海外渡航の実績2〜career73〜


ミャンマーではじめて知った事をシェア。

この瓶、見た事ある方は多いと思います。

読み方はご存知でしょうか??
IMG 5200

私は、これを見るまでずっと

「しちみとうがらし」だと思っていました。

英語表記はこうなっています。
IMG 5199

「ななみとうがらし」が正当?!本当でしょうか。。。

誰1人「ななみとうがらし」と言ってるのを聞いた事がない、、、

さて今週末はシンガポール。シンガポールのミャンマーを知る、がテーマです!

Sponsored Link

さて、前回は海外渡航についての第1弾。

大学4回の卒業旅行で、2度の海外渡航。

3週間のイギリス、フランス、イタリア旅行。

4日くらいのグアム旅行。

この2つについて触れました。

遅咲きの海外デビュー

初海外は、大学4回生だったので、遅咲きです。笑

元々、海外に行きたい!という想いが強かったわけではなく

海外で働きたい、なんて思ってもいませんでした。(当時は)

就活がはじまって大学3回生の2月頃、

無性に「留学したい」という想いに駆られましたが、

かといって行く事はなく。

大学4回生の卒業旅行が初海外でした。

それ以降、社会人になってもなかなか機会はなく。。

ようやく次に海外に行ったのは、社会人6年目の夏

東京にいたため、行きやすかったのはあります。

社会人になってからの海外渡航

インドネシア(ジャカルタ、バリ)

16.Jul.2011~22.Jul.2011

大学時代の軟式テニス部の同期が

インドネシアのジャカルタに駐在することになった。

「いるうちに遊びに行こう」と企画して渡った。

東日本大震災の直後の土日に一緒にご飯を食べ

「来年 インドネシア行く」って報告を聞いて、

「じゃ、遊び行くわ」って決まった。笑

この即決の背景にあるのは、大学時代の苦い思い出。

親友が、南アフリカに留学していた。

遊びに行こう、行こう、と思いながら結局、行けなかった。

この後悔があったので、「行く」ことを即決した。

時期を調整し「海の日の3連休」に休みを足して飛んだ。

ジャカルタ3日+バリ3日とかだったような。。

ジャカルタでは、友人夫婦と共に、食事・観光

動物園的なところに行ったのを覚えている。

あとは、ショッピングモールとか。

バリ観光

バリへは、ローカルの飛行機で飛んだ。LionAirだったかと。

空港にいるお客さんの9割がローカルで、地味に焦った。笑

外国人、ここにいて大丈夫か?!と。。。

バリでは、友人が車とガイドさんを手配してくれ、

観光地を手際よく案内してくれたため、快適だった。

また、いいホテルに泊まったのだが、グレードアップがあり

さらに広くて、いい部屋に泊まれたので、快適だった。

そう思えば、バリにはいいイメージしか残ってない。

DSC_0540

これが社会人6年目。

その次の海外渡航は、またまた時期が空く。

次は、社会人8年目の夏。

ミャンマー(ヤンゴン、バガン)

