スッと席を譲った外国人と、その傍で見ないフリしてる日本人。心温まりました。


外国人に対して

あなたはどんなイメージを持ちますか?

How is your impression of foreigners?

電車の中、白い杖を持った方を見て立ち上がり

席をスッと譲ったのは外国の方でした。

日本ではネガティブなイメージの報道が

あまりにも多い気がしてどうも嫌。

よって、あえてこういう面を書いてみる。

Sponsored Link

白い杖の女性と付き添いの2名が電車で

ちょっと感動した話です。

私が改札を通り抜けると

そこには1人の女性がいて

誰かを待っているような

見守っているような様子。

ふと目をやると

ちょっと手こずってる感じの

白い杖を持った方が改札の向こうに。

(目の不自由な方の持つ白杖のこと。)

ICカードを当てる場所探しも

慣れない様子で、付き添いの方が

声でサポートしていたのです。

気にしつつも

いきなり手助けをするのは違うな

なんて事を思いつつ

近くで階段を下る様子を見守りながら

ちょっとだけ気にしつつ

何かあったら手助けできるように、

何て思いながら

駅のホームに向かいました。

で、偶然同じ車両に乗ることに。

席は車両に入ってパッと見た範囲で

4席ほど、バラバラと空いてる感じ。

自分としては

邪魔にならないよう道を空け

どうせ2駅だから立っとこう。

なんて思いつつ

いつでも動けるよう

つり革も持たないようにして

その方々の動き次第では

柔軟に動けるようにしよう。

そんな事を思って

傍らで見守っていました。

並んで空いている席はありません。

白い杖の方付き添いの方2人組。

んーどうなるだろうか。。。

なんて見ていました。

すると

1人、端の席に座ってた方がいて

その隣の席は空いてたんです。

すると、その方は

白い杖を見て

迷う事なくスッと立ち上がり

「ドウゾ。」

って言うんです。

スムーズに席を譲られてました。

で、しばらく近くにいながら

笑顔で立ったまま様子を見守って

その方がちゃんと無事に座られて

大丈夫そうだ、と見届けると

先ほど座ってたよりも狭いながらも

空いた席に移動して座られました。

この左側の黄色い袋を持った方です。

浅く座ってるのが席の狭さを物語る。

IMG 6938

席を譲ったのは外国の方

よくある光景じゃん。

って言ったらそこまで。

でもちょっと違ったんです。

その動きを取ったのは

「外国の方」だったんです。

見た目でわかる感じの

インド系かな?

ブラジル系かな?

そんな感じの

ちょっと肌が浅黒く

顔立ちのクッキリした方。

ちなみにその時

他の日本人は一切動く素振りなし。

きっと私が座ってても

立ち上がる事はできなかったかも。

そんな中で

スッと立ち上がって

座り終えるまで支援しようと

していたその方の行動を見て

心温まりました。

そして自分を恥じました。

ちょうどその日の朝

テレビで 密着24時間 的な

犯罪者を追う番組が流れてて

「2人組の外国人の犯罪を追え」

とかやってて

またも犯人は外国人。

みたいな取り上げられ方、、、

「そんなに外国人を目の敵にしないでよ。」

と、うがった目で眺めつつ

憤ってたので

余計に嬉しさを感じたのです。

そうそう、これだよ!

って。

どうも

外国人は危ない とか

外国人はうるさい とか

外国人はマナーが悪い とか

そういう事いわれがちで

やたらと そんなのばかりが

ピックアップされてしまうので

そんなことないわ。

と、お伝えしたい。

そんなに悪い人多くないよ。

と、お伝えしたい。

確かにマナーとかは

国が違えば文化も違う。

だから

「知らなかった」事を理由に

マナー違反みたいな事も

起きているのは事実でしょう。

でもそんなのって

それほど多いわけじゃない。

そんな気もします。

電車の社内でちょっとうるさかったり

ドラッグストアで大声で爆買いしてたり

私は、それくらいしか遭遇してません。

そういうよくない面もあるのは事実。

でもそればかりじゃありません。

スッと席を譲る。

こういう事もあるのです。

人間だもの。

なんか外国人を目の敵にする

そんな風潮がイヤなので

目の前で起きていた

いい出来事をシェアしときます。

心根の優しい人って

多いと思いますよ。

外国人だから、日本では

余計に気を遣って生きている。

そんな人も多い気がします。

「国の代表だから」

そう思ってる人も少なくありません。

そんな部分も見つめてみて欲しいな、と

そんな事を思って出来事をシェア。

同時に、こうしてすぐに席を譲れる。

そんな人になりたいものです。

とはいえ、私自身

そもそも「外国人だから」とか

言ってる時点で違和感ありあり。

人種関係なく個人の問題

常にそんなスタンスで

いようと心掛けています。

それはミャンマーでも一緒でした。

ミャンマー人だから

という会話は大嫌いでした。

だって、人間だもの。

外国人の方って

日本での生活は楽じゃないんだろうなぁ

と、常々 思っております。

そんな中で見掛けた

こうした行動に

心が温まり

なんだか勇気も貰いました。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です