チン州ハカの旅Day4。ハカからマンダレーの移動時間を検証。あ、滞在時間<移動時間。ハカへの移動手段・移動時間。


チン州ハカの旅は

あっという間に終わりを迎え

次の町への移動となりました。

滞在時間は約45時間。(5日12時〜7日9時)

ヤンゴンからの移動時間が27時間。

岐路の移動時間見積もりが20時間。

となると 合計47時間。。

移動時間が、滞在時間を上回る計算。

マンダレーへの移動時間が

色んなものの鍵を握ります。笑

さてさて、どうなることか。

最後には移動時間のまとめも。

Sponsored Link

遂に、ハカを離れます。。。

さてチン州ハカの旅は

あっとういう間に終焉。

ハカはキリスト教の町。

日曜日の教会は大迫力で

町で1番大きな教会には

1,000人以上が礼拝

訪れるのだそうです。

その圧巻の光景は

ぜひとも見たかったのですが

日曜日はバスが運休。

※キリスト教のため?

月曜日には他の町で取材。

のため

泣く泣く、土曜の朝から

ハカ発のバスで移動することに。

朝、起きて

霧のキレイな景色がたまりません。

DSC 6973

非常に名残惜しい景色を

目に焼き付けて

バス停までバイクで

送ってもらいます。

そして、バスへ。

マンダレー行きのバスです。

DSC 6975

まぁまあの年季。

IMG 20171007 092756

ミャンマー語なので

読みにくいですが

出発時間は

入り口の黒板

記載されていました。

DSC 6977

そして、バスは

40分遅れで出発!

IMG 20171007 094148

徐々に、ハカの町を離れます。

非常に寂しい気持ちに。

IMG 20171007 095302

そこからは

ひたすら山道。

と、思ったら一旦停止。

IMG 20171007 100241

お祈りがスタート。

チン語と思われる言語で

旅の安全を祈っているのでしょうか。

IMG 20171007 100304

1人が立ち上がって

何かを唱えています。

そして最後にみんなで

「アーメン」

そして、バスは出発。

壮大な光景が広がる

めちゃくちゃ素敵な道。

が、道中は結構ハードw

IMG 20171007 095557

こんな道だったり

崖崩れの跡?だったり

IMG 20171007 103552

そして、日本政府のODAの看板。

IMG 20171007 114011 01

何もすることがないので

本を読むことに。

なんとか、読めましたw

ドラッカーの「経営者の条件」

めちゃくちゃ面白い、これ。

読書に熱中していると

行きにも停車した場所で

今回も休憩!

DSC 6981

毎回、ここは停まるっぽい。

行きは、大型バスから乗り換えた場所。

ハカからここまで4時間弱?

なんとなく、そんな感じ。

まぁまぁ遠いです。

経過ポイントの通過時間は?

9時42分に出発して

16時20分には、ガンゴー近く。

Screenshot 20171007 162039

18時30分には、この辺り。

Screenshot 20171007 183003

随分と時間が掛かります。笑

そして、Kyaw という町で

LAI というレストランへ。

IMG 20171007 185648

なかなかなローカル感。

IMG 20171007 185653

朝から何も食べてなかったので

初のお食事。

IMG 20171007 184736

一瞬で完食。

値段は忘れましたが

たぶん 3,000ks以下。

超、いい店員さんでした。

「Hakha mannだ立ち寄らないけど

 他のバスなら立ち寄るから、また来てね」

って言われました。

また、行きたい!

けど、行けるだろうか、、、苦笑

そしてバスは走り続けます。

21時44分。

モンユワ近くへ。

Screenshot 20171007 214407

これで、出発から12時間。。。

1時58分。

マンダレーすぐ近くへ。

ガソリンスタンドへの立ち寄り。

Screenshot 20171008 015836

と、思ったら

なんか、バスの洗浄が始まりました。

IMG 20171008 020356

そして、ここで超長い休憩。

3時間以上、休憩。

そして

5時12分、バスは出発。

IMG 20171008 051141

そして

朝6時過ぎ。

ようやくマンダレーへ!

Screenshot 20171008 060148

バスステーション・ゾーンからは

ちょっと離れた場所に到着。

そして

悪意に満ちた、この水たまり停車。苦笑

IMG 20171008 060701

いやー、長い道のりでした。

ブレてますが

20時間18分の長旅。

(出発時間遅れは除く)

IMG 20171008 061246

実際には、

あと3時間半くらいは短縮可能でしょうが

バスに乗ってたのは

確かに20時間以上でした。。。

それで

「12時発のバスも

 ほぼ同じ時間に到着する」

と、言われたっぽいです。

つまり

朝9時のバスは

途中で時間調整 3時間を含めて

所要時間が20時間掛かります。

12時のバスは調整時間が不要

おそらく17時間です。

そんな具合のようです。

よって

マンダレー〜ハカ間の移動には
17時間掛かる!

ようです。

やっぱり、近くない。。苦笑

ハカまでの移動、まとめ

せっかくなのでまとめておきます。

バスは

定期就航してるのが主に2社。

もう数社ありますが

多く見た、目立ったのはこの2社。

Aye Chan と Hakha mann

Aye Chan

マンダレー & カレー と ハカの往復

Hakha mann

ヤンゴン & カレー と ハカの往復

それぞれ往復便がある感じ。

直行便があるのは

Hakha mannのみ。

所要時間は

ヤンゴン〜ハカ 27時間

マンダレー〜ハカ 17時間

カレー(カレーミョ)〜ハカ 8〜9時間

料金は

ヤンゴン〜ハカ 35,000チャット

マンダレー〜ハカ 15,000チャット

カレー〜ハカ 不明。

こんな感じのようです。

よって、ハカに行くなら

選択肢は

バスでヤンゴンから直行便。

マンダレーから直行便。

カレー(カレーミョ)から直行便。

てな感じです。

ヤンゴン〜マンダレー

ヤンゴン〜カレー(カレーミョ)

それぞれ

VIPバス でも 飛行機でも

行くことができますので

待ち時間調整も許容可能で

料金的に高くなってでも

身体的負担を軽くしたい場合

そちらを利用ください。

たぶん、1番楽なのは

カレー(カレーミョ)経由でしょう。

とはいえ、ハードですよ。笑

それでも

訪れる価値のある町です、ハカ。

ぜひ一度!

何か質問あれば、いつでもどうぞ。

そして、私は

ハカからマンダレーまでの

20時間の旅の流れから

そのまま、次の町へ移動です。

それは次回に。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。

出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。

具体的には
・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報
・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス
・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報
・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報
・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報

などなど 提供できる情報は幅広くあります。
(企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等)

日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。
※ブログで紹介させていただく事も可能です。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です