21.Aug.2013~26.Aug.2013

ここで、いきなりミャンマーである。笑

ヨーロッパ3カ国、グアム、インドネシア、からのミャンマー。

これは、就職の下見の意味合いもあった。

シンガポール経由でヤンゴンに入り、

ヤンゴンでは1日社長と行動を共にさせてもらい

ビジネス現場をあちこち見せていただいた。

また自分が暮らす場所のイメージをするため

日本人の方が住む家を見せてもらったりもした。

バガン観光

ヤンゴンからバガンへは、夜行バスで移動。

滞在日数が短かったため、夜行バスを選択。

が、結果的には、大正解だったと信じている。

バスは新しくて、かなり快適だった。

バガンには、朝6時前に到着し、早速観光スタート。

午後2時過ぎまで馬車でひとしきり回ってもらった。

正午過ぎにもなると、暑くて観光もしんどかったので

早朝に到着できるバスはありだな、と。

飛行機だと早くても9時過ぎ着なので

午前中の3時間が有効活用できるバスはありあり。

ホテルで自転車を借りて、

夕日と朝日を見に行ったりバガンを存分に満喫した。

DSC_5385

もっとのんびりいたかった、という想いもあるが。。

帰りは、時間節約のため、飛行機にてヤンゴンへ。

ヤンゴン観光

ヤンゴンに戻って、夜のシュエダゴンを見た。

胡散臭いガイドが色々教えてくれた。

そして、きっちりお金をせびられた。笑

ヤンゴン最終日は、雨の中を観光。

前日にタクシー貸し切りの交渉をしたので

これは、結果的に大正解であった。

朝10時から15時まで1.8万チャット

今となっては相場がどうなのかわからないが

荷物を持たずして動けたし、最後には

空港まで送り届けてもらえて、楽だった。

仏陀の歯の祭られた場所や、でかい寝仏

ホワイトエレファントを見にいったりした。

帰りもシンガポールを経由して帰国。

この旅から戻った翌日に、

上司に再度、正式に退職の報告をした。

実際に行ってみて、暮らせる、と思ったからだ。

結果としては、視察の意味合いに近いものであった。

ミャンマーに行くまでの履歴

ミャンマーは、海外の訪問地としては6カ国目

イギリス、フランス、イタリア、グアム、インドネシア

に次いで6カ国目であった。

旅行の回数としては、4回目。

ヨーロッパ、グアム、インドネシアの次だから4つ目。

あまり多くないです。

「海外志向が高かったわけではない」のがよくわかります。笑

ただし、ここから一気に加速します。笑

ミャンマー渡航前に2カ国。渡航してから4カ国ほど。

この部分は、次回につなげます。

前回までの分はこちら。実に長い。。。苦笑

キャリアについて、書いていきます〜career01〜

選択がある事を知らなかった〜career02〜

知らない世界には興味すら持てない〜career03〜

高校選びがキャリア選択の1歩目〜career04〜

高2での文理選択〜career05〜

「年収1,000万稼げる男になろう」〜career06〜

「お前、浪人はせんのか?」〜career07〜

高校までキャリアをどう考えたか?プチまとめ〜career08〜

「明日、スキーやから」で、住居即決〜career09〜

付き合う人が決まった1週間〜career10〜

紆余曲折あって軟式テニス部へ〜career11〜

あっち側の世界にいきたい〜career12〜

反面教師(?)の先輩がいたおかげ〜career13〜

リクルーターは使った方がいいぞ〜career14〜

食わず嫌いをしない〜carrer15〜

集団面接で、1人だけ反応できず。〜career16〜

10年後は天才プログラマー?!〜career17〜

就活中、バイトはストップ。部活は週1。〜carrer18〜

大学時代、1番力を入れたのは何なん?〜career19〜

大学入学〜就活前半 プチまとめ〜career20〜

人間は環境の動物である。〜career21〜

知らない世界を知る楽しみ〜career22〜

「言語化」して「伝える」〜career23〜

未来から見れば選択肢は無限大〜career24〜

なりたい自分を具体化する方法〜career25〜

将来を重ね、キャリアをイメージ〜career26〜

人を通じて会社を知る。キャリアを描く。〜career27〜

私が日本生命に入社を決めた理由〜career28〜

日本生命を選んでよかったこと「人」「経験」〜career29〜

就活中盤以降+自己分析 プチまとめ〜career30〜

日本生命を選ぶまで、選んでから。プチまとめ〜career31〜

運命を変えた「配属先」〜career32〜

せめて読書くらい、したらどうだ?〜career33〜

初の自己投資は10万円のフォトリ〜career34〜

社会人としての基礎づくりの3年〜career35〜

金沢での社外のつながり〜career36〜

2009年3月25日付 東京への異動内示〜career37〜

金沢での3年間。プチまとめ〜career38〜

起きた事は起きた事という区別〜career39〜

社内で最も恵まれた部署〜career40〜

情報を発信する最高に刺激的な仕事〜career41〜

情報発信のPDCAサイクル〜career42〜

研修の効果測定 PDCAサイクル〜career43〜

しんどくても受け入れる勇気〜career44〜

年度末のご褒美として鮒谷塾へ申し込み〜career45〜

平成進化論の発行者鮒谷周史さんって?〜career46〜

鮒谷さんの3日間セミナー直後の熱い感想〜career47〜

渦を巻く、という渦から生まれた出会い〜career48〜

留学でも海外赴任でもない海外勤務を知った日〜career49〜

外れ値の集まりによる化学反応〜career50〜

東京の恵まれた仕事環境。プチまとめ〜career51〜

鮒谷塾という最高の場。プチまとめ〜career52〜

なぜミャンマーなんですか?〜career53〜

2013.1.1から、それは始まった〜career54〜

2013年元旦「海外」について考えた事〜career55〜

アジアの国々からミャンマーに絞った理由〜career56〜

日本を十分に満喫してください〜career57〜

恵まれた環境を捨てた理由1〜career58〜

恵まれた環境を捨てた理由2〜career59〜

「退路を断つ」ための方法〜career60〜

一度、退職申出をした人間をどう捉えるか?〜career61〜

戻ってきてから、どうするの?〜career62〜

私がミャンマーを選んだ理由。プチまとめ〜career63〜

恵まれた環境を捨てるまでの思考。プチまとめ〜career64〜

退路を断ち不調和な道へ。プチまとめ〜career65〜

キャリア×地元「飛騨」〜career66〜

ミャンマー行きを決意した後の話〜career67〜

キャリア×ミャンマー〜career68〜

分岐点の先の「ミャンマー」〜career69〜

これまでの実績(スポーツ、セミナー等)〜career70〜

国内訪問(39/47)の実績〜career71〜

海外渡航の実績1〜career72〜

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です