常に 一眼レフ or コンデジと共に。というライフスタイルを考えてみる。


コンデジが欲しいのである。

思考整理のためにカメラと私の関係を整理した。

それだけに2回分の超・長文を割いてしまった。

カメラと私の関係。KGYのカメラ履歴書。2005年に買った初号機はCASIO Z500。

http://melt-myself.com/camera-history20160201

カメラを好きになった3つのきっかけ「結婚式での悔しさ」「シンデレラ・レンズ」「カメラ教室」

http://melt-myself.com/camera-3-oppotunities20160202

さて、ようやく本題に入ろう。

いいカメラがあるのに、コンデジが欲しい理由。

私、KGYは

弐号機であるデジタル一眼レフを保有している。

それなのに、なぜコンデジが必要なのか?

そうだ、その通りだ。

「なぜコンデジが欲しいのか?」

そうだ、これを思考するために

今回の文章は書きはじめたのだ。

結論からいえば、カメラが重い。

この一言に尽きる。

私が持っているのはこちら。

D7000 本体 780g+レンズ 565g

合わせて 1.3Kgを超える。

レンズを軽いのに替えても1kg近い。

これは各国を巡る旅には辛い。

それなりの重さとなってしまう。

仮に エア・アジアの旅では

荷物の重さもポイントとなる。

機内持ち込み荷物は7キロ以内なので

キャリーケース自体の2キロ超は負担になる。

常にバックパックでの移動。

こちらの方が相当、軽い。

この重さの中で、カメラ 1.3kgはきつい。

もっと軽いカメラが欲しい。

と、そう感じているわけである。

また常に持ち歩きたい。

これも強いニーズの1つだ。

常にカメラと共に。

今はどうしているかというと

基本は 弐号機と共に出動。

が、ちょっと出掛ける時や

重い荷物は持ちたくない時もある。

そんな時には

iPhone5S カメラ機能。

これがフル稼働している。

iPhoneでもいいではないか?

とも思うのではあるが、

なんだか表現が薄い(気がする)

どうもワクワクしないのだ。

カメラの編集機能を使えば、、、

という話はあるし、

確かにiPhoneでも撮影できる。

でもiPhoneは

景色の撮影等には問題ないが

ボカシて撮るといった

オシャレ撮りには向かない。

まとめてみると

常に持ち歩けるような軽いカメラで

iPhoneには撮れない被写体を撮る。

これが目的であることがわかる。

重要な機能は「絞り」

iPhoneには撮れないオシャレな写真。

これって何なんだろう?

ポイントは「絞り」だろうか。

自分で明るさ等を設定して撮影。

これはiPhoneにはできない。

(たぶん。アプリとかあんのかな?)

そう考えてみると

必要となる機能は明確である。

F値でいえば、2以下は欲しい。

1.8とか1.4とか。

画素数?ズーム?

またiPhoneよりも

ズーム機能が強いとより良い。

「画素数」の高さともいえるかも。

iPhone5Sで被写体を望遠機能で

拡大して撮ってみると

画素が荒くてあまりにキツい。

こういった事を含めて

iPhone5Sが担っている

カメラの機能を丸ごと

コンデジに移行できれば

それは、さらにいいわけである。

iPhoneでよく使う機能といえば

動画、タイムラプス

風景や人物の撮影。

これをカメラが担ってくれれば

それでiPhoneは用なし となる。

とか言い出したらキリがない。苦笑

写真機能はコンデジ。

タイムラプス、動画はiPhone。

役割分担をするという選択肢もある。

改めて「目的は何だろう?」

なんだか広がってきたので

改めて整理!

最低限の求める機能としては

・軽いこと

・明るいこと(F値が小さい)

この選択肢をカバーしてる商品。

となると

Sony Cybershot DSC RX100 II Front

コイツが候補に名乗りを上げる。

軽いし、明るいし、センサーはちょいいいヤツだし。

(フルサイズではないようで、失礼しました。)

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 光学3.6倍 DSC-RX100

これが圧倒的に良さそうだ。

この上位機種の

RX100 M3

タイムラプス等の機能もついてるし

望遠時の明るさが圧倒的に強くなってる。

構図を決めるための覗き窓もあるし。

wi-fiもあるし、超便利そう。

が、値段の差は実に4万円近く。

カメラ もう1台買えるやんけ。

ってことで

そこまでは求めない事とする。

よって、買うなら

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 光学3.6倍 DSC-RX100

という事は、決めた。もう迷わない。

と、書きつつ 何度も見返してるがw

よし、これでいこうではないか。

最後にもう一度問う。

本当に買う必要があるのか?

やっぱりここんとこ。

根本的なところ。

そもそも要らんのじゃね?と。

旅に行く時に

一眼レフを持ち歩かないのか?

答えは「否」である。

旅に行くのにカメラを持ち歩かない。

そんな事はありえないだろう。

重くてもなんとか持っていきたい。

「一眼レフ」を持ち歩かない。

そんなシチュエーションは

ほぼないだろう。

では、どんな場面でコンデジが活躍するか?

これを考えてみる。

手ぶらに近い感覚で出掛けたい。

そんなシチュエーション。

普段ちょっと遊びに行くとき。

だろうか。

常にシャッターチャンスを逃さない。

という視点からいけば

常にカメラを持ち歩く。

これを、やっておきたい。

ポケットに潜ませられるくらいの

小さいサイズで、軽いやつ。

サッと取り出して残しておける。

気軽に使えるカメラがあるといいな、と。

そんなところだ。

んーやっぱり「買い」

一眼レフは持ち歩かない。

でもコンデジは持っていく。

そんな選択肢が増えるのも

悪くないではないか。

となると、カメラ2台を

日本から持って来てもらおう。笑

なんだか申し訳ない感じもするが

お願いするしよ。

旅に行くときは

コンデジも一眼レフも同行する。

常にどちらかは身の回りにある。

そんな生活に変わっていく予定。

カメラ生活がさらに充実しそうだ。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに暮らして4年弱 ミャンマーにある企業に足を運び足で稼ぐ 私、KGYによる Skypeコンサルを提供 ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.