ミッション「デリー空港に侵入せよ」をコンプリート+バラナシ最終日!


バラナシで最後の1日を過ごしてデリーへ。

デリーの空港は出発3時間前からしか入れない。

そんなイヤな噂を耳にしつつ、

乗り継ぎ7時間をいかに過ごすか?

ミッション「デリー空港に侵入せよ。」に成功した話。

Sponsored Link

バラナシ・ヒンドゥー大学を見学。

バラナシ3日目の朝

またもや日の出を見逃す。笑

DSC 7867

せっかくガンジス川が見える宿にしたのに

1度も日の出を見る事なく終わった。。。苦笑

朝、起きてお出掛けの準備。

12時チェックアウトなので

10時頃に宿を1度離れて外を歩く。

バラナシ・ヒンドゥー大学という

超大きな大学を見ようと歩く。

その道中

なんかおっちゃんらに絡まれる。

この木が樹齢300年かだとかですごいらしい。

DSC02814

にしても、超いい感じの兄ちゃん達だった。

DSC02816

道中では、ザクロジュースを飲む。

DSC02821

60ルピーと割高。

超原始的なマシンで絞る。

DSC02823

オレンジは25ルピーらしい。

んーザクロたっぷりでした。

一服を終えて歩くと

ようやく門に到着。

DSC02825

地図を見ると確かにめちゃくちゃでかい。

DSC02826

どんだけ学部あるねん

ってくらいある。

一部 拡大とサイズの感じをご覧ください。

DSC02836

少しだけ中に入ってきました。

大学の中、普通に道路がある。

DSC02827

女性用の大学っぽい。

DSC02828

なんだかそれっぽいのを発見。

よってロボオも記念撮影。

IMG 20160902 104446

タイムアップにつき、折り返し。

帰りはオートリキシャ、50ルピーで交渉成立。

超いい運転手さんで

問題なく揉める事なく到着。

毎回 なんだかんだで揉めてるだけに

揉めないって素晴らしい!笑

またもや迷いつつホテルに到着。

チェックアウト前にシャワーを浴びて

チェックアウト。

飛行機は午後20時過ぎ。

ガンガ・ラブで昼食&近場カフェ

12時過ぎ、屋上レストランに上がる。

ここの食事が絶品過ぎるので食事。

ゲストハウス ガンガ・ラブ

今回は初日と同じカレーを注文。

オーナーが歌を歌いながら料理。

ひたすら歌ってはアピールしてくる。

このオーナー、いい声である。笑

「いいパパイヤが入った」と言われて

パパイヤラッシーをあわせて注文。

1時間ほど待ってご飯登場。

その間はひたすらボーッとしていた。

いやー何度食べてもうまい。

この味が忘れられない。

2時間ほどのんびり。

ガンガ・ラブ 食べ物が最高である。

そしてオーナーがお茶目で素敵。

DSC 7929

夕方17時過ぎに来るようにタクシーを依頼。

片道 800ルピー。

割高だが、リキシャの暑さはきついし

1時間以上掛かると思えばやむなし。

タクシー手配を依頼して宿を離れる。

外はかなり暑い。

そこで近くのカフェへと出掛けて

ひたすらブログを更新。

DSC 7932

ネット環境のある場所が少ないので

かなり助かる。

ラッシーを飲みながらひたすらブログ。

日本人経営のお店らしくて

ゲストハウスも近くにある。

と、紹介された。

バラナシ空港からニューデリーへ

17時過ぎにホテルに到着。

DSC 7938

オーナーに挨拶すると

「あ、タクシー忘れてた。」

という感じで動き出すw

まぁ17時発は余裕を持った

スケジュールだったので

しばし待つ。

「15分で来るから待ってくれ。」

と言われてのんびり待つ。

結局、30分くらいして

ドライバーが登場。

ホテル前まで迎えに来てくれた。

そして荷物を積み込み空港へ。

「エアコンつけて欲しい」

とお願いすると

「料金に含まれてない」

とくる。

「いや、ホテルで予約した時に
エアコン付とお願いした。」

と話すと

「オッケー!」

と、あっさりエアコンつけてくれた。

どういうことやねん。

でもおかげでエアコンの快適さと

共に空港に向かう事ができた。

このゴミゴミしたバラナシとは

これでお別れである。

なんとも寂しいような感じ。

途中は渋滞が酷くて

かれこれ1時間半近く掛かって

ようやく19時過ぎに空港に到着。

DSC 7941

道中、夕陽がすごくキレイだった。

空港に着いて荷物チェックで

なぜだかすごく待たされたが

無事に搭乗口まで辿り着けた。

DSC 7944

結果的に、30分ほど遅れて

飛行機が出発した。

DSC 7950

ひょっとしたらデリーの空港で

知り合いに会えるかもしれない!

と、テンションが上がっていたが

結果的には向こうは20分以上早く着き

こちらは30分ほど遅れたので

会う事はできず。残念。

デリー空港に侵入せよ。

「デリーの空港は、

3時間前以降しか空港内に入れない」

との前情報があり、

どうしようかと思ったが

とりあえず到着したターミナル1から

ターミナル3への無料シャトルバスに乗車。

チケットを提示して無料で乗れる。

DSC 7957

30分弱でターミナル3へ到着。

DSC 7959

空港1階で係員に声を掛けられて焦る。

3時間前じゃないと空港内には入れないぜ。
近くにゲストハウスあるから
多くの人はそこ泊まってるよ。
3000円くらいだよ。

そう教えられる。

心が揺らいだが

私にはプライオリティパスがある。

※プライオリティパスへの近道は
楽天プレミアムカード。絶対コレ、超オススメ。

なんとかラウンジに入れるかもしれない。

そう考えて

「一応 トライしてみるわ。」

と、空港に近付いてみる。

時計が ULYSSE NARDIN とか素敵過ぎ!

DSC 7960

国際線ターミナルのゲスト・ラウンジAへと

向かってみる。

DSC 7964

空港の端っこから、少しだけ中に入れる。

チケット情報を見せたら入れてもらえた。

しかし、そこの椅子はほぼ満席。

DSC 7965

ラウンジを探すと、地下にあるらしい。

入って左にグルッと回って

エレベーターで地下へとくだる。

地下は人が圧倒的に少ない。

DSC 7968

そして、最悪 ここで眠れるな、と思う。

ラウンジを見つけたので

プライオリティ・パスを示すと

「奥まで行け」と別のラウンジを示される。

そしてひたすら歩いていくと

ラウンジ発見。

DSC 7971

時間は24時前。飛行機まで6時間超。

プライオリティ・パスを出すと

「椅子しかないし、飲み物ないけどいいか?
トイレも外を使ってもらう事になる。」

と言われる。

やむなし。眠れればいいので、入る。

中には1人だけ、静かでいい感じ。

奥に入ってみると、工事中か何かで
確かにトイレとか使えなさそうだ。

まぁ椅子で眠るだけなので問題なし。

IMG 20160903 051935 HHT

wifiパスワードをもらって
ちょっとだけネットしつつ睡眠。

翌朝は7時半の便でマナリ行き。

よって6時間ほど眠れる。

椅子なので眠りにくかったし

途中で来たインド人がうるさくて

起こされたりもしたが基本は寝れた。

灯りが少し暗めで端っこで眠れた。

こうして無事に睡眠も確保できて

なんともラッキーなことか!

3時間前までしか入れない説は

なんとか突破できましたから。

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です