旅に出る前に、私が調べている7つのこと。


本日は人生初のカンボジア訪問中。

朝8時にバンコク発で、9時過ぎにはシェムリアップ到着。

本当、バンコクって最高のハブ!

また、昨日泊まったホテルは、空港から10分の距離。

空港送迎つき 20USDちょい。

便利さも考えると、バンコク最高です。

Sponsored Link

さて、今 ビジネス面でも色々と動きがあります。

やりたいこともたくさんありますし、

要望を受けて、これから対応すべき事もあります。

そして、昨日 書きました(こちら)が、組織固めもこれから。

ひとつずつ、手を打ちながら、前に進めていきます。

ふー、それにしても、面白い!

やることは増えますが、楽しみがいっぱいです!

ミャンマーのためになることをやっていきます。

旅に出る時に準備すること、調べること

DSC 7930

これを一度、整理しておきたいな、と。

ヤンゴンに来てから、旅に出ることが

圧倒的に増えました。

ミャンマー国内の出張もあり、

アジアの他国への旅行もあります。

そうした時に、やることはだいたい同じ。

1、ビザの要否

ビザが必要な国、不要な国があります。

今回のカンボジアは、ビザが必要。

しかし、空港で簡単に取れるようなので、

写真だけ、ヤンゴンで用意してきました。

写真のサイズは4×6だが、適当でもオッケーとの事で

3.5×4.5 にて準備しました。

撮影は、パスポート写真を撮る際にオススメされて

圧倒的なクオリティーだったお店「CHAW SU」

IMG 5304

今のパスポートは、至上最高の証明写真です。

安定の質を求めて、またもや同じお店へ。

8枚で 3,500Ksとヤンゴン的には割高らしいですが、腕は確か。

店員さんが、めっちゃ可愛かったので、また行かないと。笑

話が反れました。ビザの話でしたね。

基本的には、日本国パスポートは相当 強いので

ビザ不要の国は圧倒的に多く助かります。

だいたい、ミャンマーの人と出張する時には、

「ビザ取りました?私はいりませんけど。笑」って

会話を繰り広げています。笑

先日は、ミャンマー人スタッフのビザ発行が遅れて

結局、行けないなんて事態も発生しました。。

しかし、カンボジアは、ミャンマー人はビザ不要。

初めて負けました。。。苦笑

2、宿泊先の手配

・友人の家に泊めてもらうのか

・ホテルを手配するのか

ホテルを予約する時はだいたい agoda 使ってます。

ざっくり相場を探り、安そうであれば、いいホテルを選びます。

本来であれば、ホテルと合わせてコンセントの形状についても情報が必要ですが

最近、こちらを購入したので、今は気にせずこれだけ持っていきます。

また、最近は「バスタブつき」がキーワードだったりします。笑

宿泊費によって、旅の予算がだいぶ変わります。

30USDなのか、100USDなのか、は大きな違いです。

日本でも東京ベースですと、宿泊先が必要です。

よって「泊めてあげる」というお声は大変助かります!

3、物価・通貨・両替

通貨の単位。両替のルール。

ミャンマーは、多くの場所で新札のみが利用可能。

ボロボロの札が使えません。

で、100USDが1番強くて、少額紙幣での両替とは

両替レートが違います。

こんな面倒なのは、ミャンマーだけのようです。笑

が、一応 毎回 両替についてはチェックします。

カンボジアは両替不要のようです。USDが使えます。

両替レートのいい場所なんかもたまにチェックします。

あとは、全体としていくら位持っていけばいいか、という

相場を探っておきます。

カードが使える国では、あまり気にしなくてもいい領域です。

4、交通手段

タクシー、バス、トゥクトゥク、電車、バイタク

手段は様々ありますが、その国らしさも含めて

治安面とか物価とか色んなものを含めて、検討します。

とりわけ、調べておくのは

・タクシーの1日チャーターの値段

・空港から市街地までのタクシー代

これらは、必須項目です。

5、気温や天気、そして 服装について

これによって、装備が変わります。

カンボジアは雨季なので傘を持参。

正解でした。一瞬 雨にぶちあたりました。

また気温が高いなら、半袖を用意。

アジアの国だと、ノースリーブでは寺院に入れない、とか

スニーカーがベター、サンダルがベター等 事情が違います。

ちなみに、カンボジア アンコールワットは

なかなかハードで、スニーカーがあって正解でした。

ミャンマーでは、寺院では裸足になる事が多いので

サンダルがないと、かなり面倒臭いです。

そんな情報も事前に調べられる範囲で調べます。

(ミャンマーについては、今度まとめよ。)

6、SIMカード

これは、最近では必須の情報です。

アジアの国ではSIMカードが相当安いです。

SIMフリーiPhone5sを使っているので

SIMカードを差し替えるだけでサクッと使えます。

空港の係員は設定も簡単に対応してくれます。

よく繋がるっぽい会社についての下調べをし、

SIMカードの値段と、プランについては

滞在期間を見ながら検討しておきます。

あと iPhoneが使えない国 対策としては

ネット使えるようにするためAPN 設定についても

事前に調べておきます。大概、簡単です。

結構、色んな人が丁寧に書いてくれているので感謝です。

カンボジアでもSIMカードを買ったので、

アンコールワットなう。が、出来ました。笑

スクリーンショット 2014 10 04 19 25 03

これまでに、

シンガポール、タイ、香港、マカオ、カンボジア

SIMカードを買いましたが、本当 安いもんです。

有効期限が長いSIMだと次の訪問時にも使えたり便利です。

日本のSIMは、異常に高いです。

7、空港ラウンジ

これは、場所と時間によって調べたり調べなかったり。

プライオリティパスがあるので、調べる事も多いです。

最近、国際線とかにも慣れてきたために

時間ギリギリに空港につくことが多く、

結果としてあまり使ってませんが、

空港にラウンジがあると、のんびりできるので

非常に助かります。

ざっくりですが、こんな事を事前に調べます。

1、ビザの要否

2、宿泊先

3、通貨・両替

4、交通手段

5、気温・天気・服装

6、SIMカード

7、空港ラウンジ

これだけ準備しておけば、

あとは国に入ってからなんとでもなります。

入国カードに記入する際のホテル名

携帯でagodaのメールを確認すれば、それで対応できます。

街中で困ってもSIMカードがあれば、大体 通信環境はいいので

余裕で調べられます。(ミャンマーは除く。)

ぜひ、参考にしてみて下さいませ。

というか、私の 備忘録でしたー。笑

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメント

  1. 鈴木アカリ より:

    ミンガラーバー

    CHAW SUは良いですよね。高いけど。。。
    私の結婚写真はCHAW SUで撮りました。

    私の写真が店の前に大きく飾られていませんでしたか?(って、わからないか・・・)
    季節ごとにかえられるので今はないかもしれませんが、ちょっと前まで飾られていたそうです。
    なかなかヤンゴンに行かないので、自分で見られなくて残念です。

    • melt-myself より:

      鈴木さま
      ミンガラーバー! CHAW SUで結婚写真を撮影されたんですか?!

      わからなかったです。。。次回、行った時は見てみます!
      ちなみにスーレーパゴダ近くのお店です。
      近いうちに再度訪問の予定があります。

      無理矢理、CHAW SUに行く理由をつくりたくなるくらい、
      CHAW SUはお気に入りです。キレイな写真を撮ってもらえると
      とても嬉しいですよね。
      もし写真があれば、撮影してお送りします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です