カタンで「勝つ」ために、私がやったこと。心がけていること。


前回は、カタンの初期配置について書いた。

まぁこれがほぼすべて、な気もするが

せっかくなので、もう少し書いてみよう。

テーマはズバリ「いかに勝つか」である。

・勝つために読んだブログ

・勝つために意識した「10点」

・勝つために押さえるべきは「岩」

ってなお話である。

勝つために読んだブログ

私は、いい線いくのに 勝てない。

って状態が、めっちゃ長く続いていた。

「あいつ(私)は勝てない」

と 認知されつつあった。

で、悔しかった。

いや、本当、リードもするし

いいところまでは行く。

そして、

カタンは面白い。

ただ、勝てない。

当然、そこで思う。

「勝ちたいんや」

と。

で、検索して、ブログを読み漁る。

圧倒的に、勉強になったのは

勝間さんのブログだ。

あの 勝間和代さん、だ。

数々のヒット作の著者であり

マッキンゼーにいたり

プロの麻雀の雀士でもある。

勝間さんは

ボードゲームのお店「ウィンウィン」を経営しやてて

カタンもやっている。てかやりこんでいる。

いつか、勝間さんとカタンするぞ。

日本チャンピオンから

勝つコツを教わったらしく

得意の言語化と相まって

めちゃくちゃ わかりやすい。

これが カタン関連投稿一覧だ。

http://katsumakazuyo.hatenablog.com/archive/category/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%B3

一応、書かれているものをリンク貼る。

 全体の概略

 鉄が効くよ

 鉄取れないから麦攻め

 バランスよく攻め

 麦を囲って有利に立つ

 港が効果的

 最長交易路で稼ぐ

 麦のバランスも大事

 順番が最後の時には

(たぶん 10 はない。)

11 発展カードで敵を押さえる

12 麦が出にくいので支配する

13 1番手で、あえて麦に絞る

14 3番手、発展カード狙い。

めちゃくちゃまとまってますし

考え方がよーくわかります。

これ読んでおけば

圧倒的に強くなれるはず。

とりわけ

戦略1 と 2だけでも読む

かなりいいのではないか、と。

あとは、これも まとまってて良い。

カタンで20連勝した僕が絶対にしない、たった4つの戦略・戦術論

https://tanuhack.com/boardgames/catan-strategy1/

逆説的な言い方でわかりにくいけど。

つまりは、この方の持論は

1,初期配置は、生産性高いとこ

2,岩が取れるところを狙え

3,ゲーム序盤は目立つな

4,街道伸ばしまくるとか発展カード引きまくるとか無駄

ってことです。

こんなのを読んだりしていたら

ある時から

勝てるようになりました。

その要因として

私が強く意識したことがあります。

それが 10点、という勝ち点。

勝つために意識した「10点」

勝つためには、10点が必要です。

単純に積み重ねても

意外と 10点にはなかなか届きません。

逆算が大切です。

下記のポイントの組み合わせで

10点を取ることが必要です。

最長交易路 2点

最大騎士力 2点

勝利ポイントカード 1点(5枚)

開拓地 1点(最大 5個)

都市 2点(最大 4個)

例えば

10点の組み合わでは

都市 3, 開拓地 1, 最大騎士力, カード

都市 2, 開拓地 4, 最長交易路

開拓地 5, 最長交易路, 最大騎士力, カード

都市 4, 開拓地 2

都市 3, 開拓地 4

とかとか、色々とあります。

この、どれを狙うか、です。

意外と決め手になりがちなのは

最長交易路最大騎士力

このどちらかがあると

一気に勝利に近付きます。

2点の存在は大きいです。

IMG 20190409 004618

例えば、こちらのゲーム。

「赤」が勝利してますが

最長交易路都市化 が効いてます。

(都市 3,開拓地 1,最長交易路, カード で 10点)

開拓地増やし続けたり

道を延ばし続けるだけでは

どうしても 10点に届きにくいです。

開拓地 は「5個」まで

ってのも、意外と肝です。

なので、例えば

うまく9ポイントに達して

あと 1つ開拓地つくれば、、、

と、思ってたのに

「あ、開拓地が残ってない」

ってことも起こりうるわけです。

だから、

いかに 10点を取るか

めちゃくちゃ重要です。

勝つために押さえるべきは「岩」

となるとなんだかんだ

「都市」化 が重要です。

木 と レンガ を押さえて

街道建設を進めつつ

なんとかして

開拓地をたくさんつくっても

5ポイントまで止まる。

こちらの「オレンジ」がいい例。

開拓地のみ、都市なし。

IMG 20190219 195332

道は長く、開拓地も5つ。

しかし、最長交易路を足しても

7ポイント止まり。

ポイントは伸び切らない。

青の都市化戦略の方が優位だし

赤の都市化戦略も、また効いている。

ここんとこ、だいぶ重要です。

そもそも、初期配置では

それなりに

出目の確率の高い場所に

開拓地を置いているはず なので

そこを都市化できると

高い確率で、

資源が2倍入ることになる。

これは、本当に、強い。

圧倒的に、他を引き離せる。

また先ほど、開拓地は

最大 5個って話をしたが

開拓地を 都市化できれば

また開拓地が増えるわけだ。

よって都市が1つできれば

都市1、開拓地5(合計7点)

と、できるわけである。

ただ

これでも 10点には届かない。

最長交易路を足しても

9点 まで、なのだ。

残りの1点は意外と想い。

都市2、開拓地4、最長交易路

とかなれば 10点。

もしくは

発展カードで 1点 を

狙うのもありかもしれない。

開拓地 のみで勝つ

そんなレアケースも

ないことはない。

開拓地5、最長交易路、最大騎士力、ポイント

みたいなケースだ。

ただ、これは相当レアケース。

てことで、やっぱり

都市化 は欠かせないと思っている。

もう少し突っ込んで書くと

都市化において最も重要となり

発展カードを引く上でも必要な

「岩」が 不可欠。

いかに

いい「岩」の土地 を押さえるか。

また初期配置の順番として

いい「岩」が取れないこともあります。

その場合は

「岩」ホルダーが欲しがる

「麦」や「羊」を押さえて

交渉 を前提に進めるのも1つ。

(都市化、カードに必要)

もしくは

2:1 港 での貿易を前提として

「岩」は取れないけれども

貿易で「岩」が取れるようにしておく

なんて方法も1つだろう。

いずれにしても

「岩」は、めっちゃ鍵を握るので

おさえておくと、いいですよ。

「10点を狙う」

そのためにも「岩」は外せない。

これを意識しはじめてから

私は、勝てるようになった。

こうして記事を書くことで

ミャンマー内に

ライバルが増える事になるわけだが

それ以上に仲間が増えれば嬉しい。

そして、その仲間の中から

ガチ勢が増えていくことで

さらにカタンは面白くなる。

ただでさえ

めっちゃ楽しいんだけど

勝てるようになったら

やっぱ、もっともっと楽しいんで

てことで、みんながもっともっと

「カタンの楽しさに触れられる」

って意味では、これでいいのだ。

やっぱ勝ちたいけど、、、

ちなみに

もっともっとカタンやりたい!

って人とか

コソ練したい!

って人には

アプリが便利なようです。

私は、無料版しかもってません。

相手待ちが長くてイラつくので

ほぼやってません。。。

有料版の方はサクサクとできるらしく

相当、面白いらしいですが、

勝ったら 廃人になりそうなので

買ってません、今のところ。
(既に PUBG廃人。。)

てことで、アプリもどうぞ!

無料版 (Catan Universe)

Android

iOS

有料版 (Catan Classic)

Android

iOS

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です