ヤンゴン・チェンマイ両空港でギリ間に合った出発◯分前。


今回は、行きも帰りも

飛行機に乗り遅れかけた。

 

結果としては

両方セーフだったが

一応、情報をシェアしておこう。

 

念のため、伝えておくが

絶対 早めに移動した方がいいので

その点はお間違えなく。

行き(ヤンゴン空港にて)

11時からヤンゴン市内でアポ。

ヤンゴンの出発時刻 13:10の飛行機を手配。

 

なぜか勘違いしてて

13:35出発だと思い込んでいた。

 

それはさておき。

チェンマイ行きの荷物まとめに

少し手こずったこともあり

少し遅刻してアポ先に到着。

 

顔出しだけ、と思って現地へ。

ちょっとばかり雑談してから

注文しましょうか。

 

という展開になり

 

相手「何時まで大丈夫?」

KGY「11時45分頃ですかねー。」

 

その時の心境としては

13:35発だから1時間前につけば余裕。

50分あれば到着するだろう。

 

なんて思って、飲み物を注文。

で、ふと SMS をチェック。

 

航空会社から案内が来てた事を思い出す。

SMSを見て 青ざめる。

 

「13:10 発」

マジか。 そもそも 今 11:30。

今 出て 40分で着いて 1時間前。

 

これ、ヤバイ。

そそくさと旅立つ事に。

 

11:32

歩いて移動しながらタクシーを呼ぶ。

 

11:38

タクシーに乗り込む。

あとは、もう祈るしかない。

 

タクシーの中では

今回搭乗する

バンコク航空のルール確認。

「チェックイン 50分前にクローズ」

そんな記載を見つけた気がする。

 

国際線なので

さすがに 30分前は無理。

通常 1時間前のイメージ。

 

Airasiaなら 45分前とかもあった気が。。

祈りながらタクシーは進む。

 

11:52 ミャンマープラザ 前 通過

 

12:10 ONYX 前 通過

12:16 空港到着

(出発 54分前。)

 

1時間前クローズならアウト。

50分前クローズならギリセーフ。

 

カウンターへダッシュ。

が、カウンター空いてない。

 

てか、そもそも

搭乗予定の飛行機の情報が

電光掲示板に記載されてない。

 

別のカウンターへ。

バンコク航空っぽいの発見。

 

駆け込む。

 

どうやら

50分前まで行けるらしい。

IMG 20190630 121844

無事に発券された。

 

当然ながら、

最後の客だったっぽいが

それでも無事に

チケット発行して貰えた。

 

マジでセーフ。救われた。

今までで1番焦ったかも。

 

帰り(チェンマイにて)

飛行機 11:40発。

 

事前に Grabで検索していると

市内から空港まで 12分とか。

15分あれば到着しそう。

 

つまり 出発 1時間前の

10:40 到着を目指すなら

10:20 に出れば余裕。

 

10:30 に移動開始して

20分で到着できれば

それでもギリセーフ。

 

なんてことを頭で

ふわっと考えつつ移動。

 

Grab 120バーツ。

バス 20バーツ。

これが頭をよぎる。

100バーツ かぁ。

 

10:24

とりあえず

バス停に向かってみる。

 

時刻表を見ると

ちょうどバスが来そう。

 

ちなみに、この時

腕時計は 9:54。

 

ミャンマー時間のまま。

つまり 30分遅れ。

(タイ時間は 10:24)

 

少し待っていたら

バスが少し遅れて到着。

 

空港まで直線で 10分ならば

ちょっと寄り道しても

15分とか 20分だろう。

そう踏んでいた。

 

が、いざバスが走り出すと

えらいのんびり走る。

 

てか、そもそも

めっちゃ迂回してる。

 

腕時計を見ると

10:18 くらい。

まぁまぁ迫っているが

まだ余裕だ、大丈夫だ。

 

安心して スマホゲームを起動。

バスに揺られて走る。

 

そして、ふと思い出す。

 

あれ、ちょっと待てよ

、と。

 

腕時計ちゃうやん。

 

時差をきっちり直してある

スマホを取り出す。

 

10:48

ん?! 一瞬固まる。。。

 

チェックイン カウンターは

出発時刻 50分前にクローズ。

 

11:40 発ってことは、、、

10:50 クローズ(予定)

 

おっと、待てよ。

 

あと、どれくらい、、?

