日本からミャンマーに行く方法 その2(経由便)


おはようございます。日本満喫中です。

牛乳プリン(100円)を食べて

IMG 5445

うどん(400円)を食べて

IMG 5452

おつとめ品の珈琲ゼリー(100円)を食べる。

IMG 5468

日本って本当、食べ物がおいしいです!

Sponsored Link

前回の続きで、ヤンゴンの行き方をご紹介。

前回(こちらから)は

・ヤンゴンには、ANAの毎日就航の直行便がある。

・この先、直行便の数が増える可能性

ビザも緩和される可能性大

そんなことに触れました。

さて、今回は 経由便について紹介します。

航空券 比較サイトSky Scanner を選ぶ3つの理由

サイトは、Sky Scanner(http://www.skyscanner.jp/)にて

検索したあとの画面はこんな感じです。

スクリーンショット 2014 08 18 7 07 44

私がこのサイトをオススメする理由はこの3つ。

1、乗り継ぎの回数の絞り込みができる

2、出発時間による絞り込みができる

3、諸料金込みの料金が把握できる

が、Sky Scannerは便利ですが、LCC系には弱いです。

どうしてもLCCを、という場合はwegoloを活用ください

http://www.wegolo.com/

こちらはLCC系はひとしきりカバーしてくれてます。

9つの乗り継ぎ便のご紹介

さすがに乗り継ぎ2回は外して乗り継ぎ1回のみをご紹介。

仮に、成田発 − ヤンゴン(ミャンマー)着 の便で

往路:11月11日(火)発、復路:11月20日(木)にて設定。

本当は 大阪−ヤンゴン(ミャンマー)が欲しい方もいるかもですが。。

さてSky Scannerで検索すると、こんな感じで表示されます。

スクリーンショット 2014 08 18 6 42 31

安い順に、各航空会社の1便のみご紹介。

航空会社によっては、もっとバリエーション多いところもあります。

1、AIR ASIA (最安値 403USD)

9:15NRT –17:05RGN  乗継1回 DMK 10時間20分

17:35RGN –8:00NRT  乗継1回 DMK 11時間55分 (+1)

いわずとしれた、LCC。さすがの最安値!

2、中国国際航空(AIR CHINA) (最安値 528USD)

9:00NRT –11:30RGN  乗継1回 CTU 29時間 (+1)

12:30RGN –21:00NRT  乗継1回 CTU 30時間 (+1)

待ち時間は長いので、観光でしょうか?

3、マレーシア航空 (最安値 535USD)

10:30NRT –11:15RGN  乗継1回 KUL 27時間15分 (+1)

16:00RGN –7:15NRT  乗継1回 KUL 12時間45分 (+1)

ちょっと今(2014.8月時点)は乗るの恐いかもですが。。

4、キャセイパシフィック+香港ドラゴン航空(最安値 542USD)

16:15NRT –0:15RGN  乗継1回 HKG 10時間30分 (+1)

1:10RGN –14:05NRT  乗継1回 HKG 10時間25分

飛行機が綺麗です。そして待ち時間も短くスムーズかも。

スクリーンショット 2014 08 18 7 02 08

5、アシアナ航空(最安値 685USD)

18:50NRT –23:40RGN  乗継1回 ICN 31時間20分 (+1)

0:50RGN –12:10NRT  乗継1回 ICN 8時間50分

飛んでた事、知りませんでした。新しくできる便かもしれません。

6、大韓航空(最安値 761USD)

13:55NRT –22:40RGN  乗継1回 ICN 11時間15分

23:55RGN –12:30NRT  乗継1回 ICN 10時間05分 (+1)

ヤンゴンを夜に出発。待ち時間も比較的短いです。

ルートもいい感じに短いかと。

7、全日本空輸+ベトナム航空(最安値 794USD)

11:45NRT –17:15RGN  直行便 8時間

14:25RGN –7:25NRT  乗継1回 SGN 14時間30分 (+1)
※航空会社(一部):エアージャパン

行きは直行便という反則技ですが。笑

8、タイ国際航空(最安値 855USD)

10:45NRT –18:40RGN  乗継1回 BKK 10時間25分

14:45RGN –6:15NRT  乗継1回 BKK 13時間 (+1)

直行便ができるまでの王道ルート。ほぼ最短でした。

9、シンガポール航空(最安値 987USD)

20:50NRT –9:20RGN  乗継1回 SIN 15時間 (+1)

10:25RGN –7:40NRT  乗継1回 SIN 18時間45分 (+1)

シンガポールなら待ち時間も苦になりません!

乗り継ぎ便の特徴&選択の3つのポイント

1、時間

経由地があれば、当然 待ち時間が生じ、時間のロスは発生します。

しかし、そこで観光をしてしまう、なんてのも

ひとつの手かと思います。

2、料金

しかしながら、料金は安くなるケースも多いです。

が、こんな感じでたくさんあります。

3、経由地を楽しむ

上に書いた通り、待ち時間の観光もありです。

経由地ながら、◯◯に行った事がある。これはネタになります。

空港でラウンジを楽しんでしまう事もできます。

楽天ゴールドでプライオリティーパスGETしておけば、存分に楽しめます。

そうでなくても、クレジットカードがあれば、無料で入れるラウンジもありますし。

時間と料金を考慮しつつ、経由地を楽しむ選択肢も持つ。

そんな選択肢を持ちながら、経由便も検討ください。

直行便以外にも、意外とヤンゴンに行ける便はあるのです。

どうぞ、ヤンゴン行きをご検討ください!

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です