ヤンゴンのボルダリングスポットPart1「TCCM」@Yankin


ヤンゴンでもボルダリングができるんです!

IMG_0457.JPG

ヤンゴンのボルダリング協会

「Technical Climbing Club of Myanmar」

https://www.facebook.com/climbmyanmar?fref=ts

こちらの主催するイベント(?)に参戦して参りました。

Sponsored Link

どんなイベントなのか?

毎月、最終 日曜日にイベントをやっています。

これまで何度か行こう、と試みたものの

「タイミングが合わず、参加できず」

でしたが、ようやく昨日、参加してきました。

TCCM

場所はどこに?

住所は、こう書かれていました。

No.81, Aung Zay Ya Road, 15 Ward, Yankin Township, Yangon.

Aung Zay Ya Road を何台かのタクシーに伝えるも

「わからん」と。

で、地図には、これが貼られていましたので

これを示して伝えました。

この場所は Pyi Thar Yar Street。

で、ヤンキンの近くにあることはわかりました。

とりあえず向かってみました。近くをタクシーでグルグル。

IMG 0452

で、わからなかったので、電話してもらいました。

それほど、遠くはなく、近くにいることはわかりました。

運転手に任せて向かってみると、全然違う場所。笑

地図がデタラメでした。

正確な場所は、

Google Mapならこちらのコードを。 16.833681, 96.173712

No.81, Aungzeya Road, 15 Ward, Yankin Township, Yangon.

実際の場所はこの辺りでした。地図よりちょい北。

スクリーンショット 2015 08 31 8 04 55

もうちょい拡大するとこんな感じ。

スクリーンショット 2015 08 31 8 05 14

もっと近付けばこんな感じ。

スクリーンショット 2015 08 31 8 06 01

Aungzeya Roadの踏み切りすぐ近く

near ThanLann/Railroad といえばわかるっぽい。

そこまで行けば歩いていける距離。

ちょっとしたレストラン街にありました。

で、店舗はめちゃくちゃわかりにくいっす。笑

入り口はこちら。

わかるわけなし。笑

どこにもボルダリングの気配なし。笑

看板も掲げられておりません。

電話したからたどり着けた、のです。

皆さん、必ず 電話しましょう。英語対応可能です。

Contact Number & Persons : (Ko WinKo ) : 0973226070

IMG 0458

で、普通の商店に入っていく感じ。

で、入っていくと、、、

奥が、天井が高くなり、ちょっとひらけてて、、、

ありました!!

手作り感満載ながら「壁」

IMG 0453

でも、ちゃんとボルダリングです!

IMG 0457

こちらが看板!

中にしかないし、綺麗じゃないし。。。

とツッコミどころは満載。

外からは、絶対見えない場所にあります。

IMG 0455

ここで、1時間くらい遊ばしてもらいました。

で、で、で、

その後は、ひたすらお喋り。笑

途中には、スラックスラインも登場!

フランス人が数ヶ月前に来て

置いていってくれたそうだ。

で、久々に開封してトライ。

IMG 0454

熱心に、どうやって外すかを研究したり

どうレバーを使うのかを試したりしてました。

なんだか、すごいこだわり用にびっくり。笑

IMG 0456

しかし、遊ぶには、さすがに

家の柱が耐えられなさそう

実際に遊ぶ事はなし。笑

なんだかんだで、

トータル4時間くらい滞在して帰宅。

お菓子とかジュースとかくれました。

英語とミャンマー語が交じっての会話。

英語しかほとんどわかりません。

なかなかミャンマー語はわからず。

やっぱり単語力です。

ちゃんと勉強したい!

と、強く、強く感じた瞬間でした。

参加してみて

それにしてもなんだかアツい空間でした。

11月に山に登りに行く計画を立ててたらしく

あれこれと交通手段やら時間やら、について

何時に出発するんだ、とか、何時に着くんだ、とか

どこで休憩するんだ、とか、あれこれ

まとまる感じのないトークをしてました。笑

冬に近い時期に山に登るそうだが、

3人入れるテントが1つしかない。

メンバーは6人いる。

追加で買うには高過ぎる。

今のは、人に寄付してもらった。

さぁどうしよう?

という謎解きのような、無茶ブリも。笑

それでも、なんとなくまとまったようでした。

1人の奥さんが日本語学科卒業だそうで

日本語が少し話せたり

大学の先生がいて英語が堪能だったり

なかなかいい雰囲気の方々でした。

またぜひ行きたい場所。

「電話してくれれば、いつでも来ていいよ。」

とも。

こういうのって

時間が空くと2回目は行きづらくなる。

だからこそ、早めにもう1度行こう。

よくありますよね、

合間が空いて気まずくなってしまう感じ。

すぐ対応しとけばよかったのに、ってやつ。

なんだかいい感じのメンバー達と会えました。

だからこそ、縁をつなごう。

自分が何かやりたい時に助けてくれそうな

そんな優しそうなメンバーでもありました。

ヤンゴンでボルダリングは

こちら

「Technical Climbing Club of Myanmar」

https://www.facebook.com/climbmyanmar?fref=ts

で、できます!

そういえば、無料でした。

寄付もせず、帰ってきてしまいました。。

それもあってまた次回、近いうちに行こう。

マリーナの中にもあるって噂なので

再来週くらい、時間が取れれば行こうかと。

ボルダリング、やっぱり面白い!

でも、超・ハード。。。

ちょっと指の動きに違和感が、、、

—————————————-
Sponsored Link









「Skypeコンサル」 ご希望の方、ご連絡ください。

ヤンゴンのKGYが、Skype(スカイプ)で情報提供いたします。

・ヤンゴン「生」情報
・ミャンマーへの会社の進出に関する日系企業の実態
・ミャンマー「現地採用」事情
「鮒谷塾」についての情報交換
・キャリア相談?!

などなど 提供できる情報はあります。

上記とは異なる情報でも、幅広く ご連絡ください!
平日 早朝・夜、土日にて調整させてください。
※可能であれば、ブログで紹介させてください!

男女問わずお待ちしております。

Skype コンサルティング
ミャンマー・ヤンゴンに2年暮らすKGYより Skypeコンサルを提供 【対象者】 ミャンマー進出検討中の方(リサーチ) ...
—————————————-

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です