原理・原則に立ち返る。「顧客」とはお得意様。


さて、バンコクでドラッカーセミナーを受け

物事の本質や原理・原則に立ち返る事の重要さ

を感じております。

そして、私の課題である

「捨てる」ことについて。

Sponsored Link

廃棄する

私は、ついつい

あれもこれもやろうとする。

この癖があります。

以前、別の方にも指摘されました。

で、1つだけやる、と

決めたつもりでした。

が、結局 元に戻るという。

もう1度、意識を高めよう。

やることはたくさんあります。

あれも、これも、必要です。

1つずつやろう。

その一方で

やらなくていいことも実は多い。

ここに気付いてもいいのかと。

どこかが詰まっている。

何かが狂っている。

こうしたことがある。

これって、物事が複雑になってるから。

複雑なものを簡単に。

このためのポイントは、捨てる事。

ここにあるような気がします。

何を捨てるか?

一番 捨てるべきは、

こだわり

のような気がしています。

私は、お金で時間を買う。

IMG 1145

これを強く意識しています。

ここに、ある意味でこだわっています。

それを意識しすぎたために

何かが狂ったような気がします。

これは本当に自分がやるべきことなのか?

常にここに立ち返って、

アウトソーシングも含めて対応してました。

しかし、その中でアウトソーシングを

すべきでないことまで

アウトソーシングしてしまっていた。

なんだか、そんな気がします。

だからこそ、

基本に立ち返らないと。

顧客を創造する

この視点から考えてみると

やることが見えてきます。

顧客の立場に立って考える。

ここに立ち返るのです。

そうすると

これは違う。

あれは違う。

これ、なんか変じゃね?

と、いろんなものが見えてきます。

その違和感を大切にしていこう。

「顧客を創造する」のです。

ちなみに

「顧客」とは

お客様すべてではないそうです。

顧客の意味合いには

ひいきにしてくれるお客さま

お得意のお客さま

という意味合いがあるのだとか。

「顧客を創造する」

というと、購入可能性のあるお客さまを

広げよう、という視点が強く出ますが

そこではなく、

お得意様をつくる

ということなのだ。

京都の

「一見さんお断り」

って、すごい制度なのかも。

その視点に立つと、

見える世界が変わります。

やっぱり原理・原則に立ち返らんとね。

ほんと、ドラッカーセミナー、勉強になりました。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です