 

Google MAPを開く。

だいぶ近くまで来ている。

 

だが、、、

さすがに 2分で着く距離ではない。

 

50分前にクローズ。

これは、

さすがに詰んだ感。

 

ヤンゴンの空港なら

緩く行けそうだけど

ここはチェンマイである。

なんてったって タイ王国だ。

 

さすがに諦めモード。

 

移動しながら

次の飛行機を探す。

 

片道 123ドル。

15,000円ほど捨てた

と思うしかないかな、最悪。

 

ちゃんと今日中には帰れるし。

 

諦めつつも、粘りたい想い。

てか乗り過ごしたくない。

 

10:57 空港到着。

飛行機出発まで 43分。

 

「さすがに詰んだわ。」

 

と、思いながら

一縷の望みをかけて

カウンターへ。

 

ドキドキ。。。

 

もし行ければ

1万5千円が無駄にならない。

 

お姉さんが

トランシーバーでやりとり。

たぶん

「今来た人いるけど、いける?」

的なやりとりをしてるっぽい。

 

門前払いではなかった。

 

祈るように待つ。

「預け入れ荷物はある?」

「ない!」

 

「ビザは?帰りの航空券は?」

「ビジネスビザ書類あります!」

ビザ書類を出す。

 

チェックしてもらって

問題なさそう。

 

そして、、、

IMG 20190702 111742

チケット貰えた!

 

小走りで搭乗ゲートへ。

 

搭乗ゲートに着いたが

お客さんっぽい人 は

誰もいなかった。

 

どうやら 私が

最後の1人だったらしい。

 

にしても、強運だった。

 

飛行機出発 43分前

チェックインして間に合うとは。

 

マジで、マジで、マジで

バンコク航空 さまさま。

 

おかげで無駄な出費なく

無事にヤンゴンに

戻って来ることができました。

 

ギリギリまで諦めちゃダメだぜ

という話と共に

迷惑かけないようにしようぜ

って話。

 

ギリギリで移動してると

移動中は 気が気でないため

結果として、何もできない。

 

余裕があれば

もっとできることがあるはずだ。

 

てなわけで、

早めに移動したほうが

絶対いいよね、って

毎回の反省を活かすことなく

今回もまた反省。

 

にしても

これで、まだ

乗り遅れゼロ。

 

ミャンマー在住者

乗り遅れとかし過ぎ。

スクリーンショット 2019 07 03 9 41 56

まるで自分が少数派。

 

でもなんとか守れた。

 

ちなみに

今回の旅のお供はこちら。

めちゃくちゃ面白い。

—————————————- Sponsored Link 「Skypeコンサル」 でヤンゴンの最新情報を収集できます。 出張の手間なく、机の前にいながら、ヤンゴンの最新事情を知ることができます。 具体的には ・ミャンマー進出やリサーチに際して押さえておくべき情報 ・ミャンマーでの新規事業、実現可能性に関するアドバイス ・各企業の成功事例や失敗事例に関する情報 ・ミャンマーで働くことを考える上で、押さえておくべき情報 ・大企業、海外採用、フリーランスを歩んで感じるキャリア情報 などなど 提供できる情報は幅広くあります。 (企業紹介、アポ取得、リサーチ、マーケティング支援 等) 日程は、連絡をいただいた後、調整させてください。 ※ブログで紹介させていただく事も可能です。 http://melt-myself.com/skypeconsulting/ —————————————- ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です