な方がいらっしゃれば

遠慮なくご連絡ください。

私個人が知ってる案件はもちろん

知り合いの方の紹介も含めて

案件紹介が可能ですし

不安解消のサポートもできます。

ミャンマーは

本当、オススメです!

問い合わせ

